活動状況

  • ======================
    ■小説関係(2017/10/7)
    ======================
    ●2017年10月6日『沈黙する女たち』が発売されました。
    ----------------------
    ●2017年9月1日『水葬の迷宮 警視庁特捜7』が発売されました。これは『特捜7 銃弾』の文庫版となります。
    ----------------------
    ●2017年7月6日、十一係9『奈落の偶像』が発売されました。また7月14日、十一係7の文庫版『蝶の力学』が発売されました。
    ----------------------
    ●2017年3月25日、『永久囚人 警視庁文書捜査官』が発売されました。

    ----------------------
    ●2017年1月25日、『警視庁文書捜査官』(文庫版)が発売されました。
    ----------------------
    ●2016年11月13日~WOWOWにてドラマ『水晶の鼓動』(全5話)が放送されました。

  • ======================
    ■イベント関係(2015/6/21)
    ======================
    ●最近イベント参加が減っております。どのへんが「イベント・シンポジウム日記」なのかわからなくなってきました。

    ●麻見のTwitterアカウントは
    こちらです→ @asamikazushi
無料ブログはココログ

備忘

CHK

カテゴリー「日常・雑感」の記事

2017年2月25日 (土)

インフルエンザと鎮痛剤

 麻見和史です。先週日曜ぐらいから発熱と体の痛みがあり、病院で診てもらったところインフルエンザだと判明しました。家人も次々にかかり、病人が病人を看護するという状態に。
 今年は特別流行が強いのか、それとも私の体力が落ちたのでしょうか。とにかく、5日ぐらい寝込む羽目になりました。

          *

 さて、今回のインフルエンザで一番困ったのは体の痛みでした。あっちこっちからずきずき痛みが来るので、人相が悪くなるぐらいに顔を歪めてしまいました。あれは本当につらかった……。

 以下、必要に迫られて鎮痛剤のことを調べましたのでメモしておきます。あくまで個人的なメモです。
 薬の服用についてはリスクもありますので、おのみになる場合はご自身でご確認の上、お願いいたします。また文中に出てくる薬品名・商品名について、宣伝などの特別な意図は一切ありません。

◆病院での処方
 処方されたのはイナビルとカロナール200mg錠でした。イナビルは薬局ですぐ吸入して終了。カロナールは発熱時に2錠服用とのこと。
 発熱時にカロナールを使いましたが、その後、熱はおさまっても体の痛みが長く続いたので、鎮痛剤としてカロナールをのみました。

◆カロナールの代用として
 じきにカロナールがなくなったので、市販の鎮痛剤が使えないか調べてみました。
 私の手元にあるごく普通のバファリンやノーシンは、インフルエンザ脳症などになる可能性があるため、使えないとのこと。

 しかしアセトアミノフェン、イブプロフェンの薬なら大丈夫だそうで、いくつかの商品名が挙げられているのを、こちらのサイト で見つけました。

 それを参考に私が購入したのは、バファリンプレミアムです。
 じつは最初ロキソニンを買おうとしたのですが、薬剤師に相談したところ、インフルエンザでは使わないほうがよいというアドバイスを受けました。その方によれば、カロナールと同じ成分でタイレノール(300mg)という商品が良いとのことでしたので、それも購入しました。

◆効果
 バファリンプレミアムは6時間ぐらい効いて、つらい痛みから解放され、ゆっくり眠ることができました。ただ、服用から1、2時間寝たところでかなりの汗をかき、目が覚めました。
 翌日、少し胃が荒れたような感覚があったため(これはバファリンプレミアムのせいばかりではないと思います)、空腹でものめるという触れ込みのタイレノールを使いました。鎮痛剤は胃を荒らすものが多いのですが、タイレノールは大丈夫なのだそうです。痛み止めとしては少し弱いのかもしれませんが、このころにはもうひどい痛みがなくなっていたこともあり、効果が薄いというような不満はありませんでした。

◆胃薬について
 病院では鎮痛剤とともにムコスタが処方されることが多いようですが、市販薬ならどれが良いのか……。まだ自分で試していないのですが、セルベールが良いのではないかという情報をネットで見つけました。近々ドラッグストアで買ってこようと思います。

[最新の記事はこちら]
[これまでの記事はこちら]

2016年8月13日 (土)

個人賠償責任保険(自転車関連)

 麻見和史です。最近家人が自転車で遠出するようになったので、個人賠償責任保険に加入しました。日本損害保険協会による一般的な説明はこちら

 自転車に乗っていて歩行者に怪我をさせてしまい、数千万円の損害賠償金を請求された──というニュースを以前見てびっくりしました。確率は低いでしょうが、そういうことがないとはいえないので、保険に入ったほうがいいのではないかと思っていました。

 先般ネットを見ていたら、たまたまタイミングよく個人賠償責任保険の宣伝を発見。調べてみたら月々の掛け金が非常に安かったので、早速加入したという次第です。念のため電話をかけて補償の内容を確認してみました。

・自転車事故のほか、他人から損害賠償を求められるいろいろなケースに対応できる。

・自転車で事故を起こした場合、基本は人力の自転車が対象だが、電動アシスト自転車でも適用の対象となる。★これが一番知りたかったことでした。

・個人賠償責任の上限金額は1億円。★1億円あれば充分でしょう。

・私のプランでは、月々の掛け金は缶コーヒー1本分ぐらい。★想像以上に安かった。

・申し込んだ本人のほか、家族にも有効。

・自動車で起こした事故は対象外。

 ネットで加入申し込みをして、翌日から有効となりました。あっ、紙の保険証書って送られてこないんですね。

 まずはこれで一安心です。でも、事故を起こさないよう安全運転を行うのが一番大事ですよね。

[最新の記事はこちら]
[これまでの記事はこちら]

2016年5月22日 (日)

これがフリーズドライとは

 麻見和史です。以前、時間があったときは生ラーメンをよく食べていました。そのうちだんだん忙しくなってきて、カップ麺を食べることが増えてきました。

 最初のうちは税抜き100円のものを食べていたのですが、最近、試しに少し高いカップ麺を買ってみるようになりました。
 200円ぐらいの商品だと明らかにスープが美味しくなりますね。さらに、思い切って300円近いものを買ったら、具がたいそう立派になっていて驚きました。ある商品にはメンマが入っていたのですが、「これがフリーズドライとは」と衝撃を受けるほどの美味しさでした。

 でも、具の充実ということを考えたら、夕食の残りを生ラーメンにのせて食べるのが一番かもしれません(結局そこに戻る)。

[最新の記事はこちら]
[これまでの記事はこちら]

2016年5月13日 (金)

歯科通院

 麻見和史です。去年の7月から続いていた歯科通院が、ようやく終了しそうです。

 去年までなかなか歯科に行けず、久しぶりに受診したら相当虫歯があるということで、全10回ぐらいの治療計画を立ててもらっていました。途中、2週、3週と空いたこともありましたが、今年1月にようやく一段落。
 ただ、一番奥に治療の難しい歯が一本あり、これはもう抜いたほうがいいと言われました。抜歯なんて何十年ぶりなので、
「いや、あの、先生、もう少し様子を見ませんか」
 などと先延ばししていたのですが、ついに年貢の納め時となりました。

 前の日から落ち着かず、当日もため息ばかり……。しかし麻酔をかけてもらったあと、抜歯の作業はあっという間に終わってしまいました。ごりごり、がしがし、という感じになるんじゃないかと恐れていましたが、そんなことは全然ありませんでした。
 その後抗生物質はのみましたが、鎮痛剤を使うほどの痛みもなく、来週消毒に行ってきます。それで治療は終わりになるかと思います。

 以前、イラストレーターの大前壽生 先生が「最近の歯医者さんは思ったほど痛くないですよ」と教えてくださったのですが、本当にそのとおりでした。
 昔の治療は、けっこうつらかったですよね。技術の進歩というのはすごいものだなあ、と思いました。

[最新の記事はこちら]
[これまでの記事はこちら]

2016年4月17日 (日)

熊本地震

 麻見和史です。熊本地震の件、テレビで現地の映像を見て、大変驚いています。被害に遭われた方には心よりお見舞い申し上げます。
 上空からはっきりそれとわかる筋が、断層の活動を表しているとのこと。まさか地面があんなふうにずれてしまうとは……。

 東日本大震災から5年。私もだいぶ気が緩んでしまっていましたが、日頃の備えを確認しなければ、と思います。

 とにかく、早く余震がおさまり、現地のライフラインが復旧することを祈っております。

[最新の記事はこちら]
[これまでの記事はこちら]

2016年3月21日 (月)

携帯電話の機種変更

 麻見和史です。今まで携帯電話(ガラケー)を10年ほど使っていたのですが、さすがにあちこち調子が悪くなってきたので、ようやく新機種を購入しました。

          *

 スマホは月々の料金が高いようだし、外出時にネット検索することはないので、選択肢としてはガラケー(フィーチャーホン)しか頭になかった。使う機能としては通話、メール、カメラだけだから、いっそらくらくホンでもいいかな、と思っていた。

 しかしネットで調べてみたら、まだガラケーの新製品があるという。これはありがたいと思い、それに決めた。
 ショップで現物を手に取ってみたところ、画面が大きくてびっくりした。新機種を見たあと古い電話の画面を見たら、まるでおもちゃのようである。

 料金プランは同じなので、すぐ新しい電話で通話できるようになった。メールアドレスは電話機本体が持っているわけではないので、新規設定は不要。電話機に伝言メモを残す留守番電話機能もちゃんと付いていた。

 唯一気になるのは、電池を外さないとmicroSDが抜き差しできないことだが、これは防水機能を持たせるために仕方がなかったようだ。調べたら、水の中に30分放置しても大丈夫な仕様だと書いてある。すごいことだ。
 ひょっとすると、新機種に替えて一番よくなったのはこの防水機能かもしれない。本当に大丈夫なのか試してみたい気もするが……危ないのでやめておきます。

[最新の記事はこちら]
[これまでの記事はこちら]

2016年3月 9日 (水)

「あなたが書いていたんですか!」

 麻見和史です。以前、職場でお世話になった方々とお会いし、ビールを飲んできました。

 場所は新宿。しばらく行っていなかったのですが、歩いているうちに、ああここにこんなお店があったなあ、と思い出しました。
 お芝居をたくさん見ていたころはTHEATER/TOPSでマチネ、そのあとライオン会館の2階でワインか何かを飲みながら食事をして、夜は紀伊國屋ホールでソワレを鑑賞、なんてことをやっていました。あのころは贅沢でした。

          *

 この日の小宴会でお会いしたのは、前の職場でいろいろ助けてくださった方々。あの案件は大変でしたよねえ、といった話がいろいろ出ました。

 中にひとり読書好きな方がいて、なんと麻見和史の本をほとんど読んでくださっているとのこと。
「私デビュー作からずっと読んでたんですよ。最近◆◆さんから、あなたが麻見和史だと聞いてびっくりしちゃって。えっ、あなたが書いていたんですか! って」
 いや、私のほうも驚きました。まさか昔の知り合いが、義理とか付き合いを抜きにして読んでくださっていたとは。

 私、自分の本を読んでくださっている方とお会いしたことが、ほとんどないのです。書店に張り込んでいても(←たまにやる)、自分の本が売れる場面は一度も見たことがありません。だからこの日、「読んでいますよ」という話を聞いて、本当に嬉しく思いました。

「でもあなたの感じだと、純文学とか書きそうだけど」
「あ、そうだよね。『サザエさん』の伊佐坂先生みたいに和服が似合いそう」
「もう書けない。スランプだー! とか言ってね」
「原稿用紙をぐしゃぐしゃに丸めて投げるんじゃないの?」
 いえ、最近の作家は原稿用紙を使いませんので……。

 楽しくてついビールを飲み過ぎてしまいました。いろいろ話を聞かせてくださったみなさま、どうもありがとうございました。

 これからも頑張りますので、どうぞよろしくお願いいたします。

[最新の記事はこちら]
[これまでの記事はこちら]

2015年12月 5日 (土)

衝撃の超展開

 麻見和史です。先日書籍が届いたのですが、その梱包に衝撃を受けたのでご紹介します(もしかしたら私が知らなかっただけかもしれませんが……)。

 以下は梱包を展開したときの写真です。


01
(1)テープを切って、まず右側の段ボールを開きます。


02
(2)続いて左側も開きます。真ん中の部分に書籍が入っていましたが、すでに取り出された状態です。


03
(3)上下の段ボールも開きました。ここまで何の変哲もないように見えますが、真ん中の右上、くちばしのような切り込みにご注目。


04
(4)なんと、ここで縦の段ボールが立体的に起き上がり……。


05
(5)1枚の大きな段ボールになってしまいました。まさに衝撃の超展開!

 こうしておくとテープや接着剤などが節約できるし、部品を分けなくても済むということですね。いや本当に驚きました。これを設計した人はすごいと思います。

[最新の記事はこちら]
[これまでの記事はこちら]

2015年9月26日 (土)

DVD-Rへの出力ミッション

 麻見和史です。ドラマをブルーレイレコーダーに録画していたのですが、これをDVD-Rに出力するというミッションが発生。とりあえず原稿は置いといて(すみません!)、取説を引っ張り出してきました。
 実行してみたら、いろいろ勘違いしていたことが明らかになったので、備忘メモを残しておきます。普段使っている方にしてみれば「そんなの当たり前じゃん」というような内容かもしれませんが……。

          *

 以前使っていた機種ではずっとDVD-RAMに出力していた。しかしその機種が壊れてしまい、後継機に換えたら、同じメーカーなんだけどDVD-RAMへの書き込みができなくなってしまった。わかる方にはわかると思いますが、T社の製品です。使い慣れていたので、メーカーは変更したくなかったのですよね。

 再生はできるので、今まで録り溜めたDVD-RAMが無駄になることはなかったが、空のDVD-RAMは使い道がなくなってしまった。もったいない……。
 まあ仕方がない、とあきらめ、ブルーレイディスクに出力するようにした。DVD-RAMに比べたらかなり大容量だとわかり、特に不満もなくこれまで使ってきた。

 しかし今回、ブルーレイが再生できない機種で番組を見る必要が生じてしまったのである。それで、DVD-Rに書き込みを行うことにした。取説を見ながら、いろいろ試してみた。

 まず、大昔に買ったDVD-RがあったのでHDDから出力しようとしたのだが、これはNGになってしまった。どうしてだろう。
 調べていくうち、CPRM対応のDVD-Rでないとデジタル放送はダビングできないとわかった。そ……そうなんですか? 今までブルーレイばかり使っていたから、CPRMというのを意識したことがなかったのである。

 早速、量販店でCPRM対応のDVD-Rを買ってきた。10枚セットのを選んだところ、1枚当たり70円弱である。なんと、カレーパンより安いんですか!

 帰宅して出力のテストをしてみた。録画してあったものはAVCモードで、これを書き込もうとしたら、再生するのと同じ時間がかかるようだ。えっ、じゃあ1時間のドラマだったら書き込みに1時間かかるんですか! これはまいった。

 だがさらに調べると、いい方法があることがわかった。VRモードで録画すれば、DVD-Rに高速ダビングできるらしい。コピー防止機能が働いているので実際にはダビングではなくて移動になるとのこと(逆にVRをブルーレイにダビングするときには実時間かかってしまう)。
 ええと……そうか。AVCで録画したものをDVD-Rに出力するときは、VRに変換しながらダビングするわけですな。

 レートについては普段3.8ぐらいで録画していたのだが、これだとアニメーションなどを見るとき、カメラが横にパンすると描線が崩れる感じがする。やはり標準的な4.6ぐらいがちょうどいいようだ。このへん、取説を読んでもどういう設定を推奨するとは書かれていないので、すべて手探りである。
 保存時間について。VRのレート4.6で録画したものをDVD-Rに出力すると、1枚で約2時間入るらしい。連続ドラマなら2本収まるわけだ。よし、理解した!

 と、ここまで書いてきたのだが、これを1年後ぐらいに読んだら、自分でもさっぱり意味がわからなくなっていそうな気がする。本当に、最近の家電は難しくて大変です。

[最新の記事はこちら]
[これまでの記事はこちら]

2015年9月 3日 (木)

密室のセミ事件

 麻見和史です。仕事でばたばたしているため、今日はTwitterに投稿した文章をまとめてお茶を濁すことに……。「それ前に読んだよ!」という方、申し訳ありません。どうかご容赦ください。

------------------

セミ事件(1)。夏のある夕方、外から帰って洗濯をしようと思い、床にちらばっていた衣類を洗濯機に放り込もうとしたら、突然床からセミが飛び上がったので仰天しました。照明のそばを飛び回っていたセミはやがて壁にとまったので、なんとか身柄確保してベランダから外へ逃がしました。

------------------

セミ事件(2)。事件現場を調べたのですが、洗濯機のある脱衣所も、つながっている風呂場も、窓には網戸が嵌めてあり、セミが出入りできるような隙間はありません。脱衣所と居間の間のドアは閉まっていたので、居間のほうからセミが入ってきたわけでもない。現場はいわば密室でした。

------------------

セミ事件(3)。鷹野警部補と如月塔子巡査部長による現場検証。セミが出現したのは脱衣所ですが、隣の風呂場との間のドアは開かれていたので、風呂場からやってきたのかもしれません。しかし窓、換気扇ともにセミが侵入することは不可能です。おかしい……。そのとき、塔子が何かに気づきました。

------------------

セミ事件(4)。「鷹野主任、こんなものが」それは住人が一週間ほど前、知人からもらってきた花束でした。置き場所がなく、花瓶にさして風呂場に置いてあったのです。「まさか、そんなことがあるのか? だが、そうだと考えればつじつまが(以下略)」鷹野は花束を調べ始めます。だが何も出てこない。

------------------

セミ事件(5)。「主任、こっちじゃないですか?」塔子は花瓶をひっくり返し、中の水をタイルの上にこぼしました。するとそこには、水でふやけてしまったセミの抜け殻らしきものが……。「やっぱりです!」「そうか、犯人は花束の中にセミを仕込んでいたんだ」

------------------

セミ事件(6)。「すると、住人が気づかないうちにセミは成虫に?」「そう、セミは夕方から夜にかけて羽化する。風呂場から脱衣所に移動し、衣類の間に身を潜めていたんだろう。それを見つけた住人は、びっくり仰天して心臓発作を起こすというわけだ」「なんて恐ろしい計画!」

------------------

セミ事件(7)。というわけで、問題のセミは花束の中に隠れていたのではないか、というのが当特捜本部の筋読みです。花瓶の中から出てきたものは原形をとどめていなかったのですが、あれが抜け殻だったのではないかと思われます。おわり。

------------------

 セミ事件のその後ですが、あらたな証拠品が見つかることもなく、捜査本部は縮小され、未解決のままとなってしまいました。
 それから数年──。
 まさかあんな事件が起こるとは、誰も想像していなかったのです……。
 以下、数年後に続く(?)。

[最新の記事はこちら]
[これまでの記事はこちら]

より以前の記事一覧

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

作品リスト

  • 沈黙する女たち(幻冬舎文庫)
    ◆内容紹介
    廃屋に展示されるように残されていた女性の全裸死体。それを撮影したものが会員サイト「死体美術館」にアップされる。「重犯罪取材班・早乙女綾香」シリーズ第2弾。
    (2017/10/6発売予定)
    【文庫書き下ろし】
    ----------------------
  • : <strong>水葬の迷宮: 警視庁特捜7 (新潮文庫)</strong>

    水葬の迷宮: 警視庁特捜7 (新潮文庫)
    ◆内容紹介
    捜査で判明する新たな事実によってパズルのように埋まっていく謎解きの興趣。緻密な伏線が冴える本格捜査ミステリー。
    ★本書は『特捜7 銃弾』の文庫版です。
    (2017/9/1発売)
    【四六判を文庫化】
    ----------------------

  • : <strong>蝶の力学 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)</strong>

    蝶の力学 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)
    ◆内容紹介
    遺体の首に挿された青い花。猟奇的な装飾に戦慄する殺人分析班は、新聞社に届いた挑戦状らしきメールに言葉を失う。
    (2017/7/14発売)
    【ノベルスを文庫化】
    ----------------------

  • : <strong>奈落の偶像 警視庁捜査一課十一係</strong>

    奈落の偶像 警視庁捜査一課十一係
    ◆内容紹介
    〈警視庁捜査一課十一係/如月塔子〉シリーズ最新第九作。日本最大の繁華街で起きた殺人事件に、女性刑事・如月が挑む!
    (2017/7/6発売)
    ----------------------

  • : <strong>永久囚人 警視庁文書捜査官</strong>

    永久囚人 警視庁文書捜査官
    ◆内容紹介
    殺人予告か非業の手記か──。謎の小説を解読せよ! 奇妙な幻想小説どおりに殺人事件が! 文字マニア・鳴海理沙警部補が謎に迫る。
    (2017/3/25発売)
    ----------------------

  • : <strong>警視庁文書捜査官 (角川文庫)</strong>

    警視庁文書捜査官 (角川文庫)
    ◆内容紹介
    捜査一課に設置された文書解読班。文章心理学を学んだ鳴海理沙警部補は、右手首が切断された不可解な殺人事件を捜査する。現場に残されたカードの意味とは?
    (2017/1/25発売)
    【四六判を文庫化】
    ----------------------

  • : <strong>共犯レクイエム―公安外事五課 (ハルキ文庫)</strong>

    共犯レクイエム―公安外事五課 (ハルキ文庫)
    ◆内容紹介
    〈裏切者(モグラ)は誰だ!? 上司を、同僚を、監視する女〉──公安部に異動になった篠原早紀は、東欧スパイを調査する傍ら、組織内の裏切者を探すことに…。
    (2016/12/15発売)
    【文庫書き下ろし】
    ----------------------

  • : <strong>女神の骨格 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)</strong>

    女神の骨格 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)
    ◆内容紹介
    洋館で火災が発生。鎮火後、隠し部屋で発見された白骨遺体は、頭部が男性、胴体が女性だった! この家でいったい何が? 如月塔子シリーズ第六弾の文庫化。
    (2016/11/15発売)
    【ノベルスを文庫化】
    ----------------------

  • : <strong>雨色の仔羊 警視庁捜査一課十一係</strong>

    雨色の仔羊 警視庁捜査一課十一係
    ◆内容紹介
    SOSメッセージの書かれたタオルを手掛かりに、如月塔子と鷹野は捜査を開始するが…。事件の鍵を握るのは九歳の少年? 十一係シリーズ第八弾。
    (2016/11/8発売)
    ----------------------

  • : <strong>死者の盟約 特捜7</strong>

    死者の盟約 特捜7
    ◆内容紹介
    傷のない遺体の顔に、なぜ犯人は包帯を巻いていったのか? 心配性の岬と楽天家の里中が捜査を開始する。TVドラマ化された『特捜7 銃弾』の続編!
    (2016/3/22発売)
    ----------------------

  • : <strong>聖者の凶数 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)</strong>

    聖者の凶数 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)
    ◆内容紹介
    アパートの空き部屋で、顔と両腕を損壊された遺体が見つかった。腹に書かれた「27」は何を意味するのか。如月塔子と鷹野は年末の上野界隈で捜査を開始するが…。
    (2016/1/15発売)
    【ノベルスを文庫化】
    ----------------------

  • : <strong>蝶の力学 警視庁捜査一課十一係</strong>

    蝶の力学 警視庁捜査一課十一係
    ◆内容紹介
    資産家夫妻の殺人・誘拐事件が発生。相棒離脱の中、如月塔子はこの猟奇的な事件を解決できるのか? シリーズ第七弾!
    (2015/12/3発売)
    ----------------------

  • : <strong>深紅の断片 警防課救命チーム</strong>

    深紅の断片 警防課救命チーム
    ◆内容紹介
    「少女が閉じ込められている」それは犯人からの119番通報だった…。命を弄ぶ凶悪犯に立ち向かうのは、命を助ける術しか持たない、救急隊!
    (2015/5/27発売)
    ----------------------

  • : <strong>虚空の糸 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)</strong>

    虚空の糸 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)
    ◆内容紹介
    刺殺遺体が握っていたナイフの意味とは。犯人は二億円を用意できなければ、都民を一人ずつ殺害すると予告。殺人分析班が推理する!
    (2015/5/15発売)
    【ノベルスを文庫化】
    --------------------

  • : <strong>警視庁文書捜査官</strong>

    警視庁文書捜査官
    ◆内容紹介
    文章心理学を使って殺人犯を追跡する捜査官・鳴海理沙登場!
    (2015/1/29発売)
    --------------------

  • : <strong>女神の骨格 警視庁捜査一課十一係</strong>

    女神の骨格 警視庁捜査一課十一係
    ◆内容紹介
    発見された白骨は、男性の頭部と女性の胴体だった。刑事・如月塔子が事件の真相を追う!
    (2014/12/3発売)
    --------------------

  • : <strong>屑の刃 重犯罪取材班・早乙女綾香 (幻冬舎文庫)</strong>

    屑の刃 重犯罪取材班・早乙女綾香 (幻冬舎文庫)
    ◆内容紹介
    腹部に煙草の吸い殻と空き缶を押し込まれた遺体。CS放送記者・早乙女綾香が取材に走る!
    (2014/10/9発売)
    【文庫書き下ろし】
    --------------------

  • : <strong>特捜7: 銃弾</strong>

    特捜7: 銃弾
    ◆内容紹介
    警官殺しと両腕のない死体。一課のエースと変わり者の女性刑事が謎を追う!
    (2014/5/22発売)
    --------------------

  • : <strong>水晶の鼓動 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)</strong>

    水晶の鼓動 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)
    ◆内容紹介
    殺人現場は、部屋中真っ赤に染められた「赤い部屋」だった。東京を震撼させる連続爆破事件との関連はあるのか――。
    (2014/5/15発売)
    【ノベルスを文庫化】
    --------------------

  • : <strong>聖者の凶数 警視庁捜査一課十一係</strong>

    聖者の凶数 警視庁捜査一課十一係
    ◆内容紹介
    顔と腕が損壊された死体。その腹部には《27》という謎の数字が記されていた。新米女刑事・如月が挑む、もっとも残酷で哀しい事件!
    (2013/12/5発売)
    --------------------

  • : <strong>蟻の階段 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)</strong>

    蟻の階段 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)
    ◆内容紹介
    惨殺死体と共に発見されたのは頭蓋骨・白い花・掛け時計・スープ皿。一体何を意味するのか。殺人分析班が卓越した推理力で犯人に挑む。
    (2013/10/16発売)
    【ノベルスを文庫化】
    --------------------

  • : <strong>石の繭 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)</strong>

    石の繭 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)
    ◆内容紹介
    モルタルで固められた惨殺死体発見――犯人より愛宕署特捜本部へ電話が。新米女性刑事・塔子が交渉相手となったが。本格警察ミステリーの白眉。
    (2013/5/15発売)
    【ノベルスを文庫化】
    ★文庫化にあたり、ノベルス版に加筆訂正を行いました。以後の文庫も同様です。
    --------------------

  • : <strong>虚空の糸 警視庁捜査一課十一係</strong>

    虚空の糸 警視庁捜査一課十一係
    ◆内容紹介
    「見抜いた!」と思ったら“見抜かされていた”、この衝撃!――宇田川拓也さん(ときわ書房本店)
    人質は東京都民1300万人。前代未聞の警視庁脅迫事件!
    (2013/4/4発売)
    --------------------

  • : <strong>ヴェサリウスの柩(創元推理文庫)</strong>

    ヴェサリウスの柩(創元推理文庫)
    ◆内容紹介
    解剖中の遺体から発見された告発文。黒い絨毯の上で踊る死者──大学医学部で次々起こる不可解な事件。若き女性解剖学者が医学教室の謎に挑む! 第16回鮎川哲也賞受賞作。
    (2012/5/30発売)
    【四六判を文庫化】
    --------------------

  • : <strong>水晶の鼓動 警視庁捜査一課十一係</strong>

    水晶の鼓動 警視庁捜査一課十一係
    ◆内容紹介
    部屋中真っ赤に染められた「赤い部屋」で殺人事件が起き、新人刑事・如月塔子と相棒の鷹野は遺留品の捜査を開始する。
    時を同じくして、都内各所で連続爆破事件が発生。 果たして、「赤い部屋」の謎と東京の運命は?
    (2012/5/8発売)
    --------------------

  • : <strong>蟻の階段 警視庁捜査一課十一係</strong>

    蟻の階段 警視庁捜査一課十一係
    ◆内容紹介
    新米女刑事・如月塔子が挑む、新たな難事件
    頭蓋骨、白い花、掛け時計、スープ皿――遺体の周りに残された奇妙な四つの品の意味とは? 本格ミステリの緻密さと警察小説の迫力が融合! 好評シリーズ第二弾
    (2011/10/6発売)
    --------------------

  • : <strong>石の繭 警視庁捜査一課十一係</strong>

    石の繭 警視庁捜査一課十一係
    ◆内容紹介
    警視庁捜査一課の女性刑事を描く骨太小説!モルタルで固められた死体と大ポンペイ展の石膏像との関係は?捜査本部にたびたび電話をかけてくる大胆不敵で異常な犯人と、捜査一課の女性刑事との攻防始まる。
    (2011/5/10発売)
    --------------------
          ↑
    2008/10月~2011/4月
        暗黒時代
          ↓
    --------------------

  • : <strong>真夜中のタランテラ</strong>

    真夜中のタランテラ
    長編第2作。
    【在庫なし・文庫化の予定なし】
    (2008/9/30発売)
    --------------------

  • : <strong>ヴェサリウスの柩</strong>

    ヴェサリウスの柩
    第16回鮎川哲也賞受賞作。大学医学部を舞台に「解剖」と「遺体」を描いたミステリーです。献体された「ご遺体」から謎の脅迫状が発見され、その記述に従うように不気味な事件が発生します。【在庫なし】
    (2006/9/30発売)