活動状況

  • ======================
    ■小説関係(2017/7/14)
    ======================
    ●2017年7月6日、十一係9『奈落の偶像』が発売されました。また7月14日、十一係7の文庫版『蝶の力学』が発売されました。
    ----------------------
    ●2017年3月25日、『永久囚人 警視庁文書捜査官』が発売されました。
    ----------------------
    ●2017年1月25日、『警視庁文書捜査官』(文庫版)が発売されました。
    ----------------------
    ●2016年12月15日、『共犯レクイエム 公安外事五課』が発売されました。
    ----------------------
    ●2016年11月13日~WOWOWにてドラマ『水晶の鼓動』(全5話)が放送されました。

  • ======================
    ■イベント関係(2015/6/21)
    ======================
    ●最近イベント参加が減っております。どのへんが「イベント・シンポジウム日記」なのかわからなくなってきました。

    ●麻見のTwitterアカウントは
    こちらです→ @asamikazushi
無料ブログはココログ

備忘

CHK

カテゴリー「創作関連・麻見和史のこと」の記事

2017年7月14日 (金)

『蝶の力学』(文庫版)関連(2) サイン本情報

 麻見和史です。サイン本の情報です。

【お知らせ】宣伝が続いて恐縮です。船橋のときわ書房本店様で『蝶の力学 警視庁殺人分析班』のサイン本を作成させていただきました。十一係シリーズ七作目の文庫版になります。明日には店頭に並べていただけるそうですので、よろしくお願いいたします。

 →ときわ書房様webshop
 

01

2017年7月12日 (水)

お手紙のこと

 麻見和史です。ここしばらく、関東地方も暑い日が続いております。

 今はメールやツイッターというものがありまして、読者様との距離もずいぶん近くなったという感じがしますが、中にはわざわざお手紙を送ってくださる方もいらっしゃいます。本当にありがとうございます。

 漫画家さんですと、段ボール箱でどさっとファンレターが届くようなイメージがありますが、私の場合、書くものがミステリー小説なのでそんなに大量にいただくことはありません。たまに講談社さんの編集部から封筒が届いて、開けてみると読者様からのお手紙が入っている、という形です。

 最近も一通いただきまして、麻見の本を2カ月ですべて読んでくださったとのこと。お忙しい中、どうもありがとうございます。
 唯一『真夜中のタランテラ』だけは手に入らなかったので図書館に行った、と書かれていましたが、はい、あれは文庫化の予定もないものですから入手が難しくなっております。デビュー2作目だったため、なかなか満足のいく形に仕上がらなくて……。おそらくあの本はこのまま絶版になるかと思います。

 いただいたお手紙はすべてきちんと拝読しております。普段ずっとひとりで作業しているものですから、こうしたお手紙はとても励みになります。
(ツイッター https://twitter.com/asamikazushi のほうに感想をくださる方にもお礼申し上げます)

 これからも面白いものを書いていくよう全力を尽くしますので、どうぞよろしくお願いいたします。

[最新の記事はこちら]
[これまでの記事はこちら]

2017年7月 9日 (日)

『蝶の力学』(文庫版)関連(1) カバーデザイン

 麻見和史です。新刊情報です。
 7月14日ごろ、『蝶の力学 警視庁殺人分析班』(講談社文庫)が発売となります。これは、十一係/如月塔子シリーズの七作目『蝶の力学 警視庁捜査一課十一係』(講談社ノベルス)を文庫化したものです。一部手直しを行っていますが、基本的にはノベルス版と同じ内容となっています。

 ネット書店サイトに書影が出ましたので、ご紹介いたします。
 

画像

 これまで〈警視庁殺人分析班〉シリーズではいろいろなカバーを作っていただきましたが、今回は異色のデザインと言えそうです。この青い花はいったい何なのか? 以下、文庫版のあらすじです。

遺体の首に挿された青い花。猟奇的な装飾に戦慄する殺人分析班は、新聞社に届いた挑戦状らしきメールに言葉を失う。

 ということで、遺体の首に青い花が挿されていた、というところから物語がスタートします。
 犯人はなぜこのような装飾を施したのか。如月塔子や鷹野は、はたして犯人を見つけ出すことができるのか。そして手代木管理官や科捜研・河上の行動は──。

 文庫版『蝶の力学』は7月14日(今週金曜)ごろ発売となります。どうぞよろしくお願いいたします。

★サイン本情報……船橋の ときわ書房本店様のサイト で告知されておりますとおり、文庫版『蝶の力学』のサイン本を作成させていただく予定です。のちほど、あらためてブログやツイッターにてお知らせいたしますので、よろしくお願いいたします。

★2017/7/14追記……7/15から店頭にサイン本を並べていただけるそうです。船橋方面にお出かけの機会がありましたら、どうぞよろしくお願いいたします。

[最新の記事はこちら]
[これまでの記事はこちら]

2017年7月 7日 (金)

『奈落の偶像』関連(3) サイン本情報

 麻見和史です。サイン本の情報です。

【お知らせ】船橋のときわ書房本店様で、十一係/如月塔子シリーズ最新作『奈落の偶像』のサイン本を作成させていただきました。早ければ本日7日、店頭に並べていただけるそうです(明日なら確実かと思われます)。どうぞよろしくお願いいたします。

↓ときわ書房本店様 ウェブサイト
http://tokiwabooks.com/?page_id=18

 
★2017/7/9追記
 この日、『奈落の偶像』以外のシリーズ既刊にもサインをさせていただきました。

(1)『石の繭』 (2)『蟻の階段』 (3)『水晶の鼓動』 (4)『虚空の糸』 (5)『聖者の凶数』 (6)『女神の骨格』(以上、講談社文庫)

(8)『雨色の仔羊』(講談社ノベルス)


02

 7作目である『蝶の力学』は7/14に文庫化され、それにも後日サインをさせていただく予定です。よろしくお願いいたします。

 →ときわ書房様webshop

 
[最新の記事はこちら]
[これまでの記事はこちら]

2017年7月 5日 (水)

『奈落の偶像』関連(2) あらすじ

 麻見和史です。講談社ノベルスのサイトに『奈落の偶像 警視庁捜査一課十一係』のあらすじが掲載されましたので、当ブログでもご紹介させていただきます。

 講談社BOOK倶楽部
   └講談社ノベルス
     └『奈落の偶像』 ★紹介ページ

 あらすじは次のとおりです。

日本最大の繁華街・銀座で死体遺棄事件が発生! 遺体はショーウインドーに吊るされ、現場には、黒いアルミホイルと蓄光テープという不可解な手掛かりが遺されていた。臨場した如月塔子と十一係は捜査を開始するが、世間に見せつけるような残酷な犯行は続き、次なる被害者が拉致されてしまう。閃きを武器に活躍を重ねる女性刑事・如月、卓抜した捜査能力を持つ鷹野、熱血漢・門脇、最年長の人情派・徳重、情報収集に優れた尾留川 ──捜査一課十一係〈殺人分析班〉は卑劣な犯人に辿り着くことができるのか!?

 このシリーズでは住宅街で事件が起こることが多かったのですが、今回は銀座が舞台です。犯人がわざわざ繁華街で事件を起こしたのはなぜなのか? 塔子や鷹野の捜査にぜひご注目ください。

 私は銀座の雰囲気が好きで、以前からよく出かけていました。知っている場所なので、今回あれこれ思い出しながら一気に執筆することができました。
 そういうわけで本作には、地域名や通りの名前等、一部実在のものが登場します。しかし事件に関わる商業施設や団体、人物等は、現実のものとは一切関係ありませんので、どうかご了承ください。

『奈落の偶像 警視庁捜査一課十一係』(講談社ノベルス)は、7月6日ごろ発売の予定です(地域によって異なる可能性があります)。どうぞよろしくお願いいたします。

[最新の記事はこちら]
[これまでの記事はこちら]

2017年7月 4日 (火)

『奈落の偶像』関連(1) カバーデザイン

 麻見和史です。新刊情報です。
 7月6日ごろ、『奈落の偶像 警視庁捜査一課十一係』(講談社ノベルス)が発売となります。如月塔子の登場する警察小説シリーズの九作目です。
(地域によって発売日が異なる可能性があります)

 ネット書店サイトに書影が出ましたので、ご紹介いたします。
 

画像

 今回は濃い青の発色がよくて、とても気に入っています。大都会、繁華街の夜はまだこれから……という感じのデザインです。

 帯を巻くと、このようになります。
 

画像

《ショーウインドーに飾られた遺体》 《絶体絶命の劇場型犯罪、開幕!》 ということで、今回も大変な事件が発生します。

 まだあらすじが公表されていませんので、それが出てきたタイミングでストーリーをご紹介したいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

★2017/7/5追記
 こちらであらすじをご紹介しています。ぜひご覧ください。
 →『奈落の偶像』関連(2) あらすじ

[最新の記事はこちら]
[これまでの記事はこちら]

2017年6月28日 (水)

活動状況(2017/6/28) 業界の怖い話

 麻見和史です。なんと、あと数日で今年の前半も終了ですね。本当に時間のたつのが早くて驚きます。子供のころは翌月の漫画雑誌が出るまで、すごく長く感じたものですが……。
 以下、最近の活動状況です。

          *

◆概況

 7月刊行の『奈落の偶像』(講談社ノベルス)と『蝶の力学』(講談社文庫)の作業は私の手を離れております。『奈落』のほうはもうじきネット書店などに書影が出るのではないかと思います。またご紹介させていただきます。

 6月は処理すべき案件が6つもあってかなり苦戦しましたが、大きなものはだいたい片づきました。残りは2件です。それが終わったら少し余裕ができるので、いよいよパソコンの設定を行い、『けものフレンズ』のネット配信を見ようと思います(←まだ見てなかった)。

 
◆原稿関係 (○は作業中、●は終了、■は作業時間の配分状況)

○長編 E 
 第一段階が終了、待機中です。のち、第二段階が来ます。

○長編 G ■■
 作業を終えて見直しをしています。月末までに納品。

○長編 H ■■■■■■■■
 全力で作業中です。

○長編 J 
 上記の長編Hが終わったら作業にかかります。

●『奈落の偶像』(講談社ノベルス) 
 十一係/如月塔子シリーズ9作目。7月6日ごろ刊行予定です。

●『蝶の力学』(講談社文庫)
 十一係/如月塔子シリーズ7作目の文庫化。7月14日ごろ刊行予定です。

 
◆漫画関係

『めしばな刑事タチバナ』 4~5巻 原作:坂戸佐兵衛/作画:旅井とり
 寝る前に少しずつ読んでいます。原作の方、よくこんなに調べてくるなあと毎回驚いています。

『とある新人漫画家に、本当に起こったコワイ話』 佐倉色
 これは怖い、怖すぎます。すべて事実かどうかはわかりませんが、こういう編集さんと仕事をする羽目になったら、間違いなくストレスで胃をやられるだろうと思います。
 デビューして間もないころは右も左もわからないため、ひとりで悩むことが多いんですよね。先輩作家さんが近くにいてアドバイスしてくれるといいのですが、新人のうちは知り合いもあまりいないですし。

 私は漫画ではなく小説のほうの人間ですが、デビュー後の新人の苦しみはよくわかります。だって、聞いてくださいよ。2009年、2010年になぜ本がまったく出なかったかというと、私がサボっていたわけではなくてですね……(以下自主規制)。

 本が出なかったこの二年間、原稿収入は南雲堂さんの『本格ミステリー・ワールド』のエッセイ1ページ×2回だけでした。南雲堂さん、本当にありがとうございます。
 その後、講談社さんに助けていただいて、ようやく新作を刊行できるようになりました。あのとき原稿を見ていただけなかったら、私はどうなっていたかわかりません。講談社さんには今でも本当に感謝しています。

 
◆その他

 アニメ『正解するカド』、第9話から超展開と言えるような流れになってきて、衝撃を受けています。これを失速と見る方もいらっしゃるようですが、でもあのまま進んでいったら超バッドエンドばかりが頭に浮かぶわけですし……。
 ここ数回でザシュニナが人間くさくなってきましたが、たぶんこの宇宙にやってきていろいろ影響を受けたんですよ。たとえば東京にいた人がジャングルで暮らすようになったら、ものの考え方や行動の仕方が大きく変わりますよね。変わりませんかね……。

 
[最新の記事はこちら]

[これまでの記事はこちら]

2017年6月14日 (水)

活動状況(2017/6/14) 入れ子構造

 麻見和史です。いつの間にか、もう6月中旬……。先日ようやく、こたつを片づけました。
 以下、最近の活動状況です。

          *

◆概況

 7月に『奈落の偶像』(講談社ノベルス)と『蝶の力学』(講談社文庫)があり、その先の案件も並行して走っているため、現在あっぷあっぷの状態です。
 先に着手していた作業を中断して別件を始め、それを中断してさらに別件を始め……という入れ子構造(プログラミングでいう「ネスト」)になってしまって、なかなか先が見えてきません。ここまできついのは初めてだと思います。まいりました。

 具体的には、

・新作執筆を中断して、締切の早いゲラ1へ。
・ゲラ1を中断して、さらに締切の早いゲラ2へ。
・ゲラ2を中断して、ワンポイントの短文作成へ。
・短文作成を終わらせてゲラ2へ戻る。
・ゲラ2を終わらせてゲラ1へ戻る。←★今ここ。

 という状況でして、一番きつい綱渡りの部分は終わったのですが、まだこのあと第二、第三の難所がありそうです。ひとつずつ、ミスのないよう処理していきたいと思います。

 
◆原稿関係 (■は作業時間の配分状況)

・長編 E ■■■■■
 中断していましたが、明日から再開します。今はこの作業に全力を注ぎます。

・長編 G 
 現在、一時中断しています。

・長編 H 
 現在、一時中断しています。

・長編 J 
 現在、一時中断しています。

・『奈落の偶像』(講談社ノベルス) 
 7月刊行に向け、進行中です。

・『蝶の力学』(講談社文庫)
 7月刊行に向け、進行中です。

 
◆漫画関係

『めしばな刑事タチバナ』 2~3巻

 B級グルメのうんちくはもちろん面白いのですが、タチバナさんのとぼけたキャラクターもいいですよね。夜寝る前にこの漫画をちょっと読むのが、最近の楽しみです。今5巻まで手元にありますが、続けて発注をかけていこうと思います。こうなったらもう、25巻まで付き合おうかな。

 
◆その他

 アニメ『正解するカド』の面白さは圧倒的。これ全部、野﨑まどさんが脚本を書いているようなのですが、小説と違ってアニメはスタッフが多いので、調整が大変なのではないかと思います。私などはあまり共同作業が得意でないため、できる方を尊敬します。

 
[最新の記事はこちら]

[これまでの記事はこちら]

2017年6月 1日 (木)

活動状況(2017/6/1) 長編Eの作業へ

 麻見和史です。なんと、もう6月ですか……。毎日仕事でばたばたしていて、身の回りのことが何もできていない状況です。とりあえず背広をクリーニングに出すことだけは済ませました。
 以下、最近の活動状況です。

          *

◆概況

 7月刊『奈落の偶像』(講談社ノベルス)と『蝶の力学』(講談社文庫)は予定どおり進行しています。そちらが一段落しましたので、次の作業に進みます。

 
◆原稿関係 (■は作業時間の配分状況)

・長編 E ■■■■■■■■
 昨日打ち合わせをしてきました。今日から7日間の予定で作業をします。

・『奈落の偶像』(講談社ノベルス) ■
 7月刊行に向け、進行中です。

・長編 G 
 現在、一時中断しています。長編Eが終わったら再開する予定。

・長編 H 
 今の作業が片づいてからプロットのV2化を。

・『蝶の力学』(講談社文庫)
 7月刊行に向け、進行中です。

・長編 J ■
 あらすじを提出しOKとなりました。後日、詳細プロットに落とし込みます。

 
◆漫画関係

『僕らはみんな河合荘』 9巻

 最新刊を入手。例によってもどかしい展開ですが、読み進めるうち予想外のことが……。ネタバレになるので何も言えませんが、とにかくすばらしい巻でした。そう、こういうのが読みたかったんですよ!

 
『めしばな刑事タチバナ』
 1巻

 佐藤二朗さん主演のドラマを見てから、もう4年。ふと思い立って1巻を読みましたが、いやー面白いですね。ストーリーはおいといて、B級、C級グルメのうんちくがとにかく楽しい。よくこんなに調べたものだと驚くと同時に、こんなに実名を出して大丈夫だろうかと、よけいな心配をしてしまいます。でも、実名だからこそ本当に楽しいんですよね。
 調べたら25巻まで出ているそうで、先はかなり長く、読破するかどうか悩ましいところです。

 
◆その他

 冷凍庫は順調に稼働しています。電気代は、まだ日が浅いので確認できず。少し音がするのが気になりますが、冷食が大量に保存できるので助かっています。
 たとえば冷凍のチーズケーキやモンブラン。6個入りとか8個入りの箱で売っていて、ひとつ200円から250円ぐらいの計算になると思いますが、喫茶店で同じものが450円ぐらいだったのを見たことがあります。

 
[最新の記事はこちら]

[これまでの記事はこちら]

2017年5月24日 (水)

2017年7月の新刊情報

 麻見和史です。講談社さんのサイトに情報が掲載されましたので、以下ご報告させていただきます。

 2017年7月に新刊が二冊発売されることになりました。これも読者のみなさま、書店のみなさまの応援あればこそです。本当にありがとうございます。
 情報は 講談社BOOK倶楽部の発売予定ページ 、7月分のところに載っております。

 一冊目は〈警視庁捜査一課十一係/如月塔子〉シリーズの最新第九作目です。『奈落の偶像 警視庁捜査一課十一係』というタイトルで、講談社ノベルスから7月5日ごろの発売となります(「活動状況」で「長編 F」と呼んでいたもの)。
(地域によって発売日が異なる可能性があります)

 ここ何年か、年末近くにシリーズの新作を刊行していましたが、今回は担当編集さまのお力添えもあり、大幅に早めることができました。
 私の場合、6~8月という夏の時期に本が出るのは初めてのことです。この執筆・修正作業があったため、連休中もずっとばたばたしておりました(本当に大変でした……)。

 前作『雨色の仔羊』は偶数巻だったためキャラクターを掘り下げていく話となりましたが、今回は奇数巻。大きな仕掛けを用意していますので、どうかご期待ください。

 二冊目は同シリーズ七作目の文庫化です。2015年12月に講談社ノベルスで刊行された作品を『蝶の力学 警視庁殺人分析班』として講談社文庫に入れていただくことになりました。こちらは7月14日ごろの発売です(「長編 I」と呼んでいたもの)。
 この作品はシリーズのターニングポイントとも言えるものですので、ぜひお読みいただければと思います。

 新刊についての詳細情報は、後日またご報告させていただきます。今後とも、十一係シリーズをどうぞよろしくお願いいたします。

[最新の記事はこちら]
[これまでの記事はこちら]

より以前の記事一覧

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

作品リスト

  • : <strong>蝶の力学 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)</strong>

    蝶の力学 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)
    ◆作品内容
    遺体の首に挿された青い花。猟奇的な装飾に戦慄する殺人分析班は、新聞社に届いた挑戦状らしきメールに言葉を失う。
    (2017/7/14発売)
    【ノベルスを文庫化】
    ----------------------

  • : <strong>奈落の偶像 警視庁捜査一課十一係</strong>

    奈落の偶像 警視庁捜査一課十一係
    ◆作品内容
    〈警視庁捜査一課十一係/如月塔子〉シリーズ最新第九作。日本最大の繁華街で起きた殺人事件に、女性刑事・如月が挑む!
    (2017/7/6発売)
    ----------------------

  • : <strong>永久囚人 警視庁文書捜査官</strong>

    永久囚人 警視庁文書捜査官
    ◆内容紹介
    殺人予告か非業の手記か──。謎の小説を解読せよ! 奇妙な幻想小説どおりに殺人事件が! 文字マニア・鳴海理沙警部補が謎に迫る。
    (2017/3/25発売)
    ----------------------

  • : <strong>警視庁文書捜査官 (角川文庫)</strong>

    警視庁文書捜査官 (角川文庫)
    ◆内容紹介
    捜査一課に設置された文書解読班。文章心理学を学んだ鳴海理沙警部補は、右手首が切断された不可解な殺人事件を捜査する。現場に残されたカードの意味とは?
    (2017/1/25発売)
    【四六判を文庫化】
    ----------------------

  • : <strong>共犯レクイエム―公安外事五課 (ハルキ文庫)</strong>

    共犯レクイエム―公安外事五課 (ハルキ文庫)
    ◆内容紹介
    〈裏切者(モグラ)は誰だ!? 上司を、同僚を、監視する女〉──公安部に異動になった篠原早紀は、東欧スパイを調査する傍ら、組織内の裏切者を探すことに…。
    (2016/12/15発売)
    【文庫書き下ろし】
    ----------------------

  • : <strong>女神の骨格 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)</strong>

    女神の骨格 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)
    ◆内容紹介
    洋館で火災が発生。鎮火後、隠し部屋で発見された白骨遺体は、頭部が男性、胴体が女性だった! この家でいったい何が? 如月塔子シリーズ第六弾の文庫化。
    (2016/11/15発売)
    【ノベルスを文庫化】
    ----------------------

  • : <strong>雨色の仔羊 警視庁捜査一課十一係</strong>

    雨色の仔羊 警視庁捜査一課十一係
    ◆内容紹介
    SOSメッセージの書かれたタオルを手掛かりに、如月塔子と鷹野は捜査を開始するが…。事件の鍵を握るのは九歳の少年? 十一係シリーズ第八弾。
    (2016/11/8発売)
    ----------------------

  • : <strong>死者の盟約 特捜7</strong>

    死者の盟約 特捜7
    ◆内容紹介
    傷のない遺体の顔に、なぜ犯人は包帯を巻いていったのか? 心配性の岬と楽天家の里中が捜査を開始する。TVドラマ化された『特捜7 銃弾』の続編!
    (2016/3/22発売)
    ----------------------

  • : <strong>聖者の凶数 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)</strong>

    聖者の凶数 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)
    ◆内容紹介
    アパートの空き部屋で、顔と両腕を損壊された遺体が見つかった。腹に書かれた「27」は何を意味するのか。如月塔子と鷹野は年末の上野界隈で捜査を開始するが…。
    (2016/1/15発売)
    【ノベルスを文庫化】
    ----------------------

  • : <strong>蝶の力学 警視庁捜査一課十一係</strong>

    蝶の力学 警視庁捜査一課十一係
    ◆内容紹介
    資産家夫妻の殺人・誘拐事件が発生。相棒離脱の中、如月塔子はこの猟奇的な事件を解決できるのか? シリーズ第七弾!
    (2015/12/3発売)
    ----------------------

  • : <strong>深紅の断片 警防課救命チーム</strong>

    深紅の断片 警防課救命チーム
    ◆内容紹介
    「少女が閉じ込められている」それは犯人からの119番通報だった…。命を弄ぶ凶悪犯に立ち向かうのは、命を助ける術しか持たない、救急隊!
    (2015/5/27発売)
    ----------------------

  • : <strong>虚空の糸 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)</strong>

    虚空の糸 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)
    ◆内容紹介
    刺殺遺体が握っていたナイフの意味とは。犯人は二億円を用意できなければ、都民を一人ずつ殺害すると予告。殺人分析班が推理する!
    (2015/5/15発売)
    【ノベルスを文庫化】
    --------------------

  • : <strong>警視庁文書捜査官</strong>

    警視庁文書捜査官
    ◆内容紹介
    文章心理学を使って殺人犯を追跡する捜査官・鳴海理沙登場!
    (2015/1/29発売)
    --------------------

  • : <strong>女神の骨格 警視庁捜査一課十一係</strong>

    女神の骨格 警視庁捜査一課十一係
    ◆内容紹介
    発見された白骨は、男性の頭部と女性の胴体だった。刑事・如月塔子が事件の真相を追う!
    (2014/12/3発売)
    --------------------

  • : <strong>屑の刃 重犯罪取材班・早乙女綾香 (幻冬舎文庫)</strong>

    屑の刃 重犯罪取材班・早乙女綾香 (幻冬舎文庫)
    ◆内容紹介
    腹部に煙草の吸い殻と空き缶を押し込まれた遺体。CS放送記者・早乙女綾香が取材に走る!
    (2014/10/9発売)
    【文庫書き下ろし】
    --------------------

  • : <strong>特捜7: 銃弾</strong>

    特捜7: 銃弾
    ◆内容紹介
    警官殺しと両腕のない死体。一課のエースと変わり者の女性刑事が謎を追う!
    (2014/5/22発売)
    --------------------

  • : <strong>水晶の鼓動 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)</strong>

    水晶の鼓動 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)
    ◆内容紹介
    殺人現場は、部屋中真っ赤に染められた「赤い部屋」だった。東京を震撼させる連続爆破事件との関連はあるのか――。
    (2014/5/15発売)
    【ノベルスを文庫化】
    --------------------

  • : <strong>聖者の凶数 警視庁捜査一課十一係</strong>

    聖者の凶数 警視庁捜査一課十一係
    ◆内容紹介
    顔と腕が損壊された死体。その腹部には《27》という謎の数字が記されていた。新米女刑事・如月が挑む、もっとも残酷で哀しい事件!
    (2013/12/5発売)
    --------------------

  • : <strong>蟻の階段 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)</strong>

    蟻の階段 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)
    ◆内容紹介
    惨殺死体と共に発見されたのは頭蓋骨・白い花・掛け時計・スープ皿。一体何を意味するのか。殺人分析班が卓越した推理力で犯人に挑む。
    (2013/10/16発売)
    【ノベルスを文庫化】
    --------------------

  • : <strong>石の繭 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)</strong>

    石の繭 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)
    ◆内容紹介
    モルタルで固められた惨殺死体発見――犯人より愛宕署特捜本部へ電話が。
     新米女性刑事・塔子が交渉相手となったが。本格警察ミステリーの白眉。
    (2013/5/15発売)
    【ノベルスを文庫化】
    --------------------

  • : <strong>虚空の糸 警視庁捜査一課十一係</strong>

    虚空の糸 警視庁捜査一課十一係
    ◆内容紹介
    「見抜いた!」と思ったら“見抜かされていた”、この衝撃!――宇田川拓也さん(ときわ書房本店)
    人質は東京都民1300万人。前代未聞の警視庁脅迫事件!
    (2013/4/4発売)
    --------------------

  • : <strong>ヴェサリウスの柩(創元推理文庫)</strong>

    ヴェサリウスの柩(創元推理文庫)
    ◆内容紹介
    解剖中の遺体から発見された告発文。黒い絨毯の上で踊る死者──大学医学部で次々起こる不可解な事件。若き女性解剖学者が医学教室の謎に挑む! 第16回鮎川哲也賞受賞作。
    (2012/5/30発売)
    【四六判を文庫化】
    --------------------

  • : <strong>水晶の鼓動 警視庁捜査一課十一係</strong>

    水晶の鼓動 警視庁捜査一課十一係
    ◆内容紹介
    部屋中真っ赤に染められた「赤い部屋」で殺人事件が起き、新人刑事・如月塔子と相棒の鷹野は遺留品の捜査を開始する。
    時を同じくして、都内各所で連続爆破事件が発生。 果たして、「赤い部屋」の謎と東京の運命は?
    (2012/5/8発売)
    --------------------

  • : <strong>蟻の階段 警視庁捜査一課十一係</strong>

    蟻の階段 警視庁捜査一課十一係
    ◆内容紹介
    新米女刑事・如月塔子が挑む、新たな難事件
    頭蓋骨、白い花、掛け時計、スープ皿――遺体の周りに残された奇妙な四つの品の意味とは? 本格ミステリの緻密さと警察小説の迫力が融合! 好評シリーズ第二弾
    (2011/10/6発売)
    --------------------

  • : <strong>石の繭 警視庁捜査一課十一係</strong>

    石の繭 警視庁捜査一課十一係
    ◆内容紹介
    警視庁捜査一課の女性刑事を描く骨太小説!モルタルで固められた死体と大ポンペイ展の石膏像との関係は?捜査本部にたびたび電話をかけてくる大胆不敵で異常な犯人と、捜査一課の女性刑事との攻防始まる。
    (2011/5/10発売)
    --------------------
          ↑
    2008/10月~2011/4月
        暗黒時代
          ↓
    --------------------

  • : <strong>真夜中のタランテラ</strong>

    真夜中のタランテラ
    長編第2作。
    【在庫なし・文庫化の予定なし】
    (2008/9/30発売)
    --------------------

  • : <strong>ヴェサリウスの柩</strong>

    ヴェサリウスの柩
    第16回鮎川哲也賞受賞作。大学医学部を舞台に「解剖」と「遺体」を描いたミステリーです。献体された「ご遺体」から謎の脅迫状が発見され、その記述に従うように不気味な事件が発生します。【在庫なし】
    (2006/9/30発売)