活動状況

  • ======================
    ■小説関係(2017/6/1)
    ======================
    ●2017年7月、十一係9『奈落の偶像』、十一係7の文庫版『蝶の力学』が発売される予定です。
    ----------------------
    ●2017年3月25日、『永久囚人 警視庁文書捜査官』が発売されました。
    ----------------------
    ●2017年1月25日、『警視庁文書捜査官』(文庫版)が発売されました。
    ----------------------
    ●2016年12月15日、『共犯レクイエム 公安外事五課』が発売されました。
    ----------------------
    ●2016年11月8日、十一係8『雨色の仔羊』が発売されました。また、11月15日には十一係6『女神の骨格』が文庫化されました。
    ----------------------
    ●2016年11月13日~WOWOWにてドラマ『水晶の鼓動』(全5話)が放送されました。

  • ======================
    ■イベント関係(2015/6/21)
    ======================
    ●最近イベント参加が減っております。どのへんが「イベント・シンポジウム日記」なのかわからなくなってきました。

    ●麻見のTwitterアカウントは
    こちらです→ @asamikazushi
無料ブログはココログ

備忘

CHK

カテゴリー「創作関連・麻見和史のこと」の記事

2017年6月14日 (水)

活動状況(2017/6/14) 入れ子構造

 麻見和史です。いつの間にか、もう6月中旬……。先日ようやく、こたつを片づけました。
 以下、最近の活動状況です。

          *

◆概況

 7月に『奈落の偶像』(講談社ノベルス)と『蝶の力学』(講談社文庫)があり、その先の案件も並行して走っているため、現在あっぷあっぷの状態です。
 先に着手していた作業を中断して別件を始め、それを中断してさらに別件を始め……という入れ子構造(プログラミングでいう「ネスト」)になってしまって、なかなか先が見えてきません。ここまできついのは初めてだと思います。まいりました。

 具体的には、

・新作執筆を中断して、締切の早いゲラ1へ。
・ゲラ1を中断して、さらに締切の早いゲラ2へ。
・ゲラ2を中断して、ワンポイントの短文作成へ。
・短文作成を終わらせてゲラ2へ戻る。
・ゲラ2を終わらせてゲラ1へ戻る。←★今ここ。

 という状況でして、一番きつい綱渡りの部分は終わったのですが、まだこのあと第二、第三の難所がありそうです。ひとつずつ、ミスのないよう処理していきたいと思います。

 
◆原稿関係 (■は作業時間の配分状況)

・長編 E ■■■■■
 中断していましたが、明日から再開します。今はこの作業に全力を注ぎます。

・長編 G 
 現在、一時中断しています。

・長編 H 
 現在、一時中断しています。

・長編 J 
 現在、一時中断しています。

・『奈落の偶像』(講談社ノベルス) 
 7月刊行に向け、進行中です。

・『蝶の力学』(講談社文庫)
 7月刊行に向け、進行中です。

 
◆漫画関係

『めしばな刑事タチバナ』 2~3巻

 B級グルメのうんちくはもちろん面白いのですが、タチバナさんのとぼけたキャラクターもいいですよね。夜寝る前にこの漫画をちょっと読むのが、最近の楽しみです。今5巻まで手元にありますが、続けて発注をかけていこうと思います。こうなったらもう、25巻まで付き合おうかな。

 
◆その他

 アニメ『正解するカド』の面白さは圧倒的。これ全部、野﨑まどさんが脚本を書いているようなのですが、小説と違ってアニメはスタッフが多いので、調整が大変なのではないかと思います。私などはあまり共同作業が得意でないため、できる方を尊敬します。

 
[最新の記事はこちら]

[これまでの記事はこちら]

2017年6月 1日 (木)

活動状況(2017/6/1) 長編Eの作業へ

 麻見和史です。なんと、もう6月ですか……。毎日仕事でばたばたしていて、身の回りのことが何もできていない状況です。とりあえず背広をクリーニングに出すことだけは済ませました。
 以下、最近の活動状況です。

          *

◆概況

 7月刊『奈落の偶像』(講談社ノベルス)と『蝶の力学』(講談社文庫)は予定どおり進行しています。そちらが一段落しましたので、次の作業に進みます。

 
◆原稿関係 (■は作業時間の配分状況)

・長編 E ■■■■■■■■
 昨日打ち合わせをしてきました。今日から7日間の予定で作業をします。

・『奈落の偶像』(講談社ノベルス) ■
 7月刊行に向け、進行中です。

・長編 G 
 現在、一時中断しています。長編Eが終わったら再開する予定。

・長編 H 
 今の作業が片づいてからプロットのV2化を。

・『蝶の力学』(講談社文庫)
 7月刊行に向け、進行中です。

・長編 J ■
 あらすじを提出しOKとなりました。後日、詳細プロットに落とし込みます。

 
◆漫画関係

『僕らはみんな河合荘』 9巻

 最新刊を入手。例によってもどかしい展開ですが、読み進めるうち予想外のことが……。ネタバレになるので何も言えませんが、とにかくすばらしい巻でした。そう、こういうのが読みたかったんですよ!

 
『めしばな刑事タチバナ』
 1巻

 佐藤二朗さん主演のドラマを見てから、もう4年。ふと思い立って1巻を読みましたが、いやー面白いですね。ストーリーはおいといて、B級、C級グルメのうんちくがとにかく楽しい。よくこんなに調べたものだと驚くと同時に、こんなに実名を出して大丈夫だろうかと、よけいな心配をしてしまいます。でも、実名だからこそ本当に楽しいんですよね。
 調べたら25巻まで出ているそうで、先はかなり長く、読破するかどうか悩ましいところです。

 
◆その他

 冷凍庫は順調に稼働しています。電気代は、まだ日が浅いので確認できず。少し音がするのが気になりますが、冷食が大量に保存できるので助かっています。
 たとえば冷凍のチーズケーキやモンブラン。6個入りとか8個入りの箱で売っていて、ひとつ200円から250円ぐらいの計算になると思いますが、喫茶店で同じものが450円ぐらいだったのを見たことがあります。

 
[最新の記事はこちら]

[これまでの記事はこちら]

2017年5月24日 (水)

2017年7月の新刊情報

 麻見和史です。講談社さんのサイトに情報が掲載されましたので、以下ご報告させていただきます。

 2017年7月に新刊が二冊発売されることになりました。これも読者のみなさま、書店のみなさまの応援あればこそです。本当にありがとうございます。
 情報は 講談社BOOK倶楽部の発売予定ページ 、7月分のところに載っております。

 一冊目は〈警視庁捜査一課十一係/如月塔子〉シリーズの最新第九作目です。『奈落の偶像 警視庁捜査一課十一係』というタイトルで、講談社ノベルスから7月5日ごろの発売となります(「活動状況」で「長編 F」と呼んでいたもの)。

 ここ何年か、年末近くにシリーズの新作を刊行していましたが、今回は担当編集さまのお力添えもあり、大幅に早めることができました。
 私の場合、6~8月という夏の時期に本が出るのは初めてのことです。この執筆・修正作業があったため、連休中もずっとばたばたしておりました(本当に大変でした……)。

 前作『雨色の仔羊』は偶数巻だったためキャラクターを掘り下げていく話となりましたが、今回は奇数巻。大きな仕掛けを用意していますので、どうかご期待ください。

 二冊目は同シリーズ七作目の文庫化です。2015年12月に講談社ノベルスで刊行された作品を『蝶の力学 警視庁殺人分析班』として講談社文庫に入れていただくことになりました。こちらは7月14日ごろの発売です(「長編 I」と呼んでいたもの)。
 この作品はシリーズのターニングポイントとも言えるものですので、ぜひお読みいただければと思います。

 新刊についての詳細情報は、後日またご報告させていただきます。今後とも、十一係シリーズをどうぞよろしくお願いいたします。

[最新の記事はこちら]
[これまでの記事はこちら]

2017年5月19日 (金)

活動状況(2017/5/19) 冷凍庫を購入

 麻見和史です。もう五月も下旬になろうとしております。早いですね。
 以下、最近の活動状況です。

          *

◆概況

 5月中旬に執筆開始した長編Gはなんとかオンスケジュールです。今月末には別件作業で一時中断となりますが、6月下旬には原稿V1が出来上がる予定です。この作業がきついため、毎日ばたばたしております。

 
◆原稿関係 (■は作業時間の配分状況)

・長編 E
 スケジュールを入手しました。6月あたまに作業する予定です。

・長編 F
 タイトル決定しました。作業は待機中です。

・長編 G ■■■■■■■■
 5月中旬から執筆を始めました。苦戦しています。

・長編 H 
 今の作業が片づいてからプロットのV2化を。

・長編 I 
 第一段階終了。待機中。

・長編 J ■■ 
 あらすじ作成中です。タイトルも決めなくては……。

 
◆漫画関係

『皇国の守護者』 1~5巻(完結)

 前から評判だけは聞いていたのですが、架空戦記/仮想戦記は読み慣れていないため、自分に楽しめるものだろうかと少し警戒しながら手にとりました。1巻で「おや」となり、2巻で「なんだこれは」と驚かされ、あとは怒濤の勢いで5巻まで。
 これ、傑作ではないですか! 設定された状況が過酷すぎて読むのがつらい。でもページをめくる手が止まらない。もっと早く手に入れるべきでした。
 原作者佐藤大輔先生は3月にご逝去されたそうで、本当に残念なことです。

 
◆その他

・先般、冷凍庫を設置しました。業務用スーパーで冷凍食品を大量に買ってきて詰め込んでいます。フレンチフライ用のじゃがいもは2キロも購入しました。小さいサイズがなかったので……。

 
[最新の記事はこちら]

[これまでの記事はこちら]

2017年5月11日 (木)

講談社文庫 春の100冊 2017

 麻見和史です。遅くなってしまいましたが、フェア関連の情報です。

 現在「講談社文庫 春の100冊 2017」フェア開催中だそうです。4月中旬から5月中旬ぐらいまででしょうか。
 如月塔子ものの第一作、『石の繭 警視庁殺人分析班』もこのフェアのラインナップに入れていただいております。詳しくは こちらのページ をごらんください。
 対象の本を1冊買うと『天才バカボン』のブックカバーがひとつもらえるとのこと。 

 昨日、外出先でこのフェアを見ることができました。協力してくださっている書店さま、どうもありがとうございます。100冊に加えてくださった講談社さまにもお礼申し上げます。

 お店で見かけましたら、どうぞよろしくお願いいたします。

[最新の記事はこちら]
[これまでの記事はこちら]

2017年5月 3日 (水)

活動状況(2017/5/3) 作業量を増やします

 麻見和史です。あっという間にもう5月。焦っております。
 以下、最近の活動状況です。

          *

◆概況

 毎度ばたばたしていますが、6月末まで、またスケジュール的に厳しくなりそうです。5月中旬から大きな作業があるため、気が抜けません。
 現在、一日の作業量はだいたい一節(章の中の「1」とか「2」とかの一区切り)なのですが、これを一時的に増やすことにしました。しばらく忙しい日が続きます。

 
◆原稿関係 (■は作業時間の配分状況)

・長編・E
 ただいま連絡待ちです。連休明けぐらいに作業? ★変更なし。

・長編・F ■■
 V3を提出して、大きな作業は一段落となりました。タイトルを検討中。

・長編・G
 5月中旬から執筆予定。全力で取り組みます。

・長編・H ■
 プロットのV2化を急ぎます。

・長編・I ■■■■■■■
 明日から作業に入ります。

 
◆漫画関係

『兄の嫁と暮らしています。』 1巻

 タイトルは意味ありげですが、まったく健全な話でした。主人公の女子高生が、兄のお嫁さんと一緒に暮らすというストーリー。ふたりの距離が縮まっていく様子が読みどころとなるようです。

 
◆その他

・ポテトチップスが品薄で手に入りません。
・ばたばたしていてWindows10パソコンの設定は全然進まず。
・ブラウン管式の古いテレビを処分することにしました。

2017年4月26日 (水)

活動状況(2017/4/26) 連休中も通常どおり…

 麻見和史です。昨日、久しぶりに銀座に出かけてきました。商業施設・ギンザシックスがオープンしたというので覗いてみましたが、高級ファッションに縁がないものですから、ちょっとアウェー感が……。とはいえ、銀座はやはりいいですね。特別な町という感じがします。

 以下、最近の活動状況です。

          *

◆原稿関係 (■は作業時間の配分状況)

・長編・E
 ただいま連絡待ちです。連休明けぐらいに作業? ★変更なし。

・長編・F ■■■■■
 V2を提出しました。今週V3化の打ち合わせをさせていただきます。

・長編・G
 5月から6月ごろ執筆予定。全力で取り組みます。

・長編・H ■
 プロットのV2化を急ぎます。

・長編・I ■■■■
 来週、作業を行います(連休中も通常どおり働いております)。

 
◆漫画関係

『小林さんちのメイドラゴン』 2~5巻
 これで、刊行されている分はすべて読んでしまいました。ああ、もっと読みたい……。3巻あたりから作者の力量がぐんぐん上がってきたようで、とても頼もしく感じられます。登場人物同士の距離を再確認していくストーリー展開には、いろいろと考えさせられました。単なるギャグ漫画ではないことがよくわかります。

 
◆アニメ関係

『おそ松さん』の再放送を見ています。2期の製作が決定したそうで、また大いに盛り上がりそうですよね。

 
◆その他

・単眼鏡を買いました。安いものですが、けっこうよく見えます。
・Windows10パソコンの設定は全然進まず。いつになったら動くようになるのか……。
・最近、「ラーメンにひと足しペースト 魚粉」という商品を、カップ麺に入れるようになりました。これは、かなりいけます。

2017年4月10日 (月)

活動状況(2017/4/10) 新作長編脱稿

 麻見和史です。1カ月休みなしで執筆作業をしていたので、春になったという実感が全然ありません。でも脱衣所とトイレのヒーターを使わなくなったということは、だいぶ気温が高くなったということですよね。

 以下、最近の活動状況です。

          *

◆新刊関係

『永久囚人 警視庁文書捜査官』
 3月25日に発売されました。前作では小さな謎が多数出てきましたが、第二弾となる今回は太い幹となる謎をひとつ設定し、それを追いかけていく展開となっています。
 謎の小説『永久囚人』を書いたのは誰か。その小説の全体像はどうなっているのか。鳴海理沙班長と部下の矢代に加えて、新メンバー・夏目静香も登場します。どうぞよろしくお願いいたします。

 
◆原稿関係

・長編・E
 ただいま連絡待ちです。連休明けぐらいに作業?

・新作長編・F
 今朝、本編V1の執筆が終了しました。今回は本当にスケジュールがきつくて、IT系でいうデスマーチのような状態に陥ってしまいました。私の場合、プロットをきちんと作ってから書くのが普通なのですが、時間がないため見切り発車で執筆を開始。
 前半はまだよかったのですが、後半になると、明日書く分のプロット(あらすじ)を今日作るような形に……。さらに終盤になるともうあっぷあっぷで、今日書く分のプロットを、当日の午前中に作っていました。毎回きついきついと言っていますが、ここまできつかったのは本当に初めてです。
 苦しい作業の中、一点、これは助かったということがありました。今回は自分の知っているジャンルの話だったので、調査・取材にあまり時間をかけずに済んだのです。そうでなければ間に合わなかったかもしれません。危ないところでした。

・新作長編・G
 5月から6月ごろ(?)執筆予定。★変更なし。

・新作長編・H
 4月にプロットV1の打ち合わせをさせていただきます。★変更なし。

 
◆漫画関係

『小林さんちのメイドラゴン』 1巻
 アニメが大変よかったので原作1巻を買ってみました。小林さん(女性)がネクタイをしているのはなぜなのか、それが説明される日がくるのか、気になります。1巻表紙のトールはちょっと悪そうな顔をしてますよね。
★2017/4/11追記。続いて2巻を読んだところ、明らかに1巻より深みが増して、牽引力が強くなった印象でした。3巻も買います。

『恋は雨上がりのように』 7巻
 アニメ化決定と帯に書いてあってびっくりしました。これは楽しみ。ちなみに私の脳内キャストだと、店長は1巻からずっと藤原啓治さんなんですが……。
 あきらの物語が少しゆっくり気味になった中、ここで喜屋武(きゃん)がクローズアップされるとは。こうしてみると、喜屋武もいいキャラクターですよね。そちらの展開も楽しみになってきました。

[最新の記事はこちら]
[これまでの記事はこちら]

2017年3月28日 (火)

『永久囚人』関連(2) ときわ書房本店様(サイン本情報)

 麻見和史です。昨日、千葉県船橋市の ときわ書房本店 様にお邪魔して、『永久囚人 警視庁文書捜査官』(KADOKAWA)のサイン本を作成させていただきました。
 

01
 
 1月に発売された文庫版『警視庁文書捜査官』の続編です。『永久囚人』は四六判単行本での刊行となっています。

 私の作品は『◆の◆』というタイトルが多いのですが、今回は『永久囚人 警視庁文書捜査官』ということで、漢字が12文字も並ぶ形になりました。


02_2

 色紙もご用意させていただきました。作中に出てくるダイイングメッセージをご紹介しています。これはいったい何を意味するのか?

 船橋・千葉方面にお越しの際に、お立ち寄りいただけましたら幸いです。
 また、ときわ書房本店様では通信販売もされているそうですので、ぜひサイトをチェックしてみてください。

 サイトはこちら
  → ときわ書房本店様
  → ときわ書房様・通信販売ページ

 どうぞよろしくお願いいたします。

[最新の記事はこちら]
[これまでの記事はこちら]

2017年3月23日 (木)

『永久囚人』関連(1) カバーデザインとあらすじ

 麻見和史です。新刊情報です。
 3月25日ごろ、『永久囚人 警視庁文書捜査官』(KADOKAWA)が四六判単行本で発売されます。1月に文庫化された『警視庁文書捜査官』の続編となります。

 先日、ネット書店サイトに書影が出ましたのでご紹介いたします。

 

画像

 
 文庫化された『警視庁文書捜査官』と同様、奥行きが感じられるカバーデザインになっています。文字の配置が独特で印象に残ります。メインタイトルの中にサブタイトルが入れ子のように記してあり、この作品の特徴がよく表れています。
 装丁の片岡忠彦さん、本当にありがとうございました。

 あらすじは次のとおりです。

奇妙な幻想小説どおりに殺人事件が! 文字マニア・鳴海理沙警部補が謎に迫る

文字を偏愛する鳴海理沙班長が率いる捜査一課文書解読班。そこへ、ダイイングメッセージの調査依頼が舞い込んできた。ある稀覯本に事件の発端があるとわかり、作者を追っていくと、さらなる謎が待ち受けていた。

 このシリーズは、文字や文書の謎を読み解いていく「文書捜査官」、鳴海理沙たちの活躍を描くものです。
 前作『警視庁文書捜査官』ではレシートのメモやアルファベットカードの謎を追っていきましたが、今回はダイイングメッセージと稀覯本(きこうぼん)について捜査することになります。

 文庫版『警視庁文書捜査官』の解説で村上貴史さんが書いてくださいましたが、シリーズ第二弾となる本作では新メンバーが加わります。鳴海理沙、矢代朋彦とともに捜査を進めるのは、いったいどんな人物なのか? どうかご期待ください。

『永久囚人 警視庁文書捜査官』は3月25日ごろの発売となります(お住まいの地域により、少し日にちが変わる可能性があります)。
 謎解きを重視した警察ミステリーとなっています。どうぞよろしくお願いいたします。

[最新の記事はこちら]
[これまでの記事はこちら]

より以前の記事一覧

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

作品リスト

  • 蝶の力学 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)
    ◆作品内容
    遺体の首に挿された青い花。猟奇的な装飾に戦慄する殺人分析班は、新聞社に届いた挑戦状らしきメールに言葉を失う。
    (2017/7/15発売予定)
    【ノベルスを文庫化】
    ----------------------
  • 奈落の偶像 警視庁捜査一課十一係
    ◆作品内容
    〈警視庁捜査一課十一係/如月塔子〉シリーズ最新第九作。日本最大の繁華街で起きた殺人事件に、女性刑事・如月が挑む!
    (2017/7/6発売予定)
    ----------------------
  • : <strong>永久囚人 警視庁文書捜査官</strong>

    永久囚人 警視庁文書捜査官
    ◆内容紹介
    殺人予告か非業の手記か──。謎の小説を解読せよ! 奇妙な幻想小説どおりに殺人事件が! 文字マニア・鳴海理沙警部補が謎に迫る。
    (2017/3/25発売)
    ----------------------

  • : <strong>警視庁文書捜査官 (角川文庫)</strong>

    警視庁文書捜査官 (角川文庫)
    ◆内容紹介
    捜査一課に設置された文書解読班。文章心理学を学んだ鳴海理沙警部補は、右手首が切断された不可解な殺人事件を捜査する。現場に残されたカードの意味とは?
    (2017/1/25発売)
    【四六判を文庫化】
    ----------------------

  • : <strong>共犯レクイエム―公安外事五課 (ハルキ文庫)</strong>

    共犯レクイエム―公安外事五課 (ハルキ文庫)
    ◆内容紹介
    〈裏切者(モグラ)は誰だ!? 上司を、同僚を、監視する女〉──公安部に異動になった篠原早紀は、東欧スパイを調査する傍ら、組織内の裏切者を探すことに…。
    (2016/12/15発売)
    【文庫書き下ろし】
    ----------------------

  • : <strong>女神の骨格 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)</strong>

    女神の骨格 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)
    ◆内容紹介
    洋館で火災が発生。鎮火後、隠し部屋で発見された白骨遺体は、頭部が男性、胴体が女性だった! この家でいったい何が? 如月塔子シリーズ第六弾の文庫化。
    (2016/11/15発売)
    【ノベルスを文庫化】
    ----------------------

  • : <strong>雨色の仔羊 警視庁捜査一課十一係</strong>

    雨色の仔羊 警視庁捜査一課十一係
    ◆内容紹介
    SOSメッセージの書かれたタオルを手掛かりに、如月塔子と鷹野は捜査を開始するが…。事件の鍵を握るのは九歳の少年? 十一係シリーズ第八弾。
    (2016/11/8発売)
    ----------------------

  • : <strong>死者の盟約 特捜7</strong>

    死者の盟約 特捜7
    ◆内容紹介
    傷のない遺体の顔に、なぜ犯人は包帯を巻いていったのか? 心配性の岬と楽天家の里中が捜査を開始する。TVドラマ化された『特捜7 銃弾』の続編!
    (2016/3/22発売)
    ----------------------

  • : <strong>聖者の凶数 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)</strong>

    聖者の凶数 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)
    ◆内容紹介
    アパートの空き部屋で、顔と両腕を損壊された遺体が見つかった。腹に書かれた「27」は何を意味するのか。如月塔子と鷹野は年末の上野界隈で捜査を開始するが…。
    (2016/1/15発売)
    【ノベルスを文庫化】
    ----------------------

  • : <strong>蝶の力学 警視庁捜査一課十一係</strong>

    蝶の力学 警視庁捜査一課十一係
    ◆内容紹介
    資産家夫妻の殺人・誘拐事件が発生。相棒離脱の中、如月塔子はこの猟奇的な事件を解決できるのか? シリーズ第七弾!
    (2015/12/3発売)
    ----------------------

  • : <strong>深紅の断片 警防課救命チーム</strong>

    深紅の断片 警防課救命チーム
    ◆内容紹介
    「少女が閉じ込められている」それは犯人からの119番通報だった…。命を弄ぶ凶悪犯に立ち向かうのは、命を助ける術しか持たない、救急隊!
    (2015/5/27発売)
    ----------------------

  • : <strong>虚空の糸 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)</strong>

    虚空の糸 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)
    ◆内容紹介
    刺殺遺体が握っていたナイフの意味とは。犯人は二億円を用意できなければ、都民を一人ずつ殺害すると予告。殺人分析班が推理する!
    (2015/5/15発売)
    【ノベルスを文庫化】
    --------------------

  • : <strong>警視庁文書捜査官</strong>

    警視庁文書捜査官
    ◆内容紹介
    文章心理学を使って殺人犯を追跡する捜査官・鳴海理沙登場!
    (2015/1/29発売)
    --------------------

  • : <strong>女神の骨格 警視庁捜査一課十一係</strong>

    女神の骨格 警視庁捜査一課十一係
    ◆内容紹介
    発見された白骨は、男性の頭部と女性の胴体だった。刑事・如月塔子が事件の真相を追う!
    (2014/12/3発売)
    --------------------

  • : <strong>屑の刃 重犯罪取材班・早乙女綾香 (幻冬舎文庫)</strong>

    屑の刃 重犯罪取材班・早乙女綾香 (幻冬舎文庫)
    ◆内容紹介
    腹部に煙草の吸い殻と空き缶を押し込まれた遺体。CS放送記者・早乙女綾香が取材に走る!
    (2014/10/9発売)
    【文庫書き下ろし】
    --------------------

  • : <strong>特捜7: 銃弾</strong>

    特捜7: 銃弾
    ◆内容紹介
    警官殺しと両腕のない死体。一課のエースと変わり者の女性刑事が謎を追う!
    (2014/5/22発売)
    --------------------

  • : <strong>水晶の鼓動 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)</strong>

    水晶の鼓動 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)
    ◆内容紹介
    殺人現場は、部屋中真っ赤に染められた「赤い部屋」だった。東京を震撼させる連続爆破事件との関連はあるのか――。
    (2014/5/15発売)
    【ノベルスを文庫化】
    --------------------

  • : <strong>聖者の凶数 警視庁捜査一課十一係</strong>

    聖者の凶数 警視庁捜査一課十一係
    ◆内容紹介
    顔と腕が損壊された死体。その腹部には《27》という謎の数字が記されていた。新米女刑事・如月が挑む、もっとも残酷で哀しい事件!
    (2013/12/5発売)
    --------------------

  • : <strong>蟻の階段 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)</strong>

    蟻の階段 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)
    ◆内容紹介
    惨殺死体と共に発見されたのは頭蓋骨・白い花・掛け時計・スープ皿。一体何を意味するのか。殺人分析班が卓越した推理力で犯人に挑む。
    (2013/10/16発売)
    【ノベルスを文庫化】
    --------------------

  • : <strong>石の繭 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)</strong>

    石の繭 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)
    ◆内容紹介
    モルタルで固められた惨殺死体発見――犯人より愛宕署特捜本部へ電話が。
     新米女性刑事・塔子が交渉相手となったが。本格警察ミステリーの白眉。
    (2013/5/15発売)
    【ノベルスを文庫化】
    --------------------

  • : <strong>虚空の糸 警視庁捜査一課十一係</strong>

    虚空の糸 警視庁捜査一課十一係
    ◆内容紹介
    「見抜いた!」と思ったら“見抜かされていた”、この衝撃!――宇田川拓也さん(ときわ書房本店)
    人質は東京都民1300万人。前代未聞の警視庁脅迫事件!
    (2013/4/4発売)
    --------------------

  • : <strong>ヴェサリウスの柩(創元推理文庫)</strong>

    ヴェサリウスの柩(創元推理文庫)
    ◆内容紹介
    解剖中の遺体から発見された告発文。黒い絨毯の上で踊る死者──大学医学部で次々起こる不可解な事件。若き女性解剖学者が医学教室の謎に挑む! 第16回鮎川哲也賞受賞作。
    (2012/5/30発売)
    【四六判を文庫化】
    --------------------

  • : <strong>水晶の鼓動 警視庁捜査一課十一係</strong>

    水晶の鼓動 警視庁捜査一課十一係
    ◆内容紹介
    部屋中真っ赤に染められた「赤い部屋」で殺人事件が起き、新人刑事・如月塔子と相棒の鷹野は遺留品の捜査を開始する。
    時を同じくして、都内各所で連続爆破事件が発生。 果たして、「赤い部屋」の謎と東京の運命は?
    (2012/5/8発売)
    --------------------

  • : <strong>蟻の階段 警視庁捜査一課十一係</strong>

    蟻の階段 警視庁捜査一課十一係
    ◆内容紹介
    新米女刑事・如月塔子が挑む、新たな難事件
    頭蓋骨、白い花、掛け時計、スープ皿――遺体の周りに残された奇妙な四つの品の意味とは? 本格ミステリの緻密さと警察小説の迫力が融合! 好評シリーズ第二弾
    (2011/10/6発売)
    --------------------

  • : <strong>石の繭 警視庁捜査一課十一係</strong>

    石の繭 警視庁捜査一課十一係
    ◆内容紹介
    警視庁捜査一課の女性刑事を描く骨太小説!モルタルで固められた死体と大ポンペイ展の石膏像との関係は?捜査本部にたびたび電話をかけてくる大胆不敵で異常な犯人と、捜査一課の女性刑事との攻防始まる。
    (2011/5/10発売)
    --------------------
          ↑
    2008/10月~2011/4月
        暗黒時代
          ↓
    --------------------

  • : <strong>真夜中のタランテラ</strong>

    真夜中のタランテラ
    長編第2作。
    【在庫なし・文庫化の予定なし】
    (2008/9/30発売)
    --------------------

  • : <strong>ヴェサリウスの柩</strong>

    ヴェサリウスの柩
    第16回鮎川哲也賞受賞作。大学医学部を舞台に「解剖」と「遺体」を描いたミステリーです。献体された「ご遺体」から謎の脅迫状が発見され、その記述に従うように不気味な事件が発生します。【在庫なし】
    (2006/9/30発売)