活動状況

  • ======================
    ■小説関係(2017/6/1)
    ======================
    ●2017年7月、十一係9『奈落の偶像』、十一係7の文庫版『蝶の力学』が発売される予定です。
    ----------------------
    ●2017年3月25日、『永久囚人 警視庁文書捜査官』が発売されました。
    ----------------------
    ●2017年1月25日、『警視庁文書捜査官』(文庫版)が発売されました。
    ----------------------
    ●2016年12月15日、『共犯レクイエム 公安外事五課』が発売されました。
    ----------------------
    ●2016年11月8日、十一係8『雨色の仔羊』が発売されました。また、11月15日には十一係6『女神の骨格』が文庫化されました。
    ----------------------
    ●2016年11月13日~WOWOWにてドラマ『水晶の鼓動』(全5話)が放送されました。

  • ======================
    ■イベント関係(2015/6/21)
    ======================
    ●最近イベント参加が減っております。どのへんが「イベント・シンポジウム日記」なのかわからなくなってきました。

    ●麻見のTwitterアカウントは
    こちらです→ @asamikazushi
無料ブログはココログ

備忘

CHK

カテゴリー「イベント・シンポジウム」の記事

2017年6月26日 (月)

第17回本格ミステリ大賞贈呈式

 麻見和史です。第17回本格ミステリ大賞贈呈式に参加させていただきました。
 去年は家人が相次いで入院したため欠席となったのですが、今年は問題なく会場に向かうことができました。

 以下、ツイッターに投稿したものを転載します(一部修正あり)。
 コピーするだけでは何なので、いつもブログをご覧くださっている方のために少し説明を追加しました。

--------------------

先日、本格ミステリ大賞贈呈式に参加させていただきました。毎回、私などがお邪魔してよいものだろうかと少し心配になります。「んー? 見慣れない顔だな。おまえ本格ミステリ作家じゃないだろう」と言われるのではないかと……。でも会場に行ってみると先輩作家さんたちは皆さんとても親切でした。→

--------------------

 去年欠席してしまったのでなんとなく行きづらいなあと思っていたのですが、先輩作家さんたち、特に役員の方々はとても親切で紳士的でした。どうもありがとうございます。考えてみればこの贈呈式への参加も四回目なので、そんなに心配することはなかったのかもしれません。

 今年も総会から出席しました。本格ミステリ作家クラブではこれからさらに会員を増やしていきたいとのこと。

 今年の小説部門は竹本健治先生の『涙香迷宮』、評論・研究部門は喜国雅彦さん・国樹由香さんの『本格力  本棚探偵のミステリ・ブックガイド』でした。おめでとうございます。

--------------------

→私こういうパーティーというのが苦手でして、知っている人が全然いなかったらどうしようと思っていたのですが(心配性)、幸いA先生やS先生、Y先生などお会いしたことのある方がいらっしゃって、ほっとしました。特にY先生、どうもありがとうございます。我が心の友よ!(すみません)→

--------------------

 ツイッターではお名前を出しませんでしたが、ご本人が贈呈式の様子をツイートされていたので書いてよいでしょうか。A先生というのは芦辺拓先生でした。2006年に私が鮎川賞をいただいたころからずっと、こうしたパーティーではお世話になっています。いつもありがとうございます。

--------------------

→今回の本ミス大賞では、鮎川賞関連の先輩であるN先生にご挨拶することができました。紹介してくださったK先生、どうもありがとうございました。おふたりとも業界で長く活躍されていて、本当にすごいと思います。私など、ここ数年でやっと食べていけるようになったばかりですので。→

--------------------

→出版社の方ともお会いすることができました。せっかく声をかけていただいたのに、ばたばたしていてきちんとご挨拶できないケースもあり、申し訳ありませんでした。恥ずかしいのですが咄嗟にどなたか思い出せず、ネームプレートを読もうとしているうちに時間がたってしまって……ということも。→

--------------------

 ある方と名刺交換していたとき、別の方に声をかけていただいたため、私のほうでご挨拶がうまくできず申し訳ありませんでした。この一点だけが心残りです。
 髪型や眼鏡、服装などが変わると雰囲気が大きく変わることって、ありますよね。特に編集さんは普段の打ち合わせではラフな恰好をなさっていることが多いので、パーティーでスーツ姿などをお見かけすると「あれっ。あの人かな、いや違うかな」と迷ってしまいまして……(釈明)。

 本ミスのパーティー、今年はビール一杯とワイン一杯をいただきました。しかしお料理をいただくのを忘れていました。

--------------------

→普段ひとりでずっと原稿の作業をしているので、たまにこうしてパーティーに呼んでいただけるといろいろ刺激を受けますし、勉強にもなります。大勢の作家さんたちを見て、自分も頑張らなければと、気持ちを新たにした夜でありました。

--------------------

 今回お世話になったみなさま、どうもありがとうございました。来年もまたよろしくお願いいたします。

 
[最新の記事はこちら]
[これまでの記事はこちら]

2015年6月28日 (日)

第15回本格ミステリ大賞贈呈式

 麻見和史です。第15回本格ミステリ大賞贈呈式に参加してきました。

 本格ミステリ作家クラブに入会させていただいて3年目になります。麻見は警察小説作家なのでは? と言われそうですが、じつは鮎川哲也賞という本格ミステリの賞でデビューさせていただきました。その後、警察小説を書くようになりましたが、「謎解き」の面白さを出していけるよう日々努力を続けております。
 まだ成果を出せずにいるのですが、警察小説の読者さんにも本格ミステリに興味を持っていただきたい、という大きな目標があります。そういうわけですので、本ミスクラブの末席を汚すことをお許しください。

          *

 まず総会へ。当初は自分のような新米が総会に出るのはどうだろう……という気持ちもあったのですが、よそでは聞けないような情報が得られるため、とても勉強になっています。今年も活発な議論が行われました。

 総会のあとは去年と同じようにラウンジでコーヒー。先輩作家さん数名から、ためになる体験談を聞かせていただきました。貴重なお話、どうもありがとうございました。

 パーティーの時間になったので、本格ミステリ大賞の贈呈式会場へ移動。
 小説部門は麻耶雄嵩先生の『さよなら神様』、評論・研究部門は霜月蒼先生の 『アガサ・クリスティー完全攻略』です。両先生、おめでとうございます。

 贈呈式に続いてパーティーとなりました。知り合いの編集者さんに仕事の遅れをお詫びし、新しく配属になった人と名刺交換し、ビールを飲んでお料理をいただきました。
 パーティーの後半、久しぶりに深水黎一郎提督(*1)にお会いできたので、
「提督! 『最後のトリック』についてお訊きしたいことが……」
 と話しかけたところ、大ヒットの裏話を聞かせていただくことができました。

 今回お世話になったみなさま、どうもありがとうございました。来年もどうぞよろしくお願いいたします。

 (*1)深水黎一郎先生は「艦これ」のプレイヤーとして有名である。

[最新の記事はこちら]
[これまでの記事はこちら]

2014年11月29日 (土)

角川三賞贈呈式

 麻見和史です。久しぶりに業界人っぽい話題です。

 KADOKAWAさんから来年『警視庁文書捜査官』が刊行される関係で、28日、角川三賞の贈呈式にご招待いただきました。以下、そのレポートです。

          *

 第五回山田風太郎賞は荻原浩先生の『二千七百の夏と冬』が受賞。選考経過の説明は林真理子先生から。

 第三十四回横溝正史ミステリ大賞は藤崎翔さんの『神様の裏の顔』が受賞。選考経過の説明は黒川博行先生から。

 第二十一回日本ホラー小説大賞は、大賞が雪富千晶紀さんの『死呪の島』、佳作が岩城裕明さんの『牛家』、読者賞が内藤了さんの『ON 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子』が受賞。今、読者賞というのがあるんですね。選考経過の説明は宮部みゆき先生から。

 横溝賞の藤崎さんはお笑い芸人をやっていた方だけあって、キャラが立っていました。会場は爆笑の渦に(やや誇張)。
 黒川先生が、これから作家として書き続けていくことは大変だと思うので頑張ってほしい(大意)、とおっしゃっていましたが、これ、本当にそうです。私が思うに、書き手本人の努力は当然必要ですが、じつはそれ以上に大事なのが、伴走してくれる編集さんの存在です。この先、藤崎さんがいい編集さんたちと次々出会えることをお祈りしています。

          *

 贈呈式のあとは別フロアで祝賀会。
 角川三賞のパーティーって乾杯をしないんですね。いや、もしかしたら前のほうでは、やっていたんでしょうか。私はずっとうしろのほうにいたので、全体の流れを把握できていなかったのかも。

 編集さん何人かにご挨拶し、「おかげさまで私もパーティーに呼んでいただけるようになりました」と感謝の気持ちをお伝えしました。ほんの数年前までは絵に描いたような「売れない作家」だったわけですから、こういう場所に来られるようになったことを本当に嬉しく思います。疫病神に取り憑かれた、あのどん底の時代には、もう二度と戻りたくありません。

 ここ数年、私の調子が上向いてきたのは、優れた編集さんたちのおかげです。もちろん自分でも大車輪で頑張ってきましたが、上から引っ張り上げてくれる人がいなければ良い結果は出ません。周りの人たちに支えられているから、読者の方々に作品をお届けすることができるわけです。現在、こうした環境で新作を執筆できることに感謝しております。

 ところで、私のいた場所が悪かったのか、今日は知っている作家さんにほとんどお会いすることができませんでした。ただひとり、芦辺拓先生がワッフルを食べていらっしゃったので、ご挨拶しました。

[最新の記事はこちら]
[これまでの記事はこちら]

2014年11月 2日 (日)

生中継なし

 麻見和史です。今年の鮎川哲也賞贈呈式、やっぱり行けませんでした。

 自分のスケジュール管理が悪いせいなのですが、やってもやっても仕事が片づかず、とても出かけられる状況ではなくなってしまいました。

「まあ仕方ない。ネットで生中継を見よう」と思っていたら、なんと今年は生中継なしだった!
 来週、録画したものが配信されるようなので、それを待つことにします。

 それにしてもフォアグラ丼がなつかしい……。

[最新の記事はこちら]
[これまでの記事はこちら]

2014年6月28日 (土)

第14回本格ミステリ大賞贈呈式

 麻見和史です。第14回本格ミステリ大賞贈呈式に参加してきました。

 総会終了後、先輩作家さんたちとラウンジでコーヒー。いろいろと、ためになる話を聞かせていただきました。最近、鮎川哲也賞の贈呈式には出ていないので、年に一度の本ミス贈呈式は、私にとって大事な情報収集の場となっています。

 お茶のあと、本格ミステリ大賞の贈呈式会場へ移動。
 小説部門は森川智喜先生の『スノーホワイト 名探偵三途川理と少女の鏡は千の目を持つ』 、評論・研究部門は内田隆三先生の『ロジャー・アクロイドはなぜ殺される?』に決定しました。おめでとうございます。

 贈呈式に続いて、パーティーとなりました。
 じつは事務系のことでわからない点があり、今日は三人の方にお話をうかがいたいと思って参加しました。幸い三人ともいらっしゃったので、疑問点はすべて解決。先生方、どうもありがとうございました。

[最新の記事はこちら]
[これまでの記事はこちら]

2013年12月31日 (火)

キャビンアテンダントのお仕事講演会

 麻見和史です。千葉県立現代産業科学館で『飛べ!大空に ~とばすワザ とぶフシギ~』という企画展がありましたが、関連イベントとして『パイロット・キャビンアテンダントのお仕事講演会』が開かれました。

          *

 日本航空のキャビンアテンダント・Sさんによる講演会である。スライドを見せながら、ある一日の仕事を紹介するという内容。
 場所柄、子供さんが多いということもあるだろうが、わずか15分ぐらいで終わってしまったのは残念だった
。苦労話などもまじえて、1時間ぐらいやっていただけるかと思っていたのですが……。

 ただ、お話のあとに質問コーナーが設けられたのは嬉しかった。これが15分ほど。
 せっかくなので私も手を挙げ、質問してみた。かなり具体的でマニアックな内容だったため、「こんな質問が出るとは思っていませんでした」とSさんは苦笑いしておられた。
 じつは、いずれ飛行機ネタをやりたいと思い、以前から資料を集めていたのである。その中で一点どうしてもわからないことがあり、質問させていただいたというわけです。
 わかりやすく答えていただき、ありがとうございました。大変参考になりました。

 質疑応答で出た旅客機関係のエピソードを、ひとつご紹介します。
 機体うしろのほうの乗客が、「変な声が聞こえるような気がする」と訴えた。超常現象か?
 じつは機体下部、貨物室の後方に動物を乗せていて、それがときどき鳴いていたのだった。空の上で動物の声が聞こえてきたら、たしかに怖いですよね。

[最新の記事はこちら]
[これまでの記事はこちら]

2013年11月 1日 (金)

第23回鮎川哲也賞贈呈式(中継)

 麻見和史です。諸般の事情で今年も参加できなかった鮎川哲也賞贈呈式ですが、現場の様子はニコニコ生放送で見せていただきました。
 ただ、うちのパソコンの調子が悪くて、最初の五分間が見られなかったのは残念。

 今年の鮎川賞は市川哲也さんの『名探偵の証明』、ミステリーズ!新人賞は櫻田智也さんの「サーチライトと誘蛾灯」に決まったとのこと。おめでとうございます。

 面白かったのは櫻田さんの挨拶。「ある日電車に乗っていたら、反対側のドアからひとりの男性が乗ってきて……」と始まったときには、はてこの話はどこに行き着くんだろうと思いましたが、まさかあんなオチが用意されていたとは。

 来年は会社の創立60周年だそうで、いつもとは違う贈呈式になるのかもしれません。そんなことをちょっと考えている、と社長がおっしゃってました。楽しみですね。

 さて、この仕事が片づいたら、ひとり寂しくビールを飲むとしますか……。

[最新の記事はこちら]
[これまでの記事はこちら]

2013年6月16日 (日)

第13回本格ミステリ大賞贈呈式

 麻見和史です。今までずっと無所属だったのですが、このたび本格ミステリ作家クラブに入会させていただくことができました。お世話になったみなさま、どうもありがとうございました。

 現在私は警察小説を書いていますが、毎回、謎解き要素は必ず入れるようにしています。今後は、その謎の純度を高めていけるよう、頑張ります。

          *

 総会のあと、第13回本格ミステリ大賞贈呈式が行われました。
 小説部門は大山誠一郎先生の『密室蒐集家』、評論・研究部門は福井健太先生の『本格ミステリ鑑賞術』が受賞しました。おめでとうございます。

 贈呈式に続いてパーティーとなりました。
 当方、デビューして7年目ですが、こういう場にはなかなか慣れません。どうしようかと不安に思っていましたが、面識のある先生がいらっしゃったので、ほっとしました。

 出版各社の方も多数参加していて、ちょこちょこと名刺交換させていただくことができました。

 いろいろと勉強になり、大変有意義な一日でありました。

[最新の記事はこちら]
[これまでの記事はこちら]

2012年10月 6日 (土)

第22回鮎川哲也賞贈呈式(中継)

 麻見和史です。今年は諸事情あって欠席させていただいた鮎川哲也賞贈呈式ですが、作品の講評や社長挨拶はユーストリームでしっかり見せていただきました。これ、じつに便利ですね。中継を見ていると、行った気になれます。

 今年の鮎川賞受賞者・青崎有吾さんは明治大学の学生さんだそうですね。最近の鮎川賞は私のころと違って、受賞の翌年には二作目が出るみたいですから、ぜひ頑張ってほしいと思います。

 40分ぐらいで中継が終わったので、あとはひたすら仕事。そのあと、ひとりで第三のビールを飲みました。
 べ……別に寂しくなんかないですよ。

[最新の記事はこちら]
[これまでの記事はこちら]

2012年7月 6日 (金)

第19回東京国際ブックフェア

 麻見和史です。ビックサイトで開催されている東京国際ブックフェアに行ってきました。

          *

 午後、国際展示場に到着。気温は30度を超えている。もうすっかり夏である。

01
 毎度おなじみ、ビックサイトに続く道。

 西館で、第19回東京国際ブックフェア、第1回クリエイターEXPO、第16回国際電子出版EXPOを見学した。どれかひとつで受付をすれば、西館のイベントはすべて出入り自由。
 コーヒーの無料券をもらったが、暑いので遠慮しておいた。

02
 受付に行列が……。中に入るのに10分ぐらいかかる。

 今日の目玉は、今年からスタートしたクリエイターEXPOである。
 文章、漫画、イラスト、写真などを創作する人たちが、出版社などに作品を売り込むという催しだ。当方、このイベントのことは去年から知っており、どんな感じになるかと気にしていた。

 主催者が作った資料には、
「出版社など各種メディアへ直接売込めます」
「作品の評価を得ることができます」
「ビジネスパートナーに出会えます」
 とある。実際のところ、どうなのだろう。早速、会場を覗いてみた。

 出展者はそれぞれ展示パネルと机を用意し、商談相手が来るのを待っている。就職説明会では企業のブースを求職者が回るが、あれの逆だと考えればわかりやすい。
 初めてであるにもかかわらず、今年は400人ものクリエイターが参加したそうだ。これはすごい。

 かなり盛況で、中には通り抜けるのが難しいような場所もあった。クリエイターと熱心に話す人もあちこちに……。あれは業界の人なのだろうか。

 一回りしてみたが、やはりイラストや写真のほうが有利かな、と感じた。うしろのパネルに作品を貼っておけば、どういうものを作る人なのか、すぐにわかるからだ。それに対して小説などの文章は、短時間で内容を伝えるのが難しい。売り込むのにも工夫が必要となりそうだ。
 注目されるための方法としては、(1)パネルにプロフィールや得意分野などを大きく書く、(2)形になった作品を机に並べておく、といったところだろうか。プロとセミプロが混在しているので、商業出版に関わったことのある方は、みなさんそれをアピールしていた。

 ひとりだけ知っている方が出展されていたので、ご挨拶した。突然ですみませんでした。商談の邪魔にならないよう、早めに切り上げてきた。

          *

 続いてブックフェアを見学。講談社ブースで写真撮影可、とされていたものを撮ってきた。

03
『宇宙兄弟』のロケット模型。大人気であります。

 今年もあちこちで《書籍2割引》という貼り紙を見かけた。一部の出版社では、サイン本も販売されていた模様。こういうのを見ると「電車賃をかけて来た甲斐があった」と実感できる。

 最後は、2階に上がって電子出版EXPOを見学。
 2012年の後半は、楽天の電子書籍リーダー「kobo Touch」とAmazonの「kindle」が、しのぎを削ることになるのだろうか。

[最新の記事はこちら]
[これまでの記事はこちら]

より以前の記事一覧

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

作品リスト

  • 蝶の力学 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)
    ◆作品内容
    遺体の首に挿された青い花。猟奇的な装飾に戦慄する殺人分析班は、新聞社に届いた挑戦状らしきメールに言葉を失う。
    (2017/7/15発売予定)
    【ノベルスを文庫化】
    ----------------------
  • 奈落の偶像 警視庁捜査一課十一係
    ◆作品内容
    〈警視庁捜査一課十一係/如月塔子〉シリーズ最新第九作。日本最大の繁華街で起きた殺人事件に、女性刑事・如月が挑む!
    (2017/7/6発売予定)
    ----------------------
  • : <strong>永久囚人 警視庁文書捜査官</strong>

    永久囚人 警視庁文書捜査官
    ◆内容紹介
    殺人予告か非業の手記か──。謎の小説を解読せよ! 奇妙な幻想小説どおりに殺人事件が! 文字マニア・鳴海理沙警部補が謎に迫る。
    (2017/3/25発売)
    ----------------------

  • : <strong>警視庁文書捜査官 (角川文庫)</strong>

    警視庁文書捜査官 (角川文庫)
    ◆内容紹介
    捜査一課に設置された文書解読班。文章心理学を学んだ鳴海理沙警部補は、右手首が切断された不可解な殺人事件を捜査する。現場に残されたカードの意味とは?
    (2017/1/25発売)
    【四六判を文庫化】
    ----------------------

  • : <strong>共犯レクイエム―公安外事五課 (ハルキ文庫)</strong>

    共犯レクイエム―公安外事五課 (ハルキ文庫)
    ◆内容紹介
    〈裏切者(モグラ)は誰だ!? 上司を、同僚を、監視する女〉──公安部に異動になった篠原早紀は、東欧スパイを調査する傍ら、組織内の裏切者を探すことに…。
    (2016/12/15発売)
    【文庫書き下ろし】
    ----------------------

  • : <strong>女神の骨格 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)</strong>

    女神の骨格 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)
    ◆内容紹介
    洋館で火災が発生。鎮火後、隠し部屋で発見された白骨遺体は、頭部が男性、胴体が女性だった! この家でいったい何が? 如月塔子シリーズ第六弾の文庫化。
    (2016/11/15発売)
    【ノベルスを文庫化】
    ----------------------

  • : <strong>雨色の仔羊 警視庁捜査一課十一係</strong>

    雨色の仔羊 警視庁捜査一課十一係
    ◆内容紹介
    SOSメッセージの書かれたタオルを手掛かりに、如月塔子と鷹野は捜査を開始するが…。事件の鍵を握るのは九歳の少年? 十一係シリーズ第八弾。
    (2016/11/8発売)
    ----------------------

  • : <strong>死者の盟約 特捜7</strong>

    死者の盟約 特捜7
    ◆内容紹介
    傷のない遺体の顔に、なぜ犯人は包帯を巻いていったのか? 心配性の岬と楽天家の里中が捜査を開始する。TVドラマ化された『特捜7 銃弾』の続編!
    (2016/3/22発売)
    ----------------------

  • : <strong>聖者の凶数 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)</strong>

    聖者の凶数 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)
    ◆内容紹介
    アパートの空き部屋で、顔と両腕を損壊された遺体が見つかった。腹に書かれた「27」は何を意味するのか。如月塔子と鷹野は年末の上野界隈で捜査を開始するが…。
    (2016/1/15発売)
    【ノベルスを文庫化】
    ----------------------

  • : <strong>蝶の力学 警視庁捜査一課十一係</strong>

    蝶の力学 警視庁捜査一課十一係
    ◆内容紹介
    資産家夫妻の殺人・誘拐事件が発生。相棒離脱の中、如月塔子はこの猟奇的な事件を解決できるのか? シリーズ第七弾!
    (2015/12/3発売)
    ----------------------

  • : <strong>深紅の断片 警防課救命チーム</strong>

    深紅の断片 警防課救命チーム
    ◆内容紹介
    「少女が閉じ込められている」それは犯人からの119番通報だった…。命を弄ぶ凶悪犯に立ち向かうのは、命を助ける術しか持たない、救急隊!
    (2015/5/27発売)
    ----------------------

  • : <strong>虚空の糸 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)</strong>

    虚空の糸 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)
    ◆内容紹介
    刺殺遺体が握っていたナイフの意味とは。犯人は二億円を用意できなければ、都民を一人ずつ殺害すると予告。殺人分析班が推理する!
    (2015/5/15発売)
    【ノベルスを文庫化】
    --------------------

  • : <strong>警視庁文書捜査官</strong>

    警視庁文書捜査官
    ◆内容紹介
    文章心理学を使って殺人犯を追跡する捜査官・鳴海理沙登場!
    (2015/1/29発売)
    --------------------

  • : <strong>女神の骨格 警視庁捜査一課十一係</strong>

    女神の骨格 警視庁捜査一課十一係
    ◆内容紹介
    発見された白骨は、男性の頭部と女性の胴体だった。刑事・如月塔子が事件の真相を追う!
    (2014/12/3発売)
    --------------------

  • : <strong>屑の刃 重犯罪取材班・早乙女綾香 (幻冬舎文庫)</strong>

    屑の刃 重犯罪取材班・早乙女綾香 (幻冬舎文庫)
    ◆内容紹介
    腹部に煙草の吸い殻と空き缶を押し込まれた遺体。CS放送記者・早乙女綾香が取材に走る!
    (2014/10/9発売)
    【文庫書き下ろし】
    --------------------

  • : <strong>特捜7: 銃弾</strong>

    特捜7: 銃弾
    ◆内容紹介
    警官殺しと両腕のない死体。一課のエースと変わり者の女性刑事が謎を追う!
    (2014/5/22発売)
    --------------------

  • : <strong>水晶の鼓動 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)</strong>

    水晶の鼓動 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)
    ◆内容紹介
    殺人現場は、部屋中真っ赤に染められた「赤い部屋」だった。東京を震撼させる連続爆破事件との関連はあるのか――。
    (2014/5/15発売)
    【ノベルスを文庫化】
    --------------------

  • : <strong>聖者の凶数 警視庁捜査一課十一係</strong>

    聖者の凶数 警視庁捜査一課十一係
    ◆内容紹介
    顔と腕が損壊された死体。その腹部には《27》という謎の数字が記されていた。新米女刑事・如月が挑む、もっとも残酷で哀しい事件!
    (2013/12/5発売)
    --------------------

  • : <strong>蟻の階段 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)</strong>

    蟻の階段 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)
    ◆内容紹介
    惨殺死体と共に発見されたのは頭蓋骨・白い花・掛け時計・スープ皿。一体何を意味するのか。殺人分析班が卓越した推理力で犯人に挑む。
    (2013/10/16発売)
    【ノベルスを文庫化】
    --------------------

  • : <strong>石の繭 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)</strong>

    石の繭 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)
    ◆内容紹介
    モルタルで固められた惨殺死体発見――犯人より愛宕署特捜本部へ電話が。
     新米女性刑事・塔子が交渉相手となったが。本格警察ミステリーの白眉。
    (2013/5/15発売)
    【ノベルスを文庫化】
    --------------------

  • : <strong>虚空の糸 警視庁捜査一課十一係</strong>

    虚空の糸 警視庁捜査一課十一係
    ◆内容紹介
    「見抜いた!」と思ったら“見抜かされていた”、この衝撃!――宇田川拓也さん(ときわ書房本店)
    人質は東京都民1300万人。前代未聞の警視庁脅迫事件!
    (2013/4/4発売)
    --------------------

  • : <strong>ヴェサリウスの柩(創元推理文庫)</strong>

    ヴェサリウスの柩(創元推理文庫)
    ◆内容紹介
    解剖中の遺体から発見された告発文。黒い絨毯の上で踊る死者──大学医学部で次々起こる不可解な事件。若き女性解剖学者が医学教室の謎に挑む! 第16回鮎川哲也賞受賞作。
    (2012/5/30発売)
    【四六判を文庫化】
    --------------------

  • : <strong>水晶の鼓動 警視庁捜査一課十一係</strong>

    水晶の鼓動 警視庁捜査一課十一係
    ◆内容紹介
    部屋中真っ赤に染められた「赤い部屋」で殺人事件が起き、新人刑事・如月塔子と相棒の鷹野は遺留品の捜査を開始する。
    時を同じくして、都内各所で連続爆破事件が発生。 果たして、「赤い部屋」の謎と東京の運命は?
    (2012/5/8発売)
    --------------------

  • : <strong>蟻の階段 警視庁捜査一課十一係</strong>

    蟻の階段 警視庁捜査一課十一係
    ◆内容紹介
    新米女刑事・如月塔子が挑む、新たな難事件
    頭蓋骨、白い花、掛け時計、スープ皿――遺体の周りに残された奇妙な四つの品の意味とは? 本格ミステリの緻密さと警察小説の迫力が融合! 好評シリーズ第二弾
    (2011/10/6発売)
    --------------------

  • : <strong>石の繭 警視庁捜査一課十一係</strong>

    石の繭 警視庁捜査一課十一係
    ◆内容紹介
    警視庁捜査一課の女性刑事を描く骨太小説!モルタルで固められた死体と大ポンペイ展の石膏像との関係は?捜査本部にたびたび電話をかけてくる大胆不敵で異常な犯人と、捜査一課の女性刑事との攻防始まる。
    (2011/5/10発売)
    --------------------
          ↑
    2008/10月~2011/4月
        暗黒時代
          ↓
    --------------------

  • : <strong>真夜中のタランテラ</strong>

    真夜中のタランテラ
    長編第2作。
    【在庫なし・文庫化の予定なし】
    (2008/9/30発売)
    --------------------

  • : <strong>ヴェサリウスの柩</strong>

    ヴェサリウスの柩
    第16回鮎川哲也賞受賞作。大学医学部を舞台に「解剖」と「遺体」を描いたミステリーです。献体された「ご遺体」から謎の脅迫状が発見され、その記述に従うように不気味な事件が発生します。【在庫なし】
    (2006/9/30発売)