活動状況

  • ======================
    ■小説関係(2017/8/7)
    ======================
    ●2017年8月29日ごろ『水葬の迷宮 警視庁特捜7』が発売されます。これは『特捜7 銃弾』の文庫版となります。
    ----------------------
    ●2017年7月6日、十一係9『奈落の偶像』が発売されました。また7月14日、十一係7の文庫版『蝶の力学』が発売されました。
    ----------------------
    ●2017年3月25日、『永久囚人 警視庁文書捜査官』が発売されました。
    ----------------------
    ●2017年1月25日、『警視庁文書捜査官』(文庫版)が発売されました。
    ----------------------
    ●2016年12月15日、『共犯レクイエム 公安外事五課』が発売されました。
    ----------------------
    ●2016年11月13日~WOWOWにてドラマ『水晶の鼓動』(全5話)が放送されました。

  • ======================
    ■イベント関係(2015/6/21)
    ======================
    ●最近イベント参加が減っております。どのへんが「イベント・シンポジウム日記」なのかわからなくなってきました。

    ●麻見のTwitterアカウントは
    こちらです→ @asamikazushi
無料ブログはココログ

備忘

CHK

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月の記事

2016年2月29日 (月)

『死者の盟約』関連(2) あらすじ

 麻見和史です。書籍関連の情報です。

 2月27日に放送された『特捜セブン~警視庁捜査一課7係』(土曜ワイド劇場)は、ミステリー小説『特捜7 銃弾』 を原作としたドラマでした。
 その続編『死者の盟約 特捜7』が3月に新潮社さんから刊行されるのですが、このたび少し長めのあらすじが公開されました。

 このあらすじはAmazon社サイト などに掲載されています。

顔を包帯で巻かれた絞殺体の謎。同時に起きる誘拐事件と連続殺人。 TVドラマ化『特捜7』第2弾! 傷一つない死体の顔に、なぜ犯人は包帯を巻いたのか? 警視庁捜査一課七係「特捜7」が動き出す。心配性のエース岬怜司を補佐するのは、超楽天家の里中宏美。事件発生と同時に、被害者の息子が誘拐され、犯人は「父親を電話に出せ」と要求してきた。二つの事件は誰の仕業か? 奇妙にもつれ合う事件の連続に「特捜7」が挑む!

 ということで、第二弾『死者の盟約』にもあの天然刑事・里中宏美が登場します! 彼女の変人ぶりは本作でも健在。例によって心配性の岬を困惑させながら、複雑な事件を追っていきます。

 特捜7シリーズ第二弾『死者の盟約』は3月22日ごろ発売の予定です。どうぞよろしくお願いいたします。

[最新の記事はこちら]
[これまでの記事はこちら]

2016年2月28日 (日)

ドラマ『特捜セブン』(8) 放送終了・原作者コメント

 麻見和史です。土曜ワイド劇場『特捜セブン~警視庁捜査一課7係の放送は無事終了いたしました。お忙しい中ご覧くださったみなさま、本当にありがとうございました。

 さて、放送が終わってから当ブログのアクセス数を見たところ、3500件もあって仰天しました。普段は一日で100件前後なので、その35倍ぐらいということになります。これが地上波放送の影響力というものでしょうか。とにかく驚きました。

 せっかくブログをご覧いただいた方のために、取り急ぎ、ドラマについてのコメントを書かせていただこうと思います。以下はTwitterに投稿した内容の転載です(一部変更しました)。

--------------------

『特捜セブン』放送終了(1)。おかげさまで『特捜セブン』の放送は無事終了しました。ご視聴くださったみなさま、どうもありがとうございました。原作は原稿用紙換算で750枚以上あるので、それを2時間にまとめるのは大変な作業だったと思います。プロデューサー様や脚本家様、監督様にお礼申し上げます。

--------------------

『特捜セブン』放送終了(2)。750枚ほどの原作を2時間で放送するにはストーリーをかなり変える必要があり、それにともなって犯人周辺の人間関係や過去の出来事も変更になっています。小説とドラマはそれぞれ別の良さを持っていますので、それぞれのストーリーを楽しんでいただければと思います。

--------------------

『特捜セブン』放送終了(3)。とは言うもののドラマでは説明しきれない所があり、疑問が残ったという方もいらっしゃると思います。特にラスト近くで「なぜあれがあそこから見つかったのか」について、原作では詳しく説明されています。興味をお持ちくださった方、ぜひ原作をお読みいただければと思います。

--------------------

 以下、補足です。
 時間の関係もあってドラマではカットされていましたが、じつは原作にはもうひとつ事件があり、もうひとり被害者が出ます。

 それから、終盤のサスペンスシーンも内容がかなり違っていまして(場所も異なります)、原作のラストではなんと里中が活躍するのです。
 今回のドラマでは前半に里中の変人ぶりが描かれており、息抜きのシーンとして機能していましたが、残念ながら終盤はあまり出番がありませんでした。しかし原作では最後に里中がとんでもないことをします。里中がいったい何をしたのかお知りになりたい方、ぜひ原作小説をお読みください(そのほか、原作には里中と岬の「ボケ・ツッコミ」も数多く描かれております)。

 原作本『特捜7 銃弾』(新潮社)の紹介ページはこちらです。

  http://www.shinchosha.co.jp/book/335711/

 なお、繰り返しになりますが、ドラマにはドラマの面白さ、特にスピード感というものがありますので、小説との単純な比較はできないものと思います。どちらにも良いところがあります。
 ですが、もし小説にも興味があるという方がいらっしゃったら、ぜひ原作をお読みいただきたいと思っております。

 どうぞよろしくお願いいたします。

[最新の記事はこちら]
[これまでの記事はこちら]

2016年2月27日 (土)

ドラマ『特捜セブン』(7) ミステリー要素について

 麻見和史です。土曜ワイド劇場『特捜セブン~警視庁捜査一課7係は本日よる9時からの放送です。今までの刑事ドラマとは一味違った作品になっていますので、ぜひご覧ください。

 昨日は原作『特捜7 銃弾』の人物設定に触れましたが、今日はミステリー設定について書いてみます。

          *

 もともと私の作風は「ミステリー的な要素の濃い警察小説」ということで、捜査の途中にヒントをちりばめ、最後に謎解きをするスタイルとなっています。『特捜7 銃弾』でもその趣向は取り入れてあります。

 本作では、冒頭でレインスーツを着せられた射殺死体が見つかり、被害者は交番勤務の警察官だったことがわかって捜査一課が動きだす……という流れになります。
 そのあと銃撃犯を追って捜査が進むため、サスペンスドラマとしての面が強調されていくのですが、じつはそれだけでは終わりません。

 テレビ朝日さんで公開されているあらすじの範囲内で言うと、警察官が射殺されたこと、拳銃が奪われたこと、目立つ形で遺体が放置されていたこと、などがミステリー要素を牽引していく鍵となります。
 次に襲われるのは誰か。犯人の狙いはいったい何なのか? ぜひ放送を見ながら推理していただきたいと思います。

          *

 ドラマ『特捜セブン』は2月27日(土)よる9時からの放送となります。
 キャストやあらすじは土曜ワイド劇場HPでご覧いただけます。
  http://www.tv-asahi.co.jp/dwide/

 また、原作本『特捜7 銃弾』(新潮社)の紹介ページはこちらです。
  http://www.shinchosha.co.jp/book/335711/

 どうぞよろしくお願いいたします。

[最新の記事はこちら]
[これまでの記事はこちら]

2016年2月26日 (金)

ドラマ『特捜セブン』(6) キャラクター作りの思い出

 麻見和史です。土曜ワイド劇場『特捜セブン~警視庁捜査一課7係は明日放送となります。どうぞよろしくお願いいたします。

 今日は、原作『特捜7 銃弾』執筆時のキャラクター作りについて、当時を思い出しながら書いてみたいと思います。

          *

『特捜7 銃弾』が刊行されたのは2014年5月のことで、執筆はその前年から、プロット(あらすじ)作りはさらにその前年、2012年の夏ごろから始まっていました(ミステリー小説は構想開始から刊行まで、けっこう時間が必要なのです)。

 第一稿を編集担当氏に渡してから何回か手直しを行い、ストーリーはおおむねこれでいいだろう、となりました。しかしその先、ゴールの手前に難所が待ちかまえていました。
 担当氏から、もう少しキャラクターを面白くできないか、という課題を与えられたのです。

 たしかにこの時点では、登場人物たちはかなりおとなしい印象でした。岬はイケメンで正義感は強いものの、標準的な刑事という感じ。里中も真面目な女性刑事で、岬のアシスタント的な役割を果たしていました。
 しかし担当氏いわく、
「もっとこう、変なキャラにできませんかね」
「えっ、変なキャラですか?」
「そう。なんかこう、少しぶっとんだような」

 新潮社さんの警察小説といえば硬派なものが多い、という印象があります。そこへ変なキャラを出してしまっていいのかどうか……。かなり悩みました。

 ──でも、担当さんがそう言うのなら挑戦してみようか。やりすぎたら止めてくれるだろうし。
 そんなわけで、数週間かけてキャラクターを変更しました。

 まず里中ですが、見た目からへんてこにしようと考え、体に合わないだぶだぶのパンツスーツを着せました。それから、妙な倹約家でポケットに訳のわからないグッズをたくさん詰め込んでいる、ということにしました。

 里中を変わり者にしたところ、その影響で、相棒の岬が振り回されるという構図が出来ました。ならば岬は心配性にしよう、里中のボケに対して「おいおい」とつっこむことにしようと決め、そこから先はスムーズに作業が進みました。
 佐倉響子は負けず嫌いな美人刑事、阿部は風水好きな中年刑事、馬見塚はパソコンマニアで……という具合です。

 ちょっと笑いの方向に走りすぎたかな、と思いながら担当氏に改訂稿を送ったところ、しばらくして連絡がありました。
 おそるおそる感想を訊くと、
「やりましたね! いやあ、笑っちゃいましたよ」
「そうですか。あれでよかったんですね」
 ということで、原作小説『特捜7 銃弾』のキャラクターが出来上がりました。

 一方、ドラマ版のほうは「サスペンス重視」ということもありますので、笑いの要素は控えめになっています。2時間ドラマファンのみなさま、その点はどうかご安心ください(とは言いながら、里中役・臼田あさ美さんの登場シーンには期待大です)。

          *

 ドラマ『特捜セブン』は2月27日(土)よる9時からの放送となります。
 キャストやあらすじは土曜ワイド劇場HPでご覧いただけます。
  http://www.tv-asahi.co.jp/dwide/

 また、原作本『特捜7 銃弾』(新潮社)の紹介ページはこちらです。
  http://www.shinchosha.co.jp/book/335711/

 どうぞよろしくお願いいたします。

[最新の記事はこちら]
[これまでの記事はこちら]

2016年2月25日 (木)

ドラマ『特捜セブン』(5) 作品の見どころ

 麻見和史です。ドラマ『特捜セブン~警視庁捜査一課7係関連の情報です。

 放送日が近づいてきた『特捜セブン』ですが、原作者からその見どころについて、少しお伝えしたいと思います。

 原作小説『特捜7 銃弾』を執筆する際、注意した点が三つありました。

(1)特捜本部vs.殺人犯という構図を際立たせる
 警察小説というと重厚な人間ドラマが描かれることもありますが、本作ではできるだけ組織と個人の揉め事は書かないようにしました。チーム一丸となって凶悪犯に立ち向かうという構図にしたほうが、物語にスピード感が出ると考えたからです。

(2)ミステリー本来の面白さを前面に押し出す
 警察小説はミステリーの一ジャンルだと思っていますので、謎解きの面白さをしっかり出していこうと考えました。被害者がレインスーツを着せられていたのはなぜか。どうして警察官が襲われたのか。犯人の目的はいったい何なのか。それらが最後に明かされるという構成になっています。

(3)キャラクターを工夫する
 捜査シーンが退屈にならないよう、原作では里中宏美というキャラクターを変わり者として描きました。あえて変な人物を出すことで、物語が単調になるのを避けようという狙いがありました。

 ミステリーとして楽しめる警察小説を作りたい、という気持ちから、私は『特捜7 銃弾』を執筆しました。今回テレビ朝日さんで制作してくださったドラマには、小説の骨子がしっかり活かされ、雰囲気もよく出ていると思います。
 ぜひ、事件の真相を推測しながらドラマをご覧いただければと思います。よろしくお願いいたします。

          *

 ドラマ『特捜セブン』は2月27日(土)よる9時からの放送となります。
 キャストやあらすじは土曜ワイド劇場HPでご覧いただけます。
  http://www.tv-asahi.co.jp/dwide/

 また、原作本『特捜7 銃弾』(新潮社)の紹介ページはこちらです。
  http://www.shinchosha.co.jp/book/335711/

 どうぞよろしくお願いいたします。

[最新の記事はこちら]
[これまでの記事はこちら]

2016年2月23日 (火)

ドラマ『特捜セブン』(4) おもな登場人物

 麻見和史です。ドラマ『特捜セブン~警視庁捜査一課7係関係の情報です。

 Twitterのほうにも書いたのですが、油断するとその情報がどこにあるかわからなくなってしまうので、ブログにも転載いたします(一部変更しました)。

--------------------

先日、土曜ワイド劇場『特捜セブン』の予告を見ました。今から楽しみです。タイトルですが、主人公・岬の所属が捜査一課七係であること、七人の刑事が出てくることから「セブン」となっています(原作は『特捜7』)。中村俊介さん演じる主人公は一匹狼ではなく、チームで捜査を行います。

--------------------

『特捜セブン』で中村俊介さんとコンビを組むのは臼田あさ美さんです。コント番組「LIFE!」での演技が光っていましたが、今回は刑事役。予告を見て「臼田さんひとりだけ浮いているなあ」と思った方、正解です! 臼田さんが演じる里中という刑事は、そういうキャラクターなのです。

--------------------

一方『特捜セブン』には佐倉響子という刑事も出てきまして、今回演じてくださったのは釈由美子さんです。かっこいい捜査員として活躍しています。釈さんのブログに撮影当時のことが書かれていますので、リンクさせていただきます。

該当のページはこちら

--------------------

 臼田あさ美さんは、このドラマでちょっと風変わりな捜査員を演じています。中村俊介さんと釈由美子さんは正統派の刑事という印象ですが、そこに臼田さんが加わることで全体の雰囲気ががらりと変わります。原作『特捜7 銃弾』でもそうなっていまして、臼田さんの役どころは大変重要だと言えます。

 去年の秋、釈さんのブログには撮影の様子が書かれていました(もちろん作品名は伏せてありました)。当時から私はそのことに気づいていたのですが、まだドラマ化が発表される前でしたので、当ブログでのご紹介は控えておりました。わかっているのに言えないというのは、なかなかつらいものです。

          *

 ドラマ『特捜セブン』は2月27日(土)よる9時からの放送となります。
 キャストやあらすじは土曜ワイド劇場HPでご覧いただけます。
  http://www.tv-asahi.co.jp/dwide/

 また、原作本『特捜7 銃弾』(新潮社)の紹介ページはこちらです。
  http://www.shinchosha.co.jp/book/335711/

 どうぞよろしくお願いいたします。

[最新の記事はこちら]
[これまでの記事はこちら]

2016年2月21日 (日)

『死者の盟約』関連(1) 刊行予定

 麻見和史です。書籍関連の情報です。

 2月27日に土曜ワイド劇場で『特捜7 銃弾』を原作としたドラマが放送されますが、このたび続編の小説が新潮社さんから刊行されることになりました。

 タイトルは『死者の盟約 特捜7』です。前作同様、心配性のイケメン刑事・岬怜司が難事件に取り組みます。

 現時点で公になっているあらすじは次のとおりです。Amazon社サイト などでご覧いただけます。

顔を包帯で巻かれた遺体が発見され、同時に誘拐事件が発生した。そして再び奇妙な死体が……。TVドラマ化された『特捜7』第二弾!

 さらに詳しいあらすじなどが公表されたら、またご報告いたします。
 特捜7シリーズの第二弾『死者の盟約』は四六判で、3月22日ごろ発売される予定です。どうぞよろしくお願いいたします。

[最新の記事はこちら]
[これまでの記事はこちら]

2016年2月20日 (土)

ドラマ『特捜セブン』(3) 撮影現場見学

 麻見和史です。ドラマ関係の情報です。

 俳優・中村俊介さんのブログで、『特捜セブン』のことが紹介されました。それについて私がTwitterに書いた文章がありますので、このブログにも転載いたします(一部変更しました)。

--------------------

中村俊介さんのブログに『特捜セブン~警視庁捜査一課7係』のことが書かれています。私が撮影現場にお邪魔したときの写真があるのですが、こうして見ると、俳優さんと一般人の差が歴然…。一瞬の撮影でもかっこよく写る俳優さんはすごいと思いました。

該当のページはこちら

--------------------

『特捜7 銃弾』の岬怜司は温厚で実直。空回りしがちな新米刑事・里中をあたたかく見守るキャラクターです。中村俊介さんはそのイメージにぴったりだと思いました。実際にお会いしてみましたが、いつも穏やかだし、気さくに話しかけてくださるし、とても感じのいい方でした。

--------------------

 俳優さんは写真撮影に慣れていらっしゃるので、いつカメラを向けられてもかっこいいポーズがとれるようです。それに比べて私ときたら、体にも表情にも締まりがなく、お恥ずかしい限りです。作家は人前で何かをする商売ではありませんが、それにしても、もう少し見栄えのいい姿になれるよう努力したいと思います。

 中村さんのブログには、去年9月末から10月にかけてボルダリングやウォールクライミングなどを練習する様子が書かれていました。それらは『特捜セブン』のためだったというわけです。当時私はそのブログ記事を見て、「あ、撮影が近いんですね。頑張ってください!」とひそかに応援していました。

 撮影を見にいきたいなあと思っていたら、プロデューサーさまから新潮社さん経由で連絡があり、「現場に来ませんか」とのこと。大喜びで見学にお邪魔しました。
 中村俊介さんはとても優しい感じの方でした。私などは「中村さんといえばイケメン」と簡単に言ってしまいますが、実際にお会いしてみるとただかっこいいだけでなく、常に気をつかって行動されていることがわかります。スケジュールが遅れがちな撮影現場で、いい雰囲気を作っていこうと周りに働きかけていらっしゃるのだと思います。

 現場ではプロデューサーさま、監督さま、出演者のみなさま、スタッフのみなさまに大変お世話になりました。本物の撮影現場を拝見できて、とても勉強になりました。心よりお礼を申し上げます。

 土曜ワイド劇場、本日2月20日の放送は人気シリーズ『広域警察(7)』です。楽しみですね。ドラマの途中で『特捜セブン』の予告も流れるはずなので、見逃さないようにしたいと思います。

          *

 ドラマ『特捜セブン』のあらすじは土曜ワイド劇場HPでご覧いただけます。
  http://www.tv-asahi.co.jp/dwide/

 また、原作本『特捜7 銃弾』(新潮社)の紹介ページはこちらです。
  http://www.shinchosha.co.jp/book/335711/

 どうぞよろしくお願いいたします。

[最新の記事はこちら]
[これまでの記事はこちら]

2016年2月10日 (水)

『蝶の力学』関連(6) ノベルス版・在庫状況につきまして

 麻見和史です。商品の在庫状況についてお知らせいたします。
(★2017/7/22追記。これはノベルス版に関する記事です。現在『蝶の力学』は文庫版が発売されています)

 如月塔子シリーズ第七弾『蝶の力学 警視庁捜査一課十一係』(講談社ノベルス)が手に入らないんだけど、どうなっているの? というご質問を何件かいただいております。

 昨年暮れにネット書店大手のAmazonでも在庫がなくなって取り寄せが必要となり、現在では発注自体ができなくなっています。ほかのネット書店でも在庫なしという表示が多いようです。
 また、町の書店で取り寄せようとしたところ、出版社にも在庫がなくて注文できなかった、というお話もうかがっています。みなさまには大変ご迷惑をおかけしております。

 講談社さんの『蝶の力学』紹介ページ(こちら )に[ネット書店で探す]という項目がありましたので、個人的に在庫状況を調べてみました(2016/2/10現在)。

Amazon……在庫なし
e-hon……在庫なし
エルパカ……在庫なし
紀伊國屋書店……在庫なし
セブンネットショッピング……在庫なし
TSUTAYAオンラインショッピング……在庫なし
ブックサービス……★在庫あり(1500円以上購入で送料無料)
honto……在庫なし
Honya Club……在庫なし
MARUZEN & JUNKUDOネットストア ……★在庫あり(送料無料)
楽天ブックス……在庫なし

 という結果になりました。

 このほか船橋市のときわ書房さんでは、送料がかかりますが、サイン本のWeb通販を行っています(こちら)。

『蝶の力学』がなかなか手に入らないという方、お手数をおかけしますが、在庫のあるネット書店のご利用をご検討いただけましたら幸いです。

 どうぞよろしくお願いいたします。

★2016/2/25追記。おかげさまで重版が決定いたしました。3月末までには出来上がるとのことですので、今しばらくお待ちくださいますようお願いいたします。

[最新の記事はこちら]
[これまでの記事はこちら]

2016年2月 2日 (火)

ドラマ『特捜セブン』(2) キャスト発表

 麻見和史です。テレビ朝日系・土曜ワイド劇場で2月27日放送予定のドラマに関するお知らせです。

 正式タイトルは『特捜セブン~警視庁捜査一課7係』となりました。原作のタイトルは『特捜7 銃弾』ですが、以後ドラマについては『特捜セブン』と表記することにします。

 本日、テレビ朝日さんの土曜ワイド劇場サイトで、ドラマのあらすじとキャストが公開されました。

 ◆テレビ朝日・土曜ワイド劇場
  └◆特捜セブン~警視庁捜査一課7係

 以下、キャストについてTwitterに書いた文章を、こちらのブログにも転載いたします(一部修正しました)。

--------------------

2/27の土曜ワイド劇場『特捜セブン』のキャストが発表されました。

 岬怜司…中村俊介
 里中宏美…臼田あさ美
 佐倉響子…釈由美子
 阿部刑事…遠山俊也
 染谷吾郎…春田純一
 三田村沙奈絵…遊井亮子
 三田村耕治…デビット伊東
 原尚樹…佐藤汛
 荒木一課長…川野太郎

以上のみなさんです。

--------------------

ドラマ『特捜セブン』の情報は土曜ワイド劇場HPでご覧いただけます(2/27放送予定)。
http://www.tv-asahi.co.jp/dwide/

また、原作本『特捜7 銃弾』(新潮社)の紹介ページはこちらです。
http://www.shinchosha.co.jp/book/335711/

どうぞよろしくお願いいたします。

--------------------

ドラマ『特捜セブン』について(1)。
岬は真面目で温厚、正義感が強いという設定で、これは中村俊介さんにぴったりです。一方、「天然」女性刑事・里中役は「LIFE!~人生に捧げるコント」の臼田あさ美さん。変わり者である里中というキャラを、臼田さんが見事に演じてくださっています。

--------------------

ドラマ『特捜セブン』について(2)。
元鑑識の刑事・佐倉響子役は釈由美子さんです。原作を執筆するとき、編集担当氏と「岬はイケメン、佐倉は美人という設定にしましょう」と相談し、そのように書きました。今回、釈さんが演じてくださって本当によかったと思っています。

--------------------

ドラマ『特捜セブン』について(3)。
土曜ワイド劇場HPに載っている方以外にも、今回多くの俳優さんに出演していただきました(ブログ、Twitterなどに書かれた出演情報を拝見しております)。みなさま、本当にありがとうございました。

--------------------

 今回のドラマ化にあたり、スタッフの方々にも大変お世話になりました。心よりお礼申し上げます。

 原作では警察小説とミステリーを組み合わせているため、このドラマでもストーリー展開を楽しんでいただけることと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

[最新の記事はこちら]
[これまでの記事はこちら]

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

作品リスト

  • : <strong>水葬の迷宮: 警視庁特捜7</strong>

    水葬の迷宮: 警視庁特捜7
    ◆内容紹介
    2014年に刊行された『特捜7 銃弾』の文庫版です。
    (2017/8/29ごろ発売予定)
    【四六判を文庫化】
    ----------------------

  • : <strong>蝶の力学 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)</strong>

    蝶の力学 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)
    ◆内容紹介
    遺体の首に挿された青い花。猟奇的な装飾に戦慄する殺人分析班は、新聞社に届いた挑戦状らしきメールに言葉を失う。
    (2017/7/14発売)
    【ノベルスを文庫化】
    ----------------------

  • : <strong>奈落の偶像 警視庁捜査一課十一係</strong>

    奈落の偶像 警視庁捜査一課十一係
    ◆内容紹介
    〈警視庁捜査一課十一係/如月塔子〉シリーズ最新第九作。日本最大の繁華街で起きた殺人事件に、女性刑事・如月が挑む!
    (2017/7/6発売)
    ----------------------

  • : <strong>永久囚人 警視庁文書捜査官</strong>

    永久囚人 警視庁文書捜査官
    ◆内容紹介
    殺人予告か非業の手記か──。謎の小説を解読せよ! 奇妙な幻想小説どおりに殺人事件が! 文字マニア・鳴海理沙警部補が謎に迫る。
    (2017/3/25発売)
    ----------------------

  • : <strong>警視庁文書捜査官 (角川文庫)</strong>

    警視庁文書捜査官 (角川文庫)
    ◆内容紹介
    捜査一課に設置された文書解読班。文章心理学を学んだ鳴海理沙警部補は、右手首が切断された不可解な殺人事件を捜査する。現場に残されたカードの意味とは?
    (2017/1/25発売)
    【四六判を文庫化】
    ----------------------

  • : <strong>共犯レクイエム―公安外事五課 (ハルキ文庫)</strong>

    共犯レクイエム―公安外事五課 (ハルキ文庫)
    ◆内容紹介
    〈裏切者(モグラ)は誰だ!? 上司を、同僚を、監視する女〉──公安部に異動になった篠原早紀は、東欧スパイを調査する傍ら、組織内の裏切者を探すことに…。
    (2016/12/15発売)
    【文庫書き下ろし】
    ----------------------

  • : <strong>女神の骨格 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)</strong>

    女神の骨格 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)
    ◆内容紹介
    洋館で火災が発生。鎮火後、隠し部屋で発見された白骨遺体は、頭部が男性、胴体が女性だった! この家でいったい何が? 如月塔子シリーズ第六弾の文庫化。
    (2016/11/15発売)
    【ノベルスを文庫化】
    ----------------------

  • : <strong>雨色の仔羊 警視庁捜査一課十一係</strong>

    雨色の仔羊 警視庁捜査一課十一係
    ◆内容紹介
    SOSメッセージの書かれたタオルを手掛かりに、如月塔子と鷹野は捜査を開始するが…。事件の鍵を握るのは九歳の少年? 十一係シリーズ第八弾。
    (2016/11/8発売)
    ----------------------

  • : <strong>死者の盟約 特捜7</strong>

    死者の盟約 特捜7
    ◆内容紹介
    傷のない遺体の顔に、なぜ犯人は包帯を巻いていったのか? 心配性の岬と楽天家の里中が捜査を開始する。TVドラマ化された『特捜7 銃弾』の続編!
    (2016/3/22発売)
    ----------------------

  • : <strong>聖者の凶数 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)</strong>

    聖者の凶数 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)
    ◆内容紹介
    アパートの空き部屋で、顔と両腕を損壊された遺体が見つかった。腹に書かれた「27」は何を意味するのか。如月塔子と鷹野は年末の上野界隈で捜査を開始するが…。
    (2016/1/15発売)
    【ノベルスを文庫化】
    ----------------------

  • : <strong>蝶の力学 警視庁捜査一課十一係</strong>

    蝶の力学 警視庁捜査一課十一係
    ◆内容紹介
    資産家夫妻の殺人・誘拐事件が発生。相棒離脱の中、如月塔子はこの猟奇的な事件を解決できるのか? シリーズ第七弾!
    (2015/12/3発売)
    ----------------------

  • : <strong>深紅の断片 警防課救命チーム</strong>

    深紅の断片 警防課救命チーム
    ◆内容紹介
    「少女が閉じ込められている」それは犯人からの119番通報だった…。命を弄ぶ凶悪犯に立ち向かうのは、命を助ける術しか持たない、救急隊!
    (2015/5/27発売)
    ----------------------

  • : <strong>虚空の糸 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)</strong>

    虚空の糸 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)
    ◆内容紹介
    刺殺遺体が握っていたナイフの意味とは。犯人は二億円を用意できなければ、都民を一人ずつ殺害すると予告。殺人分析班が推理する!
    (2015/5/15発売)
    【ノベルスを文庫化】
    --------------------

  • : <strong>警視庁文書捜査官</strong>

    警視庁文書捜査官
    ◆内容紹介
    文章心理学を使って殺人犯を追跡する捜査官・鳴海理沙登場!
    (2015/1/29発売)
    --------------------

  • : <strong>女神の骨格 警視庁捜査一課十一係</strong>

    女神の骨格 警視庁捜査一課十一係
    ◆内容紹介
    発見された白骨は、男性の頭部と女性の胴体だった。刑事・如月塔子が事件の真相を追う!
    (2014/12/3発売)
    --------------------

  • : <strong>屑の刃 重犯罪取材班・早乙女綾香 (幻冬舎文庫)</strong>

    屑の刃 重犯罪取材班・早乙女綾香 (幻冬舎文庫)
    ◆内容紹介
    腹部に煙草の吸い殻と空き缶を押し込まれた遺体。CS放送記者・早乙女綾香が取材に走る!
    (2014/10/9発売)
    【文庫書き下ろし】
    --------------------

  • : <strong>特捜7: 銃弾</strong>

    特捜7: 銃弾
    ◆内容紹介
    警官殺しと両腕のない死体。一課のエースと変わり者の女性刑事が謎を追う!
    (2014/5/22発売)
    --------------------

  • : <strong>水晶の鼓動 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)</strong>

    水晶の鼓動 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)
    ◆内容紹介
    殺人現場は、部屋中真っ赤に染められた「赤い部屋」だった。東京を震撼させる連続爆破事件との関連はあるのか――。
    (2014/5/15発売)
    【ノベルスを文庫化】
    --------------------

  • : <strong>聖者の凶数 警視庁捜査一課十一係</strong>

    聖者の凶数 警視庁捜査一課十一係
    ◆内容紹介
    顔と腕が損壊された死体。その腹部には《27》という謎の数字が記されていた。新米女刑事・如月が挑む、もっとも残酷で哀しい事件!
    (2013/12/5発売)
    --------------------

  • : <strong>蟻の階段 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)</strong>

    蟻の階段 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)
    ◆内容紹介
    惨殺死体と共に発見されたのは頭蓋骨・白い花・掛け時計・スープ皿。一体何を意味するのか。殺人分析班が卓越した推理力で犯人に挑む。
    (2013/10/16発売)
    【ノベルスを文庫化】
    --------------------

  • : <strong>石の繭 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)</strong>

    石の繭 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)
    ◆内容紹介
    モルタルで固められた惨殺死体発見――犯人より愛宕署特捜本部へ電話が。
     新米女性刑事・塔子が交渉相手となったが。本格警察ミステリーの白眉。
    (2013/5/15発売)
    【ノベルスを文庫化】
    --------------------

  • : <strong>虚空の糸 警視庁捜査一課十一係</strong>

    虚空の糸 警視庁捜査一課十一係
    ◆内容紹介
    「見抜いた!」と思ったら“見抜かされていた”、この衝撃!――宇田川拓也さん(ときわ書房本店)
    人質は東京都民1300万人。前代未聞の警視庁脅迫事件!
    (2013/4/4発売)
    --------------------

  • : <strong>ヴェサリウスの柩(創元推理文庫)</strong>

    ヴェサリウスの柩(創元推理文庫)
    ◆内容紹介
    解剖中の遺体から発見された告発文。黒い絨毯の上で踊る死者──大学医学部で次々起こる不可解な事件。若き女性解剖学者が医学教室の謎に挑む! 第16回鮎川哲也賞受賞作。
    (2012/5/30発売)
    【四六判を文庫化】
    --------------------

  • : <strong>水晶の鼓動 警視庁捜査一課十一係</strong>

    水晶の鼓動 警視庁捜査一課十一係
    ◆内容紹介
    部屋中真っ赤に染められた「赤い部屋」で殺人事件が起き、新人刑事・如月塔子と相棒の鷹野は遺留品の捜査を開始する。
    時を同じくして、都内各所で連続爆破事件が発生。 果たして、「赤い部屋」の謎と東京の運命は?
    (2012/5/8発売)
    --------------------

  • : <strong>蟻の階段 警視庁捜査一課十一係</strong>

    蟻の階段 警視庁捜査一課十一係
    ◆内容紹介
    新米女刑事・如月塔子が挑む、新たな難事件
    頭蓋骨、白い花、掛け時計、スープ皿――遺体の周りに残された奇妙な四つの品の意味とは? 本格ミステリの緻密さと警察小説の迫力が融合! 好評シリーズ第二弾
    (2011/10/6発売)
    --------------------

  • : <strong>石の繭 警視庁捜査一課十一係</strong>

    石の繭 警視庁捜査一課十一係
    ◆内容紹介
    警視庁捜査一課の女性刑事を描く骨太小説!モルタルで固められた死体と大ポンペイ展の石膏像との関係は?捜査本部にたびたび電話をかけてくる大胆不敵で異常な犯人と、捜査一課の女性刑事との攻防始まる。
    (2011/5/10発売)
    --------------------
          ↑
    2008/10月~2011/4月
        暗黒時代
          ↓
    --------------------

  • : <strong>真夜中のタランテラ</strong>

    真夜中のタランテラ
    長編第2作。
    【在庫なし・文庫化の予定なし】
    (2008/9/30発売)
    --------------------

  • : <strong>ヴェサリウスの柩</strong>

    ヴェサリウスの柩
    第16回鮎川哲也賞受賞作。大学医学部を舞台に「解剖」と「遺体」を描いたミステリーです。献体された「ご遺体」から謎の脅迫状が発見され、その記述に従うように不気味な事件が発生します。【在庫なし】
    (2006/9/30発売)