活動状況

  • ======================
    ■小説関係(2017/12/9)
    ======================
    ●2017年12月6日、十一係シリーズ10作目『鷹の砦』(講談社ノベルス)が発売されました。
    ----------------------
    ●2017年10月6日『沈黙する女たち』(幻冬舎文庫)が発売されました。
    ----------------------
    ●2017年9月1日『水葬の迷宮 警視庁特捜7』(新潮文庫)が発売されました。これは『特捜7 銃弾』の文庫版となります。
    ----------------------
    ●2017年7月6日、十一係9『奈落の偶像』が発売されました。また7月14日、十一係7の文庫版『蝶の力学』が発売されました。
    ----------------------
    ●2017年3月25日、『永久囚人 警視庁文書捜査官』が発売されました。
    ----------------------
    ●2017年1月25日、『警視庁文書捜査官』(文庫版)が発売されました。
    ----------------------
    ●2016年11月13日~WOWOWにてドラマ『水晶の鼓動』(全5話)が放送されました。

  • ======================
    ■イベント関係(2015/6/21)
    ======================
    ●最近イベント参加が減っております。どのへんが「イベント・シンポジウム日記」なのかわからなくなってきました。

    ●麻見のTwitterアカウントは
    こちらです→ @asamikazushi
無料ブログはココログ

備忘

CHK

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月の記事

2015年10月29日 (木)

活動状況(2015/10/29) 徹夜作業

 麻見和史です。最近の活動状況です。

◆徹夜作業
 あるお仕事の話ですが、当初は余裕があるなと思っていたら、後半ばたばたしてかなり苦戦しました。普段わりとしっかり寝ないと駄目なほうなのですが、最後の数日間は睡眠時間4時間→4時間→0時間(徹夜)となって、もうふらふらでした。
 ここまできつかったのは初めてです。自分のスケジュール管理の甘さを反省しております。

◆十一係シリーズ新作
 12月3日にシリーズ第七弾、『蝶の力学 警視庁捜査一課十一係』が発売される予定です。現在、刊行に向けて鋭意作業を進めております。
 講談社ノベルスですので、四六判単行本よりもお求めやすい価格となっています。現時点では、税抜きの予定価格は900円です。

 このところ成長著しい如月塔子ですが、今回はどう考えても犯人の意図がわからないという難事件が発生。塔子は刑事としての真価を問われることになります。
 鷹野をはじめ、おなじみの先輩たちが活躍するほか、科捜研・河上のアタックも気になるところ。どうぞ楽しみにお待ちください。

 なお、この作品やシリーズ全般について『エンタミクス』 2015年12月号 でインタビューを受けております。表紙は『相棒』です。この号はミステリー特集となっていて、ほかの先生方の作品も多数紹介されていますので、ぜひチェックしていただければと思います。

◆『石の繭』再放送
 上記の『エンタミクス』誌によると、2016年の1月にWOWOWさんで再放送があるようです。見逃したという方、楽しみにお待ちください。

◆来年の予定
 おかげさまで、来年の予定がすでにいくつか決まっております。時期が近づきましたら、またご報告させていただきます。

◆新作の構想
 懸案の新作について検討を続けております。関係各社のみなさま、全力をあげて作業を進めていますので、どうか今しばらくお待ちくださいますよう、お願いいたします。

 みなさまに支えられて、麻見は今日も原稿を書くことができます。過去、非常につらい時期がありましたので、こうしてお仕事をさせていただけることを大変嬉しく思っております。頑張りますので、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

[最新の記事はこちら]
[これまでの記事はこちら]

2015年10月20日 (火)

『エンタミクス』十一係7作目インタビュー

 麻見和史です。最新作の情報が解禁となりましたので、ご報告させていただきます。
 本日発売となったKADOKAWA/エンターブレインさんの『エンタミクス』(2015年12月号)に麻見和史へのインタビュー記事が掲載されております。

 目次はこちらでご覧いただけます。
 秋の夜長にふさわしく、「やっぱり謎が好き! 秋冬必ずハマれる 最新ミステリーガイド83謎」という特集が組まれています。

 この特集で〈警視庁捜査一課十一係〉(文庫版は〈警視庁殺人分析班〉)の最新作を紹介していただきました。『石の繭』から始まった如月塔子のシリーズ、第七弾のタイトルはこちらです。

  『蝶の力学 警視庁捜査一課十一係』

 記事をお読みいただくとわかりますが、七作目は今までとは少し違った感触の物語となっています。もちろん、いつものとおり謎解きはしっかり入っていますのでご期待ください。

「七作目まで読むのは大変だなあ」と思われる方もいらっしゃるでしょうが、そこは大丈夫です。事件は一作ごとに解決されていますし、新作で過去の事件のネタバレが出てくることはありません。
 ただ、主人公・如月塔子の成長を追いかけるという意味では、刊行順に読んでいただくのがわかりやすいかと思います。「塔子も最初はあんなに頼りなかったのに、今は頑張っているなあ」と実感していただけるのではないでしょうか。

 記事には、『蝶の力学』の発売予定日は12月2日と書かれております。鋭意作業を進めておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

[最新の記事はこちら]
[これまでの記事はこちら]

2015年10月17日 (土)

府中市郷土の森博物館(前編)

 麻見和史です。先日府中まで出かける用事があったので、足をのばして府中市郷土の森博物館を見学してきました。前、中、後編の3回に分けて写真をご紹介します。

          *

 府中市といえば府中競馬場。JR武蔵野線・府中本町(ふちゅうほんまち)駅から長い通路が設けられていて、雨が降っても濡れずに歩いて行けるようになっている。では早速第三レースへゴー! いや、違います。今日行くのは競馬場ではないのである。

01_3
 府中本町駅から少し歩いたところ。奥に見えるのが駅である。


02
 府中本町駅辺りには仕事でしばらく通ったことがある。ずいぶん昔の話だが、このへんのお店で飲んだことがあったような……。


03
 道端にぽつりと立っている消火器ボックス。なぜこの場所にあるのか考えてみたが、結局わからなかった。

 しばらく歩いていくと、長い塀が見えてきた。何かというと……。


04
 サントリー武蔵野ビール工場である。

 高く積み上げられているのはビールの樽。当然、中身は入っていないのだろうが、雨ざらしになっているのはちょっと意外でした。


05
 府中市郷土の森博物館に到着。駅から15分ぐらいかかっただろうか。

 ここはかなり広い野外博物館で、郷土資料を展示する常設展示室のほか、移築された古い建築物や、プラネタリウムの施設もある。
 プラネタリウムでは『ポケットモンスターXY』や『ちびまる子ちゃん』、『銀河鉄道の夜』なども上映されているそうだ。『銀河鉄道の夜』は以前別の場所で見たことがある が、とてもいい作品でした。

 まずは常設展示室を見学。京王線・府中駅そばの大國魂神社(おおくにたまじんじゃ)では毎年5月に「くらやみ祭」が行われるとのこと。神社の歴史は大化の改新ごろまで遡ると知って驚いた。

 企画展示として、こういうものをやっていた。


06_2  
『ムダ堀の謎をさぐる』である。

 ムダ堀とは何なのか。府中市の東部に大きな溝があったことがわかり、江戸時代に玉川上水を掘ろうとして失敗した跡かもしれない、という説が出た。それで、ムダ堀と呼ばれているようだ。
 玉川上水は羽村から四谷まで通じていたが、工事には相当苦労したらしい。何回か流路を変更したというから、「もう少し下流の府中から引いてみるか」という案が出ていたとしてもおかしくはない。ただ、詳しいことは明らかになっておらず、郷土史研究家の方々の調査対象になっているようだ。

 このムダ堀、今は埋められてしまって上に住宅が建っていたりするそうで、全貌を明らかにすることはかなり難しいだろう。でも、じつに興味深い話だと思います。
 売店で資料が販売されていたので買ってきた。いつかミステリー小説の味付けとして使えないかな、と考えております。

 次回は、移築された歴史的な建築物を見ていきます。

★2015/10/19追記。自分で閲覧していて写真が見にくいと感じましたので、サイズを大きくしました。

[最新の記事はこちら]
[これまでの記事はこちら]

2015年10月14日 (水)

ネット接続のトラブルについて

 麻見和史より業務連絡させていただきます。昨日から作業用PCのネット接続が不安定になっており、状況によってはメールのお返事が遅れる可能性がございます。まことに申し訳ございません。

 機器を確認した結果、14日、14時50分の時点では接続できていますので、少し様子をみたいと思います。

★2015/10/16追記
 接続できなかった件はADSL事業者の障害によるものだったと判明しました。現在は復旧しております。大変お騒がせいたしました。

[最新の記事はこちら]
[これまでの記事はこちら]

2015年10月10日 (土)

作家の不思議(11) 新規の仕事はどのように受注するのか(後編)

 麻見和史です。知人の質問に答える「作家の不思議」シリーズ、第11回です。昨日のうちに更新するつもりでしたが、15分ほど遅れてしまって申し訳ありません。

 以下は麻見の個人的な体験談ですので、これに当て嵌まらないケースも多々あると思います。どうかご了承ください。

          *

◆不思議その11「新規の仕事はどのように受注するのか」(後編)

 前回、駆け出し作家が新規の仕事を受注するための一般的な例をご紹介しました。

(1)飛び込み営業をかける
(2)知人などの紹介で、他社ユーザーに商品を提案する
(3)自社ユーザーにリプレース提案をする
(4)ウェブサイトからの問い合わせを待つ

 の4種類が考えられますが、これ以外に、出版業界ならではの新規受注方法があります。

(5)現在取引のある会社経由で、新しい会社から問い合わせがくる

 というケースです。(4)に似ていますが、会社間で情報のやりとりが行われるところに特徴があります。

 具体的に言うと、こういうことです。
 A社で刊行した書籍が一定数売れて注目されたとします。それを見てB社が作家に仕事を注文したいと考えたとき、B社はA社の編集担当者に連絡をとり、「◆◆さんの連絡先を教えてもらえませんか」と依頼するのです。

 A社の担当者は作家に連絡して、「B社から連絡先を訊かれたんだけど、教えてもいいですか?」と尋ねます。作家がOKすると、A社の担当者はその作家のメールアドレスなどをB社の編集者に伝え、のちにB社から作家に仕事の依頼が届くというわけです。

 A社とB社は同業の出版社であり、同じエンターテインメント小説を刊行している立場。つまりライバル同士だと言えます。しかしよほどのことがない限り、作家が希望すればA社はB社に連絡先を教えることになるようです。作家は出版業界の共有財産だという考え方があるのかもしれません。

 一般の業種では、取引先の情報をライバル社に漏らすようなことはしませんから、こういう習慣があると知って驚いたものでした。ですが、そのおかげで取引先が増え、作家はいろいろなお仕事をさせていただけるというわけです。

[最新の記事はこちら]
[これまでの記事はこちら]

2015年10月 8日 (木)

作家の不思議(10) 新規の仕事はどのように受注するのか(前編)

 麻見和史です。知人の質問に答える「作家の不思議」シリーズ、第10回です。
 以下は麻見の個人的な体験談ですので、これに当て嵌まらないケースも多々あると思います。どうかご了承ください。

          *

◆不思議その10「新規の仕事はどのように受注するのか」(前編)

 一般的には出版社主催の新人賞をいただくなどして作家デビューします。会社によって違うと思いますが「N作目まではうちで書いてくださいね」ですとか、「N年目までは他社で書かないでくださいね」と言われることがあるようです。
 私の場合も、賞をいただいた会社からそういうお話がありました。ただ、私がデビューしたのは今から9年も前なので、現在は状況が異なっているかもしれません。

 出版社さんにしてみれば、お金と時間をかけて新人作家を選ぶわけですから、一定の期間は自分の会社で書いてもらいたい、ということですよね。私が主催者側であれば、同じように考えるだろうと思います。
 作家のほうも、デビューさせてくれた会社はいわば生みの親ですから、できるだけ恩返ししたいと考えるはず。まあ実際にはデビュー後すぐにヒットを飛ばせる可能性は少ないので、原稿指導をしてもらえるとか、N作目までは出してもらえるという、作家側のメリットのほうが大きいかもしれません。

 デビュー元で数冊刊行すると、今度は他社でお仕事したいなと思うようになります。単純に収入を増やしたいから、という理由もありますが、それ以上に重要なのは、人との出会いです。
 会社が変わると編集者さんの考え方も変わるので、「こういうのを書いたら面白いんじゃないですか?」と思いがけないアドバイスをもらえることがあり、それがきっかけでブレイクする作家さんもいます。

 では、作家は新規の仕事をどのように受注するのでしょうか。
 一般的な例として、営業マンのケースと比較してみます。パターンとしては、

(1)飛び込み営業をかける
(2)知人などの紹介で、他社ユーザーに商品を提案する
(3)自社ユーザーにリプレース提案をする
(4)ウェブサイトからの問い合わせを待つ

 の4種類でしょう。これを作家の場合で考えてみます。
 まず(1)ですが、飛び込み営業は成功率が非常に低いと思われます。まったく縁のない会社にいきなり電話をかけたり、手紙を送ったりしても相手にされず、「新人賞に応募してください」となることが多いようです。編集者さんの仕事は忙しいので、それも仕方のないことだと思います。

 比較的成功率が高いのは(2)で、その会社で書いている先生から編集者さんを紹介してもらい、プロットや原稿を見てもらって打ち合わせに入る、という形になります。これは、うまくいけば出版に漕ぎ着けることができます。
 ただ、うまくいかなかった場合、仲介してくださった先生の顔に泥を塗ることになりかねないので、やるのであれば不退転の決意で、何度でも改稿するぞという覚悟が必要ではないかと思います。

 一番成功率が高いのは(3)で、これは今まで取引したことのある出版社さんと、新作の打ち合わせをするというものです。お互い相手の癖もわかっているので、仕事はしやすいと言えます。シリーズもので刊行しているのなら、話はよりスムーズです。

 最後の(4)は上記(1)~(3)とは違って、お客さまのほうから問い合わせてくれるというケース。作家の場合でいうと、ウェブサイトの連絡先を見て出版社さんがメールをくれるというものです。割合は少ないと思いますが、私もそのようにして問い合わせをいただいたことがありました。

          *

 ここまでが一般的なやり方ですが、じつはもうひとつ、出版業界ならではの新規受注方法があります。それは……。

 と、いいところで今回は終了(すみません)。この続きは明日書きますので、少々お待ちください。

[最新の記事はこちら]
[これまでの記事はこちら]

2015年10月 4日 (日)

活動状況(2015/10/4) メインPCの交換

 麻見和史です。最近の活動状況です。

◆長編二作
 この夏、ふたつの原稿の執筆・修正を進めてきましたが、おかげさまで作業が一段落しました。まだ手直しが必要かもしれませんが、当面、目の前に締切はないという、久々に落ち着いた状態です。

◆パソコンの交換作業
 少し時間の余裕ができたので、長らく先延ばししていたパソコンの交換に着手しました。かなり前に調達してあった新パソコンを、メインPCとして使うことにして、これまで使っていたものはサブPCに降格。
 この新パソコン、今までに比べるとかなり速くなりました。体感で1.5倍ぐらいなので、もう元のマシンには戻れそうにありません。
 ただ、普通に使える状態まで環境整備するのが大変。家庭内乱──じゃなかった、家庭内LANはつながっているので、データ移行は楽です。しかし、ATOKの変換候補が変な出方をするため、今苦労しているところです。

◆新作の構想
 長編二本を準備中ですが、その先の作品について構想を練ることにしました。少し勉強しなくてはいけないことがあるし、できれば取材もしたいと考えています。
 関係各社のみなさま、全力をあげて作業に取り組んでおりますので、どうか今しばらくお待ちくださいますよう、お願いいたします。

◆その他
 それ以外にも動いている案件がありますので、いずれお知らせできる段階になりましたら、ご報告させていただきます。

[最新の記事はこちら]
[これまでの記事はこちら]

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

作品リスト

  • 鷹の砦 警視庁捜査一課十一係
    ◆内容紹介
    人質は、刑事・如月塔子。凶悪犯の魔手から生還せよ! 最悪の知能犯グループVS.<殺人分析班>
    (2017/12/6発売)
    ----------------------
  • : <strong>沈黙する女たち (幻冬舎文庫)</strong>

    沈黙する女たち (幻冬舎文庫)
    ◆内容紹介
    廃屋に展示されるように残されていた女性の全裸死体。それを撮影したものが会員サイト「死体美術館」にアップされる。「重犯罪取材班・早乙女綾香」シリーズ第2弾。
    (2017/10/6発売)
    【文庫書き下ろし】
    ----------------------

  • : <strong>水葬の迷宮: 警視庁特捜7 (新潮文庫)</strong>

    水葬の迷宮: 警視庁特捜7 (新潮文庫)
    ◆内容紹介
    捜査で判明する新たな事実によってパズルのように埋まっていく謎解きの興趣。緻密な伏線が冴える本格捜査ミステリー。
    ★本書は『特捜7 銃弾』の文庫版です。
    (2017/9/1発売)
    【四六判を文庫化】
    ----------------------

  • : <strong>蝶の力学 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)</strong>

    蝶の力学 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)
    ◆内容紹介
    遺体の首に挿された青い花。猟奇的な装飾に戦慄する殺人分析班は、新聞社に届いた挑戦状らしきメールに言葉を失う。
    (2017/7/14発売)
    【ノベルスを文庫化】
    ----------------------

  • : <strong>奈落の偶像 警視庁捜査一課十一係</strong>

    奈落の偶像 警視庁捜査一課十一係
    ◆内容紹介
    〈警視庁捜査一課十一係/如月塔子〉シリーズ最新第九作。日本最大の繁華街で起きた殺人事件に、女性刑事・如月が挑む!
    (2017/7/6発売)
    ----------------------

  • : <strong>永久囚人 警視庁文書捜査官</strong>

    永久囚人 警視庁文書捜査官
    ◆内容紹介
    殺人予告か非業の手記か──。謎の小説を解読せよ! 奇妙な幻想小説どおりに殺人事件が! 文字マニア・鳴海理沙警部補が謎に迫る。
    (2017/3/25発売)
    ----------------------

  • : <strong>警視庁文書捜査官 (角川文庫)</strong>

    警視庁文書捜査官 (角川文庫)
    ◆内容紹介
    捜査一課に設置された文書解読班。文章心理学を学んだ鳴海理沙警部補は、右手首が切断された不可解な殺人事件を捜査する。現場に残されたカードの意味とは?
    (2017/1/25発売)
    【四六判を文庫化】
    ----------------------

  • : <strong>共犯レクイエム―公安外事五課 (ハルキ文庫)</strong>

    共犯レクイエム―公安外事五課 (ハルキ文庫)
    ◆内容紹介
    〈裏切者(モグラ)は誰だ!? 上司を、同僚を、監視する女〉──公安部に異動になった篠原早紀は、東欧スパイを調査する傍ら、組織内の裏切者を探すことに…。
    (2016/12/15発売)
    【文庫書き下ろし】
    ----------------------

  • : <strong>女神の骨格 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)</strong>

    女神の骨格 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)
    ◆内容紹介
    洋館で火災が発生。鎮火後、隠し部屋で発見された白骨遺体は、頭部が男性、胴体が女性だった! この家でいったい何が? 如月塔子シリーズ第六弾の文庫化。
    (2016/11/15発売)
    【ノベルスを文庫化】
    ----------------------

  • : <strong>雨色の仔羊 警視庁捜査一課十一係</strong>

    雨色の仔羊 警視庁捜査一課十一係
    ◆内容紹介
    SOSメッセージの書かれたタオルを手掛かりに、如月塔子と鷹野は捜査を開始するが…。事件の鍵を握るのは九歳の少年? 十一係シリーズ第八弾。
    (2016/11/8発売)
    ----------------------

  • : <strong>死者の盟約 特捜7</strong>

    死者の盟約 特捜7
    ◆内容紹介
    傷のない遺体の顔に、なぜ犯人は包帯を巻いていったのか? 心配性の岬と楽天家の里中が捜査を開始する。TVドラマ化された『特捜7 銃弾』の続編!
    (2016/3/22発売)
    ----------------------

  • : <strong>聖者の凶数 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)</strong>

    聖者の凶数 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)
    ◆内容紹介
    アパートの空き部屋で、顔と両腕を損壊された遺体が見つかった。腹に書かれた「27」は何を意味するのか。如月塔子と鷹野は年末の上野界隈で捜査を開始するが…。
    (2016/1/15発売)
    【ノベルスを文庫化】
    ----------------------

  • : <strong>蝶の力学 警視庁捜査一課十一係</strong>

    蝶の力学 警視庁捜査一課十一係
    ◆内容紹介
    資産家夫妻の殺人・誘拐事件が発生。相棒離脱の中、如月塔子はこの猟奇的な事件を解決できるのか? シリーズ第七弾!
    (2015/12/3発売)
    ----------------------

  • : <strong>深紅の断片 警防課救命チーム</strong>

    深紅の断片 警防課救命チーム
    ◆内容紹介
    「少女が閉じ込められている」それは犯人からの119番通報だった…。命を弄ぶ凶悪犯に立ち向かうのは、命を助ける術しか持たない、救急隊!
    (2015/5/27発売)
    ----------------------

  • : <strong>虚空の糸 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)</strong>

    虚空の糸 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)
    ◆内容紹介
    刺殺遺体が握っていたナイフの意味とは。犯人は二億円を用意できなければ、都民を一人ずつ殺害すると予告。殺人分析班が推理する!
    (2015/5/15発売)
    【ノベルスを文庫化】
    --------------------

  • : <strong>警視庁文書捜査官</strong>

    警視庁文書捜査官
    ◆内容紹介
    文章心理学を使って殺人犯を追跡する捜査官・鳴海理沙登場!
    (2015/1/29発売)
    --------------------

  • : <strong>女神の骨格 警視庁捜査一課十一係</strong>

    女神の骨格 警視庁捜査一課十一係
    ◆内容紹介
    発見された白骨は、男性の頭部と女性の胴体だった。刑事・如月塔子が事件の真相を追う!
    (2014/12/3発売)
    --------------------

  • : <strong>屑の刃 重犯罪取材班・早乙女綾香 (幻冬舎文庫)</strong>

    屑の刃 重犯罪取材班・早乙女綾香 (幻冬舎文庫)
    ◆内容紹介
    腹部に煙草の吸い殻と空き缶を押し込まれた遺体。CS放送記者・早乙女綾香が取材に走る!
    (2014/10/9発売)
    【文庫書き下ろし】
    --------------------

  • : <strong>特捜7: 銃弾</strong>

    特捜7: 銃弾
    ◆内容紹介
    警官殺しと両腕のない死体。一課のエースと変わり者の女性刑事が謎を追う!
    (2014/5/22発売)
    --------------------

  • : <strong>水晶の鼓動 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)</strong>

    水晶の鼓動 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)
    ◆内容紹介
    殺人現場は、部屋中真っ赤に染められた「赤い部屋」だった。東京を震撼させる連続爆破事件との関連はあるのか――。
    (2014/5/15発売)
    【ノベルスを文庫化】
    --------------------

  • : <strong>聖者の凶数 警視庁捜査一課十一係</strong>

    聖者の凶数 警視庁捜査一課十一係
    ◆内容紹介
    顔と腕が損壊された死体。その腹部には《27》という謎の数字が記されていた。新米女刑事・如月が挑む、もっとも残酷で哀しい事件!
    (2013/12/5発売)
    --------------------

  • : <strong>蟻の階段 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)</strong>

    蟻の階段 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)
    ◆内容紹介
    惨殺死体と共に発見されたのは頭蓋骨・白い花・掛け時計・スープ皿。一体何を意味するのか。殺人分析班が卓越した推理力で犯人に挑む。
    (2013/10/16発売)
    【ノベルスを文庫化】
    --------------------

  • : <strong>石の繭 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)</strong>

    石の繭 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)
    ◆内容紹介
    モルタルで固められた惨殺死体発見――犯人より愛宕署特捜本部へ電話が。新米女性刑事・塔子が交渉相手となったが。本格警察ミステリーの白眉。
    (2013/5/15発売)
    【ノベルスを文庫化】
    ★文庫化にあたり、ノベルス版に加筆訂正を行いました。以後の文庫も同様です。
    --------------------

  • : <strong>虚空の糸 警視庁捜査一課十一係</strong>

    虚空の糸 警視庁捜査一課十一係
    ◆内容紹介
    「見抜いた!」と思ったら“見抜かされていた”、この衝撃!――宇田川拓也さん(ときわ書房本店)
    人質は東京都民1300万人。前代未聞の警視庁脅迫事件!
    (2013/4/4発売)
    --------------------

  • : <strong>ヴェサリウスの柩(創元推理文庫)</strong>

    ヴェサリウスの柩(創元推理文庫)
    ◆内容紹介
    解剖中の遺体から発見された告発文。黒い絨毯の上で踊る死者──大学医学部で次々起こる不可解な事件。若き女性解剖学者が医学教室の謎に挑む! 第16回鮎川哲也賞受賞作。
    (2012/5/30発売)
    【四六判を文庫化】
    --------------------

  • : <strong>水晶の鼓動 警視庁捜査一課十一係</strong>

    水晶の鼓動 警視庁捜査一課十一係
    ◆内容紹介
    部屋中真っ赤に染められた「赤い部屋」で殺人事件が起き、新人刑事・如月塔子と相棒の鷹野は遺留品の捜査を開始する。
    時を同じくして、都内各所で連続爆破事件が発生。 果たして、「赤い部屋」の謎と東京の運命は?
    (2012/5/8発売)
    --------------------

  • : <strong>蟻の階段 警視庁捜査一課十一係</strong>

    蟻の階段 警視庁捜査一課十一係
    ◆内容紹介
    新米女刑事・如月塔子が挑む、新たな難事件
    頭蓋骨、白い花、掛け時計、スープ皿――遺体の周りに残された奇妙な四つの品の意味とは? 本格ミステリの緻密さと警察小説の迫力が融合! 好評シリーズ第二弾
    (2011/10/6発売)
    --------------------

  • : <strong>石の繭 警視庁捜査一課十一係</strong>

    石の繭 警視庁捜査一課十一係
    ◆内容紹介
    警視庁捜査一課の女性刑事を描く骨太小説!モルタルで固められた死体と大ポンペイ展の石膏像との関係は?捜査本部にたびたび電話をかけてくる大胆不敵で異常な犯人と、捜査一課の女性刑事との攻防始まる。
    (2011/5/10発売)
    --------------------
          ↑
    2008/10月~2011/4月
        暗黒時代
          ↓
    --------------------

  • : <strong>真夜中のタランテラ</strong>

    真夜中のタランテラ
    長編第2作。
    【在庫なし・文庫化の予定なし】
    (2008/9/30発売)
    --------------------

  • : <strong>ヴェサリウスの柩</strong>

    ヴェサリウスの柩
    第16回鮎川哲也賞受賞作。大学医学部を舞台に「解剖」と「遺体」を描いたミステリーです。献体された「ご遺体」から謎の脅迫状が発見され、その記述に従うように不気味な事件が発生します。【在庫なし】
    (2006/9/30発売)