活動状況

  • ======================
    ■小説関係(2017/12/9)
    ======================
    ●2017年12月6日、十一係シリーズ10作目『鷹の砦』(講談社ノベルス)が発売されました。
    ----------------------
    ●2017年10月6日『沈黙する女たち』(幻冬舎文庫)が発売されました。
    ----------------------
    ●2017年9月1日『水葬の迷宮 警視庁特捜7』(新潮文庫)が発売されました。これは『特捜7 銃弾』の文庫版となります。
    ----------------------
    ●2017年7月6日、十一係9『奈落の偶像』が発売されました。また7月14日、十一係7の文庫版『蝶の力学』が発売されました。
    ----------------------
    ●2017年3月25日、『永久囚人 警視庁文書捜査官』が発売されました。
    ----------------------
    ●2017年1月25日、『警視庁文書捜査官』(文庫版)が発売されました。
    ----------------------
    ●2016年11月13日~WOWOWにてドラマ『水晶の鼓動』(全5話)が放送されました。

  • ======================
    ■イベント関係(2015/6/21)
    ======================
    ●最近イベント参加が減っております。どのへんが「イベント・シンポジウム日記」なのかわからなくなってきました。

    ●麻見のTwitterアカウントは
    こちらです→ @asamikazushi
無料ブログはココログ

備忘

CHK

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月の記事

2011年11月27日 (日)

麻布・広尾探検(4) 広尾駅周辺

 麻見和史です。未知の領域探検、その第四回。

          *

 有栖川宮記念公園はけっこう起伏に富んでいる。
 都立中央図書館のほうは高台だが、広尾のほうは土地が低くなっているのだ。
 階段を下りて、広尾駅に向かった。

01_11
 公園には池があった。都会のオアシスといった雰囲気。

 広尾駅は東京メトロの駅だから、地上に駅舎はない。その代わり、目印となる大きな商業施設があった。

02_6
 広尾プラザ。館内の広場で、無料コンサートが開かれていた。

03_3
 広尾ガーデン。文具店と書店が入っていた。

 そうかと思うと、こんな庶民的なお店もある。

04_3
 100円ショップ。ほっとします。

05_2
 青果商。

06_2
 歩いていたら、こんな民家を見つけた。意外。

07_3
 これはさらに意外なもの。都営アパートである。

 どうやら広尾というのは、もともと人が多く住んでいた町らしい。しかし場所柄、一般の商店はほとんどなくなってしまったのだろう。

 広尾プラザの中にある高級スーパーを覗いてみたのだが、どの品も私の地元の2倍ぐらいの値段だった。
 このへんに住んでいる方は、みんなこのスーパーで買い物をするのだろうか。そうだとしたら食費が高くて大変かもしれない、と思った。

[最新の記事はこちら]

2011年11月24日 (木)

麻布・広尾探検(3) 東京都立中央図書館

 麻見和史です。私にとって未知の世界、麻布十番から広尾までを歩いた記録。その第三回です。

          *

 仙台坂を上って、有栖川宮記念公園まで歩いた。

01
 じつに静かな公園。落ち葉は放置気味だった。

 この奥に東京都立中央図書館がある。せっかく出かけるのなら近くの文化施設をあわせて見学しようというのが、最近のマイブームだ。

02
 予想よりずっと大きな建物である。5階建てだった。

 入館時、特に記帳などは必要なし。首から掛けるタイプのプラスチックカードを渡された。入退館のチェックをするわけではないが、中で資料の請求や複写に必要だという。
 荷物は透明なものかA4判のもの以外はコインロッカーにしまうルールである。100円いるのだが、あとで戻ってきます。

 1階に検索用のPCがたくさん並んでいた。国会図書館のようにパソコンで検索して、資料を請求する仕組みなのだろうか。

 5階にカフェテラスがあるというので覗いてみた。
 ざっと見て200人ぐらいは入れそうな規模である。

04
 メニューをチェックする。食べないけど。

 そばが380円、ラーメンが410円、カレーライスが430円、カツ丼が710円だった。国会図書館の安いほうのカレーが390円、国会丼が500円であることを考えると、ちょっと高めである。

 4階で江戸城に関する企画展示があったので見学した。城内の模型がなかなかよかった。雪隠があんな場所にあったとは!

 3階の人文図書コーナーを覗いた。開架式で、かなりの広さがある。
 本はどこでも好きな場所で読むことができ、用が済んだら元の場所に戻すルールだという。蔵書されているはずなのに棚にない、という場合は誰かが閲覧中ということになる。
 先ほど1階にPCがあったが、どうやらあれは閉架図書の検索に使うものらしい。

 おまけ画像。

03
 何の自動販売機かと思ったら、付箋紙や蛍光ペンなどの文具を売っているのだった! こういうタイプは初めて見た。

 次回、有栖川宮記念公園から広尾駅へ向かいます。

[最新の記事はこちら]

2011年11月18日 (金)

麻布・広尾探検(2) 麻布の犬

 麻見和史です。私にとって未知の領域、麻布・広尾辺りを探検してきました。
 今日はその第2回。ペットの犬などについて記します。

          *

 麻布十番駅付近で用事を済ませ、仙台坂に向かった。
 外車がたくさん走っていたこと、公園で子供が大勢遊んでいたことは前回書いたが、ほかに気がついたのはペットの犬が多かったことである。
 場所柄、上品なワンちゃんばかりで、私などより高級なものを食べていそうな感じだった。

 当然、こういうものがあります。

01
 動物病院。近くにあると安心ですね。

02
 これはワンちゃんのトリミングサロン。
 シャンプー代は、チワワで4000円ぐらい、トイ・プードルだと7000円ぐらいするらしい。

03
 元麻布ヒルズのフォレストタワーというマンション。
 一風変わったデザインである。
周辺への日照に配慮して、あのような形になったのだろうか。

 次回に続きます。

[最新の記事はこちら]

2011年11月15日 (火)

麻布・広尾探検(1) 麻布十番

 麻見和史です。先日、麻布のギャラリーを訪ねる機会があり、せっかくなので広尾まで歩いてみました。
 こういう場合、「麻布・広尾散策」ぐらいのタイトルにするのが普通ですが、あのへんは私にとって未知の場所。何に遭遇するかわからないのであえて「探検」としました。
 では、気を引き締めて出発しましょう。

          *

 昼過ぎ、東京メトロ南北線・麻布十番駅に到着。外へ出てみた。

01
 麻布十番駅の4番出口。

 町並みを観察する。ひとつひとつの建物は小さめだが、道は充分な広さがあって窮屈な感じはしない。
 ただ、けっこう車が通るから、油断はできない。住民の自家用車だろう、外車が多く見られた。あと、タクシーがけっこう抜け道に使っているようです。

02
 このへんの道路は石畳になっていて、そこを外車が走る。
 海外で撮影したコマーシャルみたいな印象。

03
 お洒落なカフェ。この日は暖かかったので、テラス席にもお客さんがいた。

04
 また別のカフェ。とにかく数が多い。

 じつは私、マクドナルドで昼食をとろうと思っていたのだが、なんと店の外にまで行列が出来ていた。これは無理だ。
 このへんには資産家の方が多いだろうから、まさか庶民の味方・マクドナルドが混雑しているとは思わなかった。どうしよう。
 古い地図を見ると、以前は近くにウェンディーズがあったらしい。日本からの撤退は残念でしたよね。あそこのチリ、美味しかったんだけど。
★2011/12/5追記。12月27日、表参道に一号店をオープンし、再度店舗展開を始めるとのこと。

 カフェに入るような金銭的余裕がないので、こうなったら最後の手段、コンビニでカレーパンを買って公園で食べることにした。不景気だから、それもありだろう。
 しかし歩いていたらミニストップが見つかったのである。もしかしたらイートイン可能なのでは、と期待して店に入る。
 ありました。かろうじて2席だけスペースがあったので、調理してもらったパンをそこで食べた。198円と安いのだが、予想していたよりずっと美味しい。

 ミニストップ、なかなかやるなと思っていたら、目の前にこんな貼り紙があって衝撃を受けた。

06
 非常に悩ましい警告文(クリックで拡大)。
 イートインだけの人は利用しちゃ駄目と書いてある。えっ、そうなんですか? 小心者なので、あわせてカレーパンも買ったが、どうも釈然としない。

 ところで、この店の隣には公園があった。パンをむしゃむしゃ食べながら見ていたのだが、大変な賑わいだった。外国の方なども含めて親子連れでいっぱいである。変な表現だが、こんなに子供がたくさんいる公園は初めて見た。
 基本的にこの辺りは住宅街で、そのわりには車がけっこう走るから危ないのだろう。それで子供さんたちはみんな公園にやってくるというわけだ。
 東京のど真ん中なのに、大変家庭的で健康的な光景を見てしまった。これが麻布十番の実力なのか……。

05_2
 ここからだとよく見えないが、子供さんが大勢いた。
(不審者扱いされるといけないので、あえて子供さんは撮影しませんでした)

 次回に続きます。

[最新の記事はこちら]

2011年11月10日 (木)

大宅壮一文庫

 麻見和史です。10月29日、世田谷文学館、蘆花恒春園(芦花公園)と回ったあと、大宅壮一文庫(おおやそういちぶんこ)を見学してきました。

          *

 16時半ごろ、大宅壮一文庫に到着した。
 世田谷文学館に行くと決めたあと、せっかく出かけるのだから近くに何かないかと地図で探していて、これを見つけた。以前から名前は知っていたが、訪れるのは今日が初めて。文化施設マニアとして、期待が高まります。

 外観はこのとおり。

02
 見た目はほとんど郵便局である。

 しかし、中はこのようになっている。

03
 印象が変わった。ここを見ると、郵便局よりも病院に近い雰囲気。

 まずカウンターで利用申込書に必要事項を記入した。カウンターに持っていき、「初めてなんですが」と言ったところ、利用方法を説明してくれた。
 詳しくは公式サイトを見ていただくとして、ここではおもなところだけメモしておきます。

◆概要
 大宅壮一文庫は、ジャーナリスト、ノンフィクション作家であった大宅壮一の雑誌コレクションを元にした私設図書館。大宅が独自に考案した方法により記事に索引が付けられている。この索引こそが大宅壮一文庫の最大の特長だ。
 入館後、館内に設置されたパソコンで自由に資料が検索できる。契約すればインターネット経由で自宅PCからも検索できる模様。

◆行き方
 京王線八幡山駅下車、徒歩7~8分。

◆入館方法
 1階で利用申込書に必要事項を記入し、提出する。300円で10冊まで閲覧可能(検索は何冊でも)。もっと閲覧したい場合は、あらためて利用料を支払い再入場することで、もう10冊閲覧できる。あとはその繰り返し。再入場は4回まで可能で、1日最大50冊まで閲覧することができる。

◆資料請求方法
 1階のパソコンコーナーで資料を検索する。閲覧・複写申込書に読みたい資料の詳細を記入し、2階の受付箱に入れる。2階は閲覧室になっており、どこでも自由に座ってよいらしい。資料が出てくるまで待機。
 名前を呼ばれたら、資料を取りに行き、あとは自由に閲覧する。このとき、先の閲覧・複写申し込み書が戻ってくる。
 請求資料のうち、館内で誰かが利用中のものについては、その旨教えてもらえる。少し時間をおいて、再度請求することができる。その資料が書庫に戻ってきていれば、閲覧することが可能。しかし誰かがずっと閲覧し続けている場合は、あきらめるしかない。

◆閲覧方法
 2階閲覧室で好きな席に座って閲覧する。場所の指定などはないようだ。

◆設備等
 トイレは1階。外に飲み物の自動販売機あり。

◆資料返却方法
 2階受付に資料を返却する。

◆資料複写方法
 閲覧・複写申込書に複写したい内容などを記入して、2階受付に提出。複写したいページの先頭に短冊を挟むらしい。このへんは国会図書館と似ていますね。

◆退館方法
 資料をすべて2階受付に返却し、1階でコピー代金を支払って退出するらしい。私は今回複写しなかったので詳細は不明。

◆その他
 資料の閲覧申し込みは17時15分まで、複写申し込みは17時30分まで。閉館は18時だが、17時30分を過ぎると2階閲覧室から人がどんどんいなくなる。

          *

 一般の図書館とは違って、利用者にはマスコミ関係の人が多いような気がした。雑誌のライターやジャーナリスト、もしかしたらテレビ系の人もいるかもしれない。まあミステリー作家はあまり来ないだろう。
 前から気になっていた施設なので、見学できてよかった。勉強になりました。

04
 閉館間際の1階ロビー。外はすっかり暗くなっていた。

[最新の記事はこちら]

2011年11月 5日 (土)

蘆花恒春園(芦花公園)

 麻見和史です。10月29日に世田谷文学館で萩原朔太郎展を見たあと、蘆花恒春園に行ってみました。

          *

 このへんは古くからある住宅街らしく、狭い道が多い。
 一番困るのは、歩道がきちんと確保されていない部分があることだ。今まで左側に歩道があったのに、少し進むと右側に変わったりする。用地の確保ができないせいだと思うが、歩きにくいことこの上ない。
 場所によっては右にも左にも歩道がなく、それでいて車が信号待ちをしていて、危険を感じるようなこともあった。新興住宅地を見慣れた私などには、ちょっと違和感のある町並みである。

 世田谷文学館から15分ほど歩いて蘆花恒春園に到着した。

01_2
 なぜか赤いスポーツカーが停めてあった。

 今まで芦花公園という名前は知っていたが、まさか文豪・徳富蘆花の私邸跡地だったとは。そして、その公園にちなんで付いた駅名が「芦花公園」だったとは。
 私が、いかに世田谷区方面に疎いかがよくわかる。

02
《東京都指定史跡 徳冨蘆花旧宅》と書いてある。

03
 蘆花記念館。無料で見学できる。

『不如帰』などを書いた蘆花の私邸を、奥さんが当時の東京市に寄贈して出来た公園なのだそうだ。
 けっこうな広さがあり、広場やドッグランもあって近隣住民の憩いの場となっていた。場所柄、立派な犬を何頭か見かけた。二頭立ての馬車がひけそうな、大きな犬も……。

04
 じっとして動かない猫。「同化してるぜ!」

 次は大宅壮一文庫に向かいます。

[最新の記事はこちら]

2011年11月 2日 (水)

生誕125年 萩原朔太郎展(世田谷文学館)

 麻見和史です。日記の更新が止まっていましたが、なんとか無事です。例によって、ばたばたしておりました。
 10月29日に世田谷文学館に行ってきたので、その件を報告します。

          *

 新宿から京王線に乗り換え、芦花公園(ろかこうえん)駅で下車した。

01
 ロータリーを出ると、すぐ住宅街になる。商業施設は少ない。

02
 また「防火木槽」を発見(本当は「防火水槽」なのだが「木槽」に見えてしまう)。「千代田区の消火器」のときも似たものを紹介しました。
 見るたびに思うのだが、これ、デザイン案の段階で、誰も違和感を抱かなかったのだろうか。

 7分ぐらい歩いて世田谷文学館に到着。
『生誕125年 萩原朔太郎展』を見た。

03
 世田谷文学館の入り口。

04
 優雅に鯉が泳いでいる。

 朔太郎展は2階で行われていた。この会場で14時20分より、からくり劇の「猫町」が上演された。
 じつは1階常設展コーナーに「ムットーニのからくり劇場」というのがあり、もとは「猫町」もそこにあったものらしい。朔太郎展をやるので、これだけ2階に移動したのだろう。

 事前の調査で、このからくり劇場が大変気になっていた。A、Bふたつのグループがあるが、Aが14時半にスタートするというので、企画展を抜けて1階に降りた。チケットにスタンプを押してもらうと、当日中は何度でも出入りできるそうです。

 ムットーニというのは自動人形師・武藤政彦さんのことだそうだ。初期は油絵を描いていたが、のちBOXシアターという今の作品スタイルを確立した。
 2007年にこの文学館で行った企画展「ムットーニのからくり書物」が好評で、終了後も三つの作品を常設展示するようになったそうだ。のち4作品を加えて全7作品となった。それを2グループに分けて、毎時30分から動かして見せてくれている。

 ということで14時半からAグループを鑑賞。
 文学作品の一場面を5分から7分のからくり劇にしたもので、装置の基本形状は、小型ブラウン管テレビぐらいの箱だ。そこに風景や人形が配置され、スイッチを押すと劇が始まる。
 文学作品が朗読され、それに合わせて人形が動き、音楽と光の効果が入る。部屋を暗くして見るから一種幻想的な雰囲気が漂う。
 今まで見たことのないタイプの芸術作品で、最初は多少戸惑ったが、慣れていくと「次はどんな話だろう」と期待するようになった。

 Aグループは「漂流者」「THE SPIRIT OF SONG」「眠り」「ALONE RENDEZVOUS」(アロン・ランデブー)の4作品。
 世田谷文学館のサイトにはこれらのタイトルしか表記されておらず、行ってみないとどんな内容なのかわからない。だから、係員の説明を聞いてびっくりしたのである。
「漂流者」は夏目漱石の『夢十夜』から選んできた作品だそうだ。「眠り」は村上春樹作品。そして「ALONE RENDEZVOUS」はなんとレイ・ブラッドベリの「万華鏡」(『刺青の男』所収)だったのだ。そんなすごいラインナップだったとは。
 なぜこれらの説明をウェブサイトに表記しないのか不思議に思った。一般へのアピールになるはずなので、絶対に書き添えたほうがいいと思うのですが。
 15時半からはBグループも見た。こちらは海野十三の「月世界探険記」と中島敦「山月記」の2作品だった。

 からくり劇の感想。
 今日見た中では「漂流者」がよかった。他人の夢の話を聞かされるのは往々にして退屈なものだが、これは状況が異様で面白い。
 一方、残念だったのは「ALONE RENDEZVOUS」である。ブラッドベリの「万華鏡」だと知ってものすごく期待したわけだが、どうしたことか、この作品には朗読がなかったのだ。BGMに合わせて宇宙飛行士の人形が上下するだけという、味気ないもの。なぜだ、なぜこんなことに……。
「万華鏡」を知らない人が見たら、これ、ただの宇宙遊泳だと思ってしまうのではないだろうか。
 もっとも退屈に見えるものが、じつはすごい傑作だったということに、多くの人が気づいていないのだ。本当にもったいないことである。

 最後に、萩原朔太郎展の感想。
 味わいのある装丁の詩集、手紙など、資料が豊富だった。朔太郎が写真に凝っていたことは聞いていたが、立体視できる写真が三つ用意されていて、現物を確認することができた。これは非常にセンスある展示だと感じました。
 また、本人による自作朗読が流れていて、ちょっと面白かった。詩人なのだし、よほど情感豊かにやるかと思いきや、まったく平板な読み方をしているのだ。意外だった。
 萩原朔太郎展は12月4日までです。

 次回予告。世田谷文学館を出た私は、一路、芦花公園を目指すのであった。

[最新の記事はこちら]

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

作品リスト

  • 鷹の砦 警視庁捜査一課十一係
    ◆内容紹介
    人質は、刑事・如月塔子。凶悪犯の魔手から生還せよ! 最悪の知能犯グループVS.<殺人分析班>
    (2017/12/6発売)
    ----------------------
  • : <strong>沈黙する女たち (幻冬舎文庫)</strong>

    沈黙する女たち (幻冬舎文庫)
    ◆内容紹介
    廃屋に展示されるように残されていた女性の全裸死体。それを撮影したものが会員サイト「死体美術館」にアップされる。「重犯罪取材班・早乙女綾香」シリーズ第2弾。
    (2017/10/6発売)
    【文庫書き下ろし】
    ----------------------

  • : <strong>水葬の迷宮: 警視庁特捜7 (新潮文庫)</strong>

    水葬の迷宮: 警視庁特捜7 (新潮文庫)
    ◆内容紹介
    捜査で判明する新たな事実によってパズルのように埋まっていく謎解きの興趣。緻密な伏線が冴える本格捜査ミステリー。
    ★本書は『特捜7 銃弾』の文庫版です。
    (2017/9/1発売)
    【四六判を文庫化】
    ----------------------

  • : <strong>蝶の力学 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)</strong>

    蝶の力学 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)
    ◆内容紹介
    遺体の首に挿された青い花。猟奇的な装飾に戦慄する殺人分析班は、新聞社に届いた挑戦状らしきメールに言葉を失う。
    (2017/7/14発売)
    【ノベルスを文庫化】
    ----------------------

  • : <strong>奈落の偶像 警視庁捜査一課十一係</strong>

    奈落の偶像 警視庁捜査一課十一係
    ◆内容紹介
    〈警視庁捜査一課十一係/如月塔子〉シリーズ最新第九作。日本最大の繁華街で起きた殺人事件に、女性刑事・如月が挑む!
    (2017/7/6発売)
    ----------------------

  • : <strong>永久囚人 警視庁文書捜査官</strong>

    永久囚人 警視庁文書捜査官
    ◆内容紹介
    殺人予告か非業の手記か──。謎の小説を解読せよ! 奇妙な幻想小説どおりに殺人事件が! 文字マニア・鳴海理沙警部補が謎に迫る。
    (2017/3/25発売)
    ----------------------

  • : <strong>警視庁文書捜査官 (角川文庫)</strong>

    警視庁文書捜査官 (角川文庫)
    ◆内容紹介
    捜査一課に設置された文書解読班。文章心理学を学んだ鳴海理沙警部補は、右手首が切断された不可解な殺人事件を捜査する。現場に残されたカードの意味とは?
    (2017/1/25発売)
    【四六判を文庫化】
    ----------------------

  • : <strong>共犯レクイエム―公安外事五課 (ハルキ文庫)</strong>

    共犯レクイエム―公安外事五課 (ハルキ文庫)
    ◆内容紹介
    〈裏切者(モグラ)は誰だ!? 上司を、同僚を、監視する女〉──公安部に異動になった篠原早紀は、東欧スパイを調査する傍ら、組織内の裏切者を探すことに…。
    (2016/12/15発売)
    【文庫書き下ろし】
    ----------------------

  • : <strong>女神の骨格 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)</strong>

    女神の骨格 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)
    ◆内容紹介
    洋館で火災が発生。鎮火後、隠し部屋で発見された白骨遺体は、頭部が男性、胴体が女性だった! この家でいったい何が? 如月塔子シリーズ第六弾の文庫化。
    (2016/11/15発売)
    【ノベルスを文庫化】
    ----------------------

  • : <strong>雨色の仔羊 警視庁捜査一課十一係</strong>

    雨色の仔羊 警視庁捜査一課十一係
    ◆内容紹介
    SOSメッセージの書かれたタオルを手掛かりに、如月塔子と鷹野は捜査を開始するが…。事件の鍵を握るのは九歳の少年? 十一係シリーズ第八弾。
    (2016/11/8発売)
    ----------------------

  • : <strong>死者の盟約 特捜7</strong>

    死者の盟約 特捜7
    ◆内容紹介
    傷のない遺体の顔に、なぜ犯人は包帯を巻いていったのか? 心配性の岬と楽天家の里中が捜査を開始する。TVドラマ化された『特捜7 銃弾』の続編!
    (2016/3/22発売)
    ----------------------

  • : <strong>聖者の凶数 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)</strong>

    聖者の凶数 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)
    ◆内容紹介
    アパートの空き部屋で、顔と両腕を損壊された遺体が見つかった。腹に書かれた「27」は何を意味するのか。如月塔子と鷹野は年末の上野界隈で捜査を開始するが…。
    (2016/1/15発売)
    【ノベルスを文庫化】
    ----------------------

  • : <strong>蝶の力学 警視庁捜査一課十一係</strong>

    蝶の力学 警視庁捜査一課十一係
    ◆内容紹介
    資産家夫妻の殺人・誘拐事件が発生。相棒離脱の中、如月塔子はこの猟奇的な事件を解決できるのか? シリーズ第七弾!
    (2015/12/3発売)
    ----------------------

  • : <strong>深紅の断片 警防課救命チーム</strong>

    深紅の断片 警防課救命チーム
    ◆内容紹介
    「少女が閉じ込められている」それは犯人からの119番通報だった…。命を弄ぶ凶悪犯に立ち向かうのは、命を助ける術しか持たない、救急隊!
    (2015/5/27発売)
    ----------------------

  • : <strong>虚空の糸 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)</strong>

    虚空の糸 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)
    ◆内容紹介
    刺殺遺体が握っていたナイフの意味とは。犯人は二億円を用意できなければ、都民を一人ずつ殺害すると予告。殺人分析班が推理する!
    (2015/5/15発売)
    【ノベルスを文庫化】
    --------------------

  • : <strong>警視庁文書捜査官</strong>

    警視庁文書捜査官
    ◆内容紹介
    文章心理学を使って殺人犯を追跡する捜査官・鳴海理沙登場!
    (2015/1/29発売)
    --------------------

  • : <strong>女神の骨格 警視庁捜査一課十一係</strong>

    女神の骨格 警視庁捜査一課十一係
    ◆内容紹介
    発見された白骨は、男性の頭部と女性の胴体だった。刑事・如月塔子が事件の真相を追う!
    (2014/12/3発売)
    --------------------

  • : <strong>屑の刃 重犯罪取材班・早乙女綾香 (幻冬舎文庫)</strong>

    屑の刃 重犯罪取材班・早乙女綾香 (幻冬舎文庫)
    ◆内容紹介
    腹部に煙草の吸い殻と空き缶を押し込まれた遺体。CS放送記者・早乙女綾香が取材に走る!
    (2014/10/9発売)
    【文庫書き下ろし】
    --------------------

  • : <strong>特捜7: 銃弾</strong>

    特捜7: 銃弾
    ◆内容紹介
    警官殺しと両腕のない死体。一課のエースと変わり者の女性刑事が謎を追う!
    (2014/5/22発売)
    --------------------

  • : <strong>水晶の鼓動 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)</strong>

    水晶の鼓動 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)
    ◆内容紹介
    殺人現場は、部屋中真っ赤に染められた「赤い部屋」だった。東京を震撼させる連続爆破事件との関連はあるのか――。
    (2014/5/15発売)
    【ノベルスを文庫化】
    --------------------

  • : <strong>聖者の凶数 警視庁捜査一課十一係</strong>

    聖者の凶数 警視庁捜査一課十一係
    ◆内容紹介
    顔と腕が損壊された死体。その腹部には《27》という謎の数字が記されていた。新米女刑事・如月が挑む、もっとも残酷で哀しい事件!
    (2013/12/5発売)
    --------------------

  • : <strong>蟻の階段 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)</strong>

    蟻の階段 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)
    ◆内容紹介
    惨殺死体と共に発見されたのは頭蓋骨・白い花・掛け時計・スープ皿。一体何を意味するのか。殺人分析班が卓越した推理力で犯人に挑む。
    (2013/10/16発売)
    【ノベルスを文庫化】
    --------------------

  • : <strong>石の繭 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)</strong>

    石の繭 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)
    ◆内容紹介
    モルタルで固められた惨殺死体発見――犯人より愛宕署特捜本部へ電話が。新米女性刑事・塔子が交渉相手となったが。本格警察ミステリーの白眉。
    (2013/5/15発売)
    【ノベルスを文庫化】
    ★文庫化にあたり、ノベルス版に加筆訂正を行いました。以後の文庫も同様です。
    --------------------

  • : <strong>虚空の糸 警視庁捜査一課十一係</strong>

    虚空の糸 警視庁捜査一課十一係
    ◆内容紹介
    「見抜いた!」と思ったら“見抜かされていた”、この衝撃!――宇田川拓也さん(ときわ書房本店)
    人質は東京都民1300万人。前代未聞の警視庁脅迫事件!
    (2013/4/4発売)
    --------------------

  • : <strong>ヴェサリウスの柩(創元推理文庫)</strong>

    ヴェサリウスの柩(創元推理文庫)
    ◆内容紹介
    解剖中の遺体から発見された告発文。黒い絨毯の上で踊る死者──大学医学部で次々起こる不可解な事件。若き女性解剖学者が医学教室の謎に挑む! 第16回鮎川哲也賞受賞作。
    (2012/5/30発売)
    【四六判を文庫化】
    --------------------

  • : <strong>水晶の鼓動 警視庁捜査一課十一係</strong>

    水晶の鼓動 警視庁捜査一課十一係
    ◆内容紹介
    部屋中真っ赤に染められた「赤い部屋」で殺人事件が起き、新人刑事・如月塔子と相棒の鷹野は遺留品の捜査を開始する。
    時を同じくして、都内各所で連続爆破事件が発生。 果たして、「赤い部屋」の謎と東京の運命は?
    (2012/5/8発売)
    --------------------

  • : <strong>蟻の階段 警視庁捜査一課十一係</strong>

    蟻の階段 警視庁捜査一課十一係
    ◆内容紹介
    新米女刑事・如月塔子が挑む、新たな難事件
    頭蓋骨、白い花、掛け時計、スープ皿――遺体の周りに残された奇妙な四つの品の意味とは? 本格ミステリの緻密さと警察小説の迫力が融合! 好評シリーズ第二弾
    (2011/10/6発売)
    --------------------

  • : <strong>石の繭 警視庁捜査一課十一係</strong>

    石の繭 警視庁捜査一課十一係
    ◆内容紹介
    警視庁捜査一課の女性刑事を描く骨太小説!モルタルで固められた死体と大ポンペイ展の石膏像との関係は?捜査本部にたびたび電話をかけてくる大胆不敵で異常な犯人と、捜査一課の女性刑事との攻防始まる。
    (2011/5/10発売)
    --------------------
          ↑
    2008/10月~2011/4月
        暗黒時代
          ↓
    --------------------

  • : <strong>真夜中のタランテラ</strong>

    真夜中のタランテラ
    長編第2作。
    【在庫なし・文庫化の予定なし】
    (2008/9/30発売)
    --------------------

  • : <strong>ヴェサリウスの柩</strong>

    ヴェサリウスの柩
    第16回鮎川哲也賞受賞作。大学医学部を舞台に「解剖」と「遺体」を描いたミステリーです。献体された「ご遺体」から謎の脅迫状が発見され、その記述に従うように不気味な事件が発生します。【在庫なし】
    (2006/9/30発売)