活動状況

  • ======================
    ■小説関係(2017/10/7)
    ======================
    ●2017年10月6日『沈黙する女たち』が発売されました。
    ----------------------
    ●2017年9月1日『水葬の迷宮 警視庁特捜7』が発売されました。これは『特捜7 銃弾』の文庫版となります。
    ----------------------
    ●2017年7月6日、十一係9『奈落の偶像』が発売されました。また7月14日、十一係7の文庫版『蝶の力学』が発売されました。
    ----------------------
    ●2017年3月25日、『永久囚人 警視庁文書捜査官』が発売されました。

    ----------------------
    ●2017年1月25日、『警視庁文書捜査官』(文庫版)が発売されました。
    ----------------------
    ●2016年11月13日~WOWOWにてドラマ『水晶の鼓動』(全5話)が放送されました。

  • ======================
    ■イベント関係(2015/6/21)
    ======================
    ●最近イベント参加が減っております。どのへんが「イベント・シンポジウム日記」なのかわからなくなってきました。

    ●麻見のTwitterアカウントは
    こちらです→ @asamikazushi
無料ブログはココログ

備忘

CHK

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月の記事

2010年8月28日 (土)

静岡新聞・静岡放送東京支社

 麻見和史です。8月末だというのに、一向に涼しくなりませんね。だいぶまいってます。

 今日は建築物の話。
 JR新橋駅から銀座のほうに向かうと、リクルートのビルの前に奇妙な建物が見える。これである。

 

01
 周辺のビルと比べると、その外観はあまりに異様。いったいこれは何なのか。
 近づいてみよう。

 

02
 静岡新聞・静岡放送の東京支社でした。

 誰がこのようなビルを設計したのかと思ったら、なんと丹下健三さんなのだった。1967年竣工というから、もう40年以上もここに建っているわけだ。知らなかった。

 あらためて丹下さんの仕事を調べてみたところ、東京都庁舎横浜美術館フジテレビ本社など、なじみのある建物を設計していたことが判明した。さすが世界のタンゲ。
 建築物についてはいずれミステリー作品で扱ってみたいという気持ちがある。長らく先延ばしにしていたが、そろそろ真面目に勉強したほうがいいのかも。

[最新の記事はこちら]

2010年8月22日 (日)

タイのカップ麺

 麻見和史です。いやほんとに暑いですね。熱中症にはご注意ください。

 諸事情あって最近イベントに行っておらず、更新をサボり気味である。どのへんがイベント・シンポジウム日記なのか、だんだんわからなくなってきた。反省。涼しくなったらまたあちこち出かけることにしよう。

 今日は昔の写真を紹介することにします。タイのお土産にいただいたカップ麺である。
 

01
 蓋を開けたところ。

 なんと、プラスチック製のフォークが入っていた。日本では必要ないものだが、タイではみんなこれを使っているのだろうか。コスト面がちょっと気になる。

 味について。予想どおり酸味があり、辛かった。でもまだ耐えられるレベル。
 耐えられなかったのは、同時にいただいた袋麺である。頑張ってひとつ食べたのだが、その夜胃腸の調子が悪くなり、大変だった。それで、残りはしまったままになっている。

[最新の記事はこちら]

2010年8月14日 (土)

映画『キャッツ&ドッグス 地球最大の肉球大戦争』

 麻見和史です。8月13日、『キャッツ&ドッグス 地球最大の肉球大戦争』の試写会に行ってきました。

 場所は有楽町ビックカメラの上にある、よみうりホール。前回ここに来たのは10年以上前だ。当時は有楽町そごうが入居していたビルで、その後どうなったかと思っていたが、ホールは今も健在だった。なつかしい。
 

01
 このホールは良いですね。特に、2階席がとても落ち着く。最後列に座ったが、遠くからでもスクリーンはちゃんと見える。優れた設計である。

 熱血すぎてヘマをした警察犬ディッグスは、人間たちが知らない、犬の秘密情報組織にスカウトされる。折しも、猫の秘密組織を脱退したキティ・ガロアが、超兵器ですべての犬を乱心させ世界征服する、という計画を進めていた。この危機に対処するため、敵対していた犬組織と猫組織が一致団結して……というストーリー。

 優れていると感じたのはキティ・ガロアの登場シーン。意表をつかれた。
 主人公の元警察犬ディッグスが、猫のエージェントを尋問する場面も良かった。嫌がる猫に水を浴びせかけ、さあ吐け、と迫るディッグス。
 見かねて仲間の犬が、
「やめろ、そんな非人道的なこと」
 と言うのだが、ディッグスは興奮した表情で、
「これが警察のやり方だ!」
 不覚にも吹き出してしまった。このセンスはぜひ見習いたい。

 どこまでが本物でどこからがCG、あるいはパペットなのだろう。犬も猫も(一部では鳩も)よく動いていた。表情まで作り込まれているのには驚きます。
 心なごむ動物シーンはないのだが、とにかくアクションがすごい。公開時は3D上映もあるそうなので、迫力満点となりそうだ。

 そういえば世は3D映像流行りで、下のビックカメラでも3Dテレビの販売に力を入れていた。今後アクション系の映画は、どんどん3Dで上映されるようになるのだろう。
 ただ、今日の試写は2D上映となっていた。一般のホールには3D眼鏡が用意されていないから仕方ないのだが、ちょっと残念な気分ではある。
 しかしあとで考えてみて、これは映画産業にとってプラスに働くかもしれない、と思った。試写会では3Dのすごさは味わえない。となれば、
「本物の迫力はぜひ映画館でお楽しみください」
 と宣伝できるのである。試写会と有料上映との差別化が可能となり、興行収入の増加につながりそうな気がします。

[最新の記事はこちら]

2010年8月13日 (金)

国立国会図書館・システム障害

 麻見和史です。8月12日、知人が国会図書館に行って大変な目に遭ったというので、話を聞いてみました。

       *

 朝行ってみたらいきなり長蛇の列で、いったい何事かと驚いたのです。新館の入り口は閉鎖され、本館入り口だけが開いています。並んでいる間に紙を渡されたので見てみると、こんなふうに書いてありました(以下、一部引用)。

《本日はシステム障害のため、利用方法を変更します》

これから入館される方へ
 本日は館内利用カードを発行できませんので、次の手順で入館してください。
 ①「利用申込書」に必要事項を記入し、利用者受付に提出する。
 ②「資料利用票」を受け取って入館する。

館内利用カードで入館された方へ
 新たに図書・雑誌カウンターの資料を申し込む方 資料を受け取る方は「資料利用票」が必要です。切替カウンターで受け取ってください。

 どうやら入館時のカード発行システムがダウンしているようです。利用カードの代わりに手書きの利用申込書を使って入館しました。ここまでで30分ぐらいかかったでしょうか。

 NDL-OPAC(国立国会図書館蔵書検索・申込システム)は生きていたので図書の検索はできましたが、利用カードとの連携ができません。で、どうするかというと、検索した資料の番号を資料請求票に書き写し、カウンターに持っていくのです。

 普段なら何が請求されたかすぐ伝わり、係員が資料を取りに行くところです。しかし今日は手書きの請求票を手渡ししているのでしょう。当然資料の出てくるのは遅くなり、いつもは15分ぐらいで済むところが30分とか40分かかります。

 通常、資料が用意できると電光掲示板に利用者カード番号が表示されるのですが、今日はカードがないからそれができません。
 どうするかというと、「何時何分までに申し込まれた方の資料はカウンターに用意できております」といったアナウンスが行われていました。
 呼ばれて受け取りに行くのですが、ここでも利用者カードがないため、いちいち手作業での処理になります。返却も手作業でカードに判子を押します。どちらのカウンターにも、ものすごい行列が出来ていました。

 時間がかかるのは仕方ないとして、困るのは請求資料の有無です。いつもなら検索システムでほかの人が利用しているかどうかわかるのですが、今日はそれができないので、だぶって請求してしまう可能性があったわけです。
 そうすると30分ぐらい待たされた挙げ句に「ただいまほかの方が利用中です」となるおそれがあります。この時間のロスは痛い。

 システムに障害はつきものだとわかっていますが、それにしてもデジタル化、システム化の最先端を行くと信じていたわが国立国会図書館で、こんなことが起ころうとは思ってもみませんでした。
 とにかくもう大変な一日でした。館内アナウンスでひたすら謝ってましたが、あれは現場の職員も被害者でしょう。利用者に怒られている人もいて、かわいそうでした。

       *

 といった内容であった。
 幸い私はまだシステム障害に遭遇していないが、これ、けっこう頻繁にあることなのだろうか。《本日はシステム障害のため、利用方法を変更します》という紙が用意されているところを見ると、すでに過去何回かやってるんじゃないかと邪推してしまいますが……。

 ちなみに一日たった今日、国会図書館のサイトを見てみたが、システム障害については何も書かれていないようである。いちいちウェブサイトで報告する必要はない、という認識なのかもしれません。

★2012/01/16追記。2012年になってシステム入れ替えを行ったところ、トラブルが頻発している模様。[国会図書館がピンチらしい]をご覧ください。

[関連記事:国立国会図書館・利用方法]
[関連記事:国立国会図書館・館内見学会]
[関連記事:国立国会図書館・資料の複写]
[関連記事:国会図書館のサービスが変更になるらしい]

[最新の記事はこちら]

2010年8月12日 (木)

男子トイレの問題

 麻見和史です。先日、国立国会図書館に行った帰りに、某ハンバーガーショップに入ってみました。

 今年の春にリニューアルされたそうである。一般の店舗より、商品のお値段が少し高いそうですね。
 この店舗、お洒落でとても恰好いいのだが、トイレについてとまどう点があったので、以下メモします。

 コーヒーを飲んだあと、トイレを探してみた。2階奥のそれらしきスペースに行ったら、スタッフ用の部屋だと書いてある。えーどこにあるの、と思いながらうろうろした。3階だろうかと上っていったら、そこにあった。
 あとで席に戻って観察していたのだが、私が滞在している数十分の間に、少なくとも3人が同じようにスタッフルームのほうへ行き、失望した表情で戻ってきた。みんなトイレを探していたのだ。

 さて3階トイレの話である。
 トイレはあったのだが、ここ、トイレを示すピクトグラムが記されていないのである。よく見れば男の子、女の子の線画イラストがあるのだが、明確にトイレのサインとは受け取りづらい。切羽詰まった人にとっては、かなり不親切ではなかろうか。

 さてトイレに入ってみた。ドアを閉め、中を見渡したところで衝撃を受けた。
 綺麗に清掃されており、広さも充分ある。これは好印象だ。しかし驚いたことに、男子用トイレに小便器と大便器が仕切りなしに存在していたのである。これはいったいどういうことか。

 銀座のINAXギャラリーにこれと似た造りのトイレがあるが、あれはショールームを兼ねたものである。それに、各フロアにトイレがあるはずだから、いざとなればほかの階へ移動すればよい。
 しかしこのハンバーガーショップではそれができないのだ。

 ここで考察する。
 仮に大きいほうを使うとしたら、日本人の習慣としてトイレのドアに施錠しなければならないだろう。そうすると次の人はトイレに入れないから、小便器が使えないのである。つまり小便器を設置する意味がない。
 逆のケースはどうか。小さいほうを使うので、ドアに施錠しなかったとする。あとから大を使いたい人が入ってきたとして、横で小用を足している人がいるのに、丸見えの状態で大便器を使うだろうか。一般的な日本人の感覚として、それは考えにくい。
 小便器と大便器を用意するなら、大のほうは個室にすべきであろう。もしここに仕切りを設けないのなら、小便器と大便器をあわせて設置することは無意味である。その場合は大便器ひとつでよい。

 もうひとつ指摘すると、この状態で施錠して大きいほうを使っているとき、ドアがノックされたらどうしたらいいのか。
 大便器はトイレの奥にあり、ドアから1メートル以上離れているのだ。どう頑張ってもノックを返すことはできない。外の人は不審に思うことだろう。
「中で誰か倒れているのか?」
 
と騒ぎになったりしたら、相当恥ずかしいことである。
 
大便器を個室の中に収納してしまえば、そうした問題は発生しない。トイレに入って、小用を足している人がいたら、大のほうはどうかなとノックすればいいのだ。逆に大を使っていた人は、そこでノックを返せばいい。なんらトラブルは発生しない。

 それから、お節介なことを言うと、この店の規模で男子用トイレがひとつというのは少ないと感じる。店舗デザイナーは、
「ゴージャスなお手洗いで、どうぞごゆっくりおくつろぎください」
 
と気をつかってくれているのだろうが、
「あーもう、ゴージャスでなくていいから、トイレふたつ用意してよ!」
 というのが利用者の本音ではないか。
 どんなに内装がきれいで料理が美味しかったとしても、トイレに行列が出来ているお店には幻滅するものである。

 なんでこんなことを書くかというと、悪いことに今の時期、この近くで大きなビルの建設工事が行われているのである。昼休みには現場の人たちが大勢やってくるはずだ。男子トイレがひとつしかない状態でうまく対応できているのかどうか、非常に気になる。

 そういうわけで、お洒落なのはいいが、機能面がよく考えられていない店舗設計というのはいかがなものかと思うわけであります。今から改修するのは難しいでしょうから、せめてトイレのピクトグラムだけでも、赤と黒のいつものやつを用意してほしいなあと思うのですが……。

 と、ここまで書いてネット検索してみたら、あまりこういう感想を書いている人はいないようですね。なんか私が言いがかりをつけてるみたいに見える。ごちゃごちゃ言ってすみません。

[関連記事:気になるピクトグラム(トイレ編)]

[最新の記事はこちら]

2010年8月 6日 (金)

鳩造巣防止マット

 麻見和史です。JR四ツ谷駅で発見しました。
 

01
 時計の上にトゲトゲが付いている。たぶんこれ、鳩が巣を作らないように取り付けたものでしょう。

 調べてみたら、いくつかのメーカーで製造されていることがわかった。
 設置者としては鳩を追い払いたいのだが、しかし傷つけてしまうといろいろ問題がある。そこで、素材をプラスチックにしたものが販売されているという。それなら、万一鳩が接触しても怪我をさせずに済むというわけだ。なるほど。

[最新の記事はこちら]

2010年8月 2日 (月)

LEDガードマン

 麻見和史です。都内でこんなものを見つけました。
 

01_2
 工事車両が停まっているので、注意を促すため、旗振りをしているおじさん。
 じつはLED表示された画像である。
 

02
「∞」のマークを描くように、ちゃんと旗を振っている。

 こういう電光看板を「LEDガードマン」と呼ぶらしい。人の動きを撮影して作っているから大変リアルだ。
 一昔前は、人形が旗を振ってましたよね。あれよりは故障が少なそうである。データを差し替えれば画像も変わるのだろう。何か面白いことに使えないだろうか。

[最新の記事はこちら]

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

作品リスト

  • 沈黙する女たち(幻冬舎文庫)
    ◆内容紹介
    廃屋に展示されるように残されていた女性の全裸死体。それを撮影したものが会員サイト「死体美術館」にアップされる。「重犯罪取材班・早乙女綾香」シリーズ第2弾。
    (2017/10/6発売予定)
    【文庫書き下ろし】
    ----------------------
  • : <strong>水葬の迷宮: 警視庁特捜7 (新潮文庫)</strong>

    水葬の迷宮: 警視庁特捜7 (新潮文庫)
    ◆内容紹介
    捜査で判明する新たな事実によってパズルのように埋まっていく謎解きの興趣。緻密な伏線が冴える本格捜査ミステリー。
    ★本書は『特捜7 銃弾』の文庫版です。
    (2017/9/1発売)
    【四六判を文庫化】
    ----------------------

  • : <strong>蝶の力学 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)</strong>

    蝶の力学 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)
    ◆内容紹介
    遺体の首に挿された青い花。猟奇的な装飾に戦慄する殺人分析班は、新聞社に届いた挑戦状らしきメールに言葉を失う。
    (2017/7/14発売)
    【ノベルスを文庫化】
    ----------------------

  • : <strong>奈落の偶像 警視庁捜査一課十一係</strong>

    奈落の偶像 警視庁捜査一課十一係
    ◆内容紹介
    〈警視庁捜査一課十一係/如月塔子〉シリーズ最新第九作。日本最大の繁華街で起きた殺人事件に、女性刑事・如月が挑む!
    (2017/7/6発売)
    ----------------------

  • : <strong>永久囚人 警視庁文書捜査官</strong>

    永久囚人 警視庁文書捜査官
    ◆内容紹介
    殺人予告か非業の手記か──。謎の小説を解読せよ! 奇妙な幻想小説どおりに殺人事件が! 文字マニア・鳴海理沙警部補が謎に迫る。
    (2017/3/25発売)
    ----------------------

  • : <strong>警視庁文書捜査官 (角川文庫)</strong>

    警視庁文書捜査官 (角川文庫)
    ◆内容紹介
    捜査一課に設置された文書解読班。文章心理学を学んだ鳴海理沙警部補は、右手首が切断された不可解な殺人事件を捜査する。現場に残されたカードの意味とは?
    (2017/1/25発売)
    【四六判を文庫化】
    ----------------------

  • : <strong>共犯レクイエム―公安外事五課 (ハルキ文庫)</strong>

    共犯レクイエム―公安外事五課 (ハルキ文庫)
    ◆内容紹介
    〈裏切者(モグラ)は誰だ!? 上司を、同僚を、監視する女〉──公安部に異動になった篠原早紀は、東欧スパイを調査する傍ら、組織内の裏切者を探すことに…。
    (2016/12/15発売)
    【文庫書き下ろし】
    ----------------------

  • : <strong>女神の骨格 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)</strong>

    女神の骨格 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)
    ◆内容紹介
    洋館で火災が発生。鎮火後、隠し部屋で発見された白骨遺体は、頭部が男性、胴体が女性だった! この家でいったい何が? 如月塔子シリーズ第六弾の文庫化。
    (2016/11/15発売)
    【ノベルスを文庫化】
    ----------------------

  • : <strong>雨色の仔羊 警視庁捜査一課十一係</strong>

    雨色の仔羊 警視庁捜査一課十一係
    ◆内容紹介
    SOSメッセージの書かれたタオルを手掛かりに、如月塔子と鷹野は捜査を開始するが…。事件の鍵を握るのは九歳の少年? 十一係シリーズ第八弾。
    (2016/11/8発売)
    ----------------------

  • : <strong>死者の盟約 特捜7</strong>

    死者の盟約 特捜7
    ◆内容紹介
    傷のない遺体の顔に、なぜ犯人は包帯を巻いていったのか? 心配性の岬と楽天家の里中が捜査を開始する。TVドラマ化された『特捜7 銃弾』の続編!
    (2016/3/22発売)
    ----------------------

  • : <strong>聖者の凶数 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)</strong>

    聖者の凶数 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)
    ◆内容紹介
    アパートの空き部屋で、顔と両腕を損壊された遺体が見つかった。腹に書かれた「27」は何を意味するのか。如月塔子と鷹野は年末の上野界隈で捜査を開始するが…。
    (2016/1/15発売)
    【ノベルスを文庫化】
    ----------------------

  • : <strong>蝶の力学 警視庁捜査一課十一係</strong>

    蝶の力学 警視庁捜査一課十一係
    ◆内容紹介
    資産家夫妻の殺人・誘拐事件が発生。相棒離脱の中、如月塔子はこの猟奇的な事件を解決できるのか? シリーズ第七弾!
    (2015/12/3発売)
    ----------------------

  • : <strong>深紅の断片 警防課救命チーム</strong>

    深紅の断片 警防課救命チーム
    ◆内容紹介
    「少女が閉じ込められている」それは犯人からの119番通報だった…。命を弄ぶ凶悪犯に立ち向かうのは、命を助ける術しか持たない、救急隊!
    (2015/5/27発売)
    ----------------------

  • : <strong>虚空の糸 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)</strong>

    虚空の糸 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)
    ◆内容紹介
    刺殺遺体が握っていたナイフの意味とは。犯人は二億円を用意できなければ、都民を一人ずつ殺害すると予告。殺人分析班が推理する!
    (2015/5/15発売)
    【ノベルスを文庫化】
    --------------------

  • : <strong>警視庁文書捜査官</strong>

    警視庁文書捜査官
    ◆内容紹介
    文章心理学を使って殺人犯を追跡する捜査官・鳴海理沙登場!
    (2015/1/29発売)
    --------------------

  • : <strong>女神の骨格 警視庁捜査一課十一係</strong>

    女神の骨格 警視庁捜査一課十一係
    ◆内容紹介
    発見された白骨は、男性の頭部と女性の胴体だった。刑事・如月塔子が事件の真相を追う!
    (2014/12/3発売)
    --------------------

  • : <strong>屑の刃 重犯罪取材班・早乙女綾香 (幻冬舎文庫)</strong>

    屑の刃 重犯罪取材班・早乙女綾香 (幻冬舎文庫)
    ◆内容紹介
    腹部に煙草の吸い殻と空き缶を押し込まれた遺体。CS放送記者・早乙女綾香が取材に走る!
    (2014/10/9発売)
    【文庫書き下ろし】
    --------------------

  • : <strong>特捜7: 銃弾</strong>

    特捜7: 銃弾
    ◆内容紹介
    警官殺しと両腕のない死体。一課のエースと変わり者の女性刑事が謎を追う!
    (2014/5/22発売)
    --------------------

  • : <strong>水晶の鼓動 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)</strong>

    水晶の鼓動 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)
    ◆内容紹介
    殺人現場は、部屋中真っ赤に染められた「赤い部屋」だった。東京を震撼させる連続爆破事件との関連はあるのか――。
    (2014/5/15発売)
    【ノベルスを文庫化】
    --------------------

  • : <strong>聖者の凶数 警視庁捜査一課十一係</strong>

    聖者の凶数 警視庁捜査一課十一係
    ◆内容紹介
    顔と腕が損壊された死体。その腹部には《27》という謎の数字が記されていた。新米女刑事・如月が挑む、もっとも残酷で哀しい事件!
    (2013/12/5発売)
    --------------------

  • : <strong>蟻の階段 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)</strong>

    蟻の階段 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)
    ◆内容紹介
    惨殺死体と共に発見されたのは頭蓋骨・白い花・掛け時計・スープ皿。一体何を意味するのか。殺人分析班が卓越した推理力で犯人に挑む。
    (2013/10/16発売)
    【ノベルスを文庫化】
    --------------------

  • : <strong>石の繭 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)</strong>

    石の繭 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)
    ◆内容紹介
    モルタルで固められた惨殺死体発見――犯人より愛宕署特捜本部へ電話が。新米女性刑事・塔子が交渉相手となったが。本格警察ミステリーの白眉。
    (2013/5/15発売)
    【ノベルスを文庫化】
    ★文庫化にあたり、ノベルス版に加筆訂正を行いました。以後の文庫も同様です。
    --------------------

  • : <strong>虚空の糸 警視庁捜査一課十一係</strong>

    虚空の糸 警視庁捜査一課十一係
    ◆内容紹介
    「見抜いた!」と思ったら“見抜かされていた”、この衝撃!――宇田川拓也さん(ときわ書房本店)
    人質は東京都民1300万人。前代未聞の警視庁脅迫事件!
    (2013/4/4発売)
    --------------------

  • : <strong>ヴェサリウスの柩(創元推理文庫)</strong>

    ヴェサリウスの柩(創元推理文庫)
    ◆内容紹介
    解剖中の遺体から発見された告発文。黒い絨毯の上で踊る死者──大学医学部で次々起こる不可解な事件。若き女性解剖学者が医学教室の謎に挑む! 第16回鮎川哲也賞受賞作。
    (2012/5/30発売)
    【四六判を文庫化】
    --------------------

  • : <strong>水晶の鼓動 警視庁捜査一課十一係</strong>

    水晶の鼓動 警視庁捜査一課十一係
    ◆内容紹介
    部屋中真っ赤に染められた「赤い部屋」で殺人事件が起き、新人刑事・如月塔子と相棒の鷹野は遺留品の捜査を開始する。
    時を同じくして、都内各所で連続爆破事件が発生。 果たして、「赤い部屋」の謎と東京の運命は?
    (2012/5/8発売)
    --------------------

  • : <strong>蟻の階段 警視庁捜査一課十一係</strong>

    蟻の階段 警視庁捜査一課十一係
    ◆内容紹介
    新米女刑事・如月塔子が挑む、新たな難事件
    頭蓋骨、白い花、掛け時計、スープ皿――遺体の周りに残された奇妙な四つの品の意味とは? 本格ミステリの緻密さと警察小説の迫力が融合! 好評シリーズ第二弾
    (2011/10/6発売)
    --------------------

  • : <strong>石の繭 警視庁捜査一課十一係</strong>

    石の繭 警視庁捜査一課十一係
    ◆内容紹介
    警視庁捜査一課の女性刑事を描く骨太小説!モルタルで固められた死体と大ポンペイ展の石膏像との関係は?捜査本部にたびたび電話をかけてくる大胆不敵で異常な犯人と、捜査一課の女性刑事との攻防始まる。
    (2011/5/10発売)
    --------------------
          ↑
    2008/10月~2011/4月
        暗黒時代
          ↓
    --------------------

  • : <strong>真夜中のタランテラ</strong>

    真夜中のタランテラ
    長編第2作。
    【在庫なし・文庫化の予定なし】
    (2008/9/30発売)
    --------------------

  • : <strong>ヴェサリウスの柩</strong>

    ヴェサリウスの柩
    第16回鮎川哲也賞受賞作。大学医学部を舞台に「解剖」と「遺体」を描いたミステリーです。献体された「ご遺体」から謎の脅迫状が発見され、その記述に従うように不気味な事件が発生します。【在庫なし】
    (2006/9/30発売)