活動状況

  • ======================
    ■小説関係(2017/10/7)
    ======================
    ●2017年10月6日『沈黙する女たち』が発売されました。
    ----------------------
    ●2017年9月1日『水葬の迷宮 警視庁特捜7』が発売されました。これは『特捜7 銃弾』の文庫版となります。
    ----------------------
    ●2017年7月6日、十一係9『奈落の偶像』が発売されました。また7月14日、十一係7の文庫版『蝶の力学』が発売されました。
    ----------------------
    ●2017年3月25日、『永久囚人 警視庁文書捜査官』が発売されました。

    ----------------------
    ●2017年1月25日、『警視庁文書捜査官』(文庫版)が発売されました。
    ----------------------
    ●2016年11月13日~WOWOWにてドラマ『水晶の鼓動』(全5話)が放送されました。

  • ======================
    ■イベント関係(2015/6/21)
    ======================
    ●最近イベント参加が減っております。どのへんが「イベント・シンポジウム日記」なのかわからなくなってきました。

    ●麻見のTwitterアカウントは
    こちらです→ @asamikazushi
無料ブログはココログ

備忘

CHK

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月の記事

2009年8月29日 (土)

ミステリー文学資料館

 麻見和史です。財団法人光文シエラザード文化財団の運営する、ミステリー文学資料館に行ってきました。

 資料館は光文社の1階にある。池袋・立教大学のちょっと先だったとは知らなかった。近くにある旧江戸川乱歩邸を見学したのは去年10月のことだったか。
 

01_2
 入り口付近に設置されている看板。今日は、『疾走する本格ミステリーの騎士 島田荘司、その挑戦と冒険』展の最終日である。

 ウェブサイトには展覧会の観覧料がいくらという記述がなかったので、会員にならなくてはいけないものと思っていたが、普通に300円払って入ることができた。
 左手が展示ブース。それ以外は書籍・雑誌が開架で置いてあり、『新青年』など相当古い資料も手にすることができる。『SFアドベンチャー』とか『ショートショート・ランド』、さらには『獅子王』まで見つけてしまった。大変貴重なコレクションである。

「写真撮っちゃ駄目ですよね?」と訊いたら、いやOKですとのことだったので、展覧会の展示物を撮影した。以下、問題なさそうなところを掲載します。
 

02_3
『斜め屋敷の犯罪』の舞台を模型にしたもの。横から見ると……。
 

03_3
 これでもかとばかりに傾いております。普通に寝泊まりするのは難しそう。

 さてここで問題です。
 下の書籍は島田荘司さんの2作品を、タイ語訳したものである。それぞれ、何を翻訳したものでしょう。
 

04
 答え。左が『占星術殺人事件』、右が『異邦の騎士』でした。かなり怖い。表紙だけ見ると、ほとんどホラー作品である。

[トップページへ]

2009年8月27日 (木)

セルフレジ

 麻見和史です。スーパーでセルフレジ(無人レジ)を見つけました。

 レジというのはキャッシュレジスターの略で、日本語に訳せば金銭登録機である。チーン、ガシャーンというあれである。これに近い言葉でPOS(point of sales)ターミナルというのがあって、こちらは販売時点情報管理端末のこと。簡単にいえばバーコードリーダー付きのキャッシュレジスターである。スーパーやコンビニで、ピッ、ピッとやる、あれである。
 出かけた際、某スーパーを覗いてみたら、ここに「セルフレジ」と書かれたコーナーがあった。こんな感じです。何か変なものが写っていたらごめんなさい。
 

01
 売り場は奥のほう。
 普通、レジのレーンが平行に設けられていて、我々はその狭い通路に並ぶのだが、セルフレジコーナーはけっこうスペースに余裕がある。手前にいる店員さんは、レジのスキャン係ではなく、アテンダントである。
 では早速買い物をしてみましょう。
 

02
 セルフレジに最接近。商品の入ったかごを置き、中央のスキャナーにバーコードを読ませる。読ませた商品はレジ袋に自分で詰める。最後は、画面右横のスロットに現金を投入して会計完了。思ったよりも簡単で、慣れればかなり早く処理できそう。

 セルフレジのメリットとしては、人件費が削減できる(上記例だとセルフレジ4台につきアテンダント1名で済む)、省スペースとなる(従来に比べておよそ半分)、楽しい(単純にスキャン操作が面白い)、プライバシーが守られる(妙なものを買ってもレジ係に見られなくて済む)などがある。

 その一方で気になるのが、不正精算対策である。各社どのように対応しているのだろうか。
 主要メーカー3社のスペックを見ると、手元に操作確認用のCCDカメラを付ける、はかりで精算前後の商品重量を比較する、などの方法があるようだ。ただ、CCDの場合は必要があればあとで確認するという形だろうから、記録としての意味しかない。はかりはコスト増になるし、精密機器ゆえメンテナンスの手間がかかるから、スーパー側としては積極的に付けたくはないだろう。
 結局は人間が横で見ているのが一番ということになる。というわけで、レジ4台にひとり付くアテンダントは、当然のことながら監視員としての役目を果たしているはずである。

[トップページへ]

2009年8月25日 (火)

幕張新都心

 麻見和史です。幕張新都心を見学してきました。

 JR海浜幕張駅に降り立ち、北口に出てみる。
 

01
 ちょっと傾いている。画像加工省略してます。すみません。

 すっきりきれいな駅前である。各種企業のほかに野球場、幕張メッセ、ホテルなどがある。イベント好きの私はもっと訪れていてもいい場所だと思うのだが、幕張メッセには一度しか来たことがないような気がする。それも、いつだったのか思い出せない……。

 駅前にバス停を発見。ボディのうしろに奇妙な文字がある。
 

02_3
 《全長18m 追越し注意》とは、なんなのか。近づいてみよう。
 

03_2 
 なんとバス2台分の胴体なのだった。こんなバス、いったいどこから乗れば良いのだろうか。前です。
 

04 
 遠方よりのぞむ。こんなに長いのに乗車料金はひとり分だ。
 

05
 おまけ。夕暮れの風景。

 上記2連バスではないのだが、別の車両でICカード(Suica)を使う機会があった。電車ではおなじみだが、バスで使うのは初めてである。なぜ今ごろと思われるかもしれないが、初めてなものは初めてなのである。
 乗車時、ほかの人たちに続いておそるおそるカードを読ませた。降車時また読ませたところ、きちんと減算されていて、JRでSuicaが導入されたとき以来の感動を得た。なかなか便利ではないですか。

[トップページへ]

2009年8月22日 (土)

犬写真(1)

 麻見和史です。イベントがないので、毒にも薬にもならない動物写真シリーズ。

 お店の前につながれている犬を見つけました。おとなしく飼い主を待つ忠犬である。よしよしと頭を撫でてあげようとしたのだが……。
 

01
 目が怖すぎる。どうしたハチ、何かに操られているのか?

[トップページへ]

2009年8月18日 (火)

『女子寮の中』

 麻見和史です。夏期特別企画・制服の人シリーズ3(番外編?)。

『女子寮の中』 佑木瞬 新風舎
 

画像

 第5回新風舎・平間至写真賞ハミングバード賞受賞作品である。新風舎という版元がなくなってしまったので、現在では入手困難だと思うが、この写真集はけっこう気に入っている。
 見るべきところが間違っているかもしれないが、当方、女子寮の内部構造よりも、ここに掲載された食事や弁当の写真に大変惹かれる。唐揚げやハンバーグ、生姜焼きなど、どれもスタンダードなメニューなのだが、じつに美味しそうに撮れているのである。
 人には、「食べること」が身近な楽しみの第一位となる時期がある。舞台が女子寮というなかなかに窮屈な場所であることも手伝って、寮生である佑木さんは食事メニューに毎日期待し、丹念に撮影し続けたのではないか、という気がする。いや、考え過ぎかもしれませんが……。
 もちろん食事メニュー以外の写真も多数あり、共同生活の楽しさがそこここから伝わってきます。

 と、ここまで書いてネット検索してみたら、佑木瞬さんは高校卒業後、写真の学校を出て最近「キャメラマン」デビューしたそうである。今は亡き新風舎も、ひとりの新人カメラマンに道を開いたという功績はあるようだ。

[トップページへ]

2009年8月16日 (日)

『自衛隊ナース物語─自衛隊中央病院高等看護学院』

 麻見和史です。夏期特別企画・制服の人シリーズその2。

『自衛隊ナース物語─自衛隊中央病院高等看護学院』 大野広幸 日本写真企画
 

画像

 自衛官の中には看護師の資格を持つ人たちがいる。
 昭和33年以降、それまでの民間委託をやめ、自衛隊内部で看護師養成を行なうようになったそうだ。この写真集は、自衛隊中央病院高等看護学院で教育を受けた、46期生たちの姿を追ったものである。
 3年間の課程の中で、彼女たちは医療・看護の内容と平行し、自衛官としての教育も受ける。ナースを目指す少女たちがヘルメットをかぶり、行進するさまを見て、いろいろと考えさせられた。
 野営を含めた富士野外訓練、銃の分解・結合や射撃訓練なども紹介されていて、非常に資料価値の高い1冊である。

[トップページへ]

2009年8月12日 (水)

『新幹線ガール』

 麻見和史です。夏期特別企画・制服の人シリーズその1。

『新幹線ガール』 徳渕真利子 メディアファクトリー
 

画像

 昔NHK教育テレビで『はたらくおじさん』という番組が放送されていた。少年タンちゃんと犬のペロくんが、さまざまな職場を訪問し、仕事の内容を教えてもらうという趣向だった。今でいうと、対象年齢はもっと上だが『あしたをつかめ 平成若者仕事図鑑』がそれに近い内容だと思う。
 当方、専門職に興味があるので、こうした番組は大歓迎である。
 専門職の中でも、制服をきちんと着て仕事をする人には特にあこがれる。制服は、集団の中で専門職の存在をアピールすると同時に、着用する本人のプロ意識を喚起する、大事なアイテムだ。

 この本の著者、徳渕真利子さんは、新幹線の車内で弁当や飲み物を販売する「新幹線パーサー」である。表紙にあるのはワゴン販売やトレイ販売をするときの服装だが、列車に乗降する際は上着を着用し、帽子をかぶる。その姿は凛々しく、飛行機のキャビンアテンダントのようにも見える。
 実際、会社としては飛行機並みのサービスを目指して、接客研修を行なっているとのこと。試験に合格すると車掌の資格が得られ、グリーン車の改札業務もできるようになるらしい。当方、グリーン車などには縁がないので、まったく知りませんでした。

 徳渕さんはアルバイトでパーサーになり、その後社員に登用された。入って4カ月後、300人もいる社員パーサーの中で、売上ナンバーワンに輝いた。
 なぜ1位になれたのかとよく訊かれるが、本人にもわからないとのこと。ただ、お客様とのアイコンタクトを重視する、何か買い求められたとき「ご一緒にこちらもいかがですか」ともう一品勧めるようにしている、と彼女は記している。
 徳渕さんの職場では、売上げの多寡は給料に反映しないという。にもかかわらず彼女が頑張っているのは、この仕事が好きだから、という理由による。一度は有名ホテルに就職したが、そこを辞めてこの仕事に移ったそうだ。転職により天職に出あえたという、大変好ましい例だといえる。

[トップページへ]

2009年8月 6日 (木)

シェルピンスキーのギャスケット

 麻見和史です。お台場の日本科学未来館を訪れたときに撮影した写真です。

 未来館の前庭に「シェルピンスキーの森」というものが設置されている。遠くからは、飾りのついた日よけ屋根のように見える。実際そのとおりなのだが、この「飾り」に意味があるらしい。
 

01
 上に載っているのは、なんなのか。近づいてみる。
 

02
 現代アートのオブジェのように見えます。
 

03
 サンプル展示されていた基本ユニット。ちょっと見にくくてすみません。

 シェルピンスキーはポーランドの数学者だそうである。「シェルピンスキーのギャスケット」は、正三角形から小さい正三角形を無限にくりぬき続けることで得られる、フラクタル図形のこと。同様に、正四面体から小さい正四面体をくり抜いていったものを「シェルピンスキー四面体」と呼ぶらしい。屋根の上に並んでいるのは、これである。
  ある方向から見ると隙間がなく、これは日よけの役に立つ。また別の方向から見ると隙間だらけなので、ここは風が抜ける道になる。未来館に設置されたこの構造物は、じつはヒートアイランド対策として考案されたものなのだった。
 いずれ撤去されてしまうそうなので、見るなら今がチャンスである。

[トップページへ]

2009年8月 4日 (火)

ラブラボ(「パンデミックだ!」ほか)

 麻見和史です。サブカルチャー系のイベントではありません。『ラブラボ』は東京大学医科学研究所が主催する、歴としたセミナーである。おもに高校生を対象としているらしく、そういえば8月6日、7日に東大のオープンキャンパスがあるので、それに連動しているのかもしれない。

 東大医科研は白金台にある。地下鉄の駅を出ると、すぐ入り口があった。以前一度訪問したことがあるのだが、そのときは裏口から入ったので、こんなに駅に近いとは思わなかった。
 

01
 重厚な雰囲気の漂う校舎。医科研の前身は明治25年設立の伝染病研究所である。

 講堂は予想より小さめだった。開始10分前にはすでに7割方席が埋まっており、参加者の意気込みが感じられた。
 

02
 ごらんのとおり、高校生諸君が集結している。中にちらほら、年配者の姿も。

 以下、講演内容のメモである。敬称略で失礼します。

「新しい病原体検出法の開発」飯田哲也(大阪大学微生物病研究所教授)
・ゲノムとは、ある生物の持つ遺伝情報のすべて。
・全ゲノムショットガン配列決定法で、DNA解析が相当速くなった。
・感染症のメタゲノミック診断。特定の細菌を狙い撃ちで抽出するのではなく、全部まとめて解析し、病原体がいるかどうかチェックする方法。事前に病原体の情報がなくても、抽出ができる。

「マラリア物語」田邉和裄(大阪大学微生物病研究所教授)
・日本にはもうマラリアはない。しかしアフリカなどでは今も猛威をふるっている。
・恐竜絶滅後、哺乳類の出現とともにマラリア原虫は発生。ヒトの歴史とともに生きてきた。
・赤血球に寄生し、破壊する。高熱を発し、重症化すると脳炎や貧血を起こす。
・マラリアは多型で、ひとつのマラリアにかかっても、また別のマラリアにかかる可能性がある。

「水疱瘡と帯状疱疹って同じウイルスで起こる!?―ヘルペスウイルスの不思議」川口寧(東京大学医科学研究所准教授)
・細菌はそれ自体で増殖できるが、ウイルスは生きた細胞(宿主:しゅくしゅ)に入り込まないと増殖できない。
・ヘルペスウイルス。水疱瘡と帯状疱疹は同じウイルスで引き起こされる。潜伏感染。

「パンデミックだ!」河岡義裕(東京大学医科学研究所教授)
・日本で新型インフルエンザの死者が出なかったのは、タミフルにより重症化がなかったことと、学級閉鎖などで感染拡大が抑えられたのが理由。経済効果云々で学級閉鎖はやりすぎだとする批判があったが、あれは間違っている。
・いつまで新型インフルエンザと呼ぶのか。古典的ブタ+北米鳥+H3N2が混じったものが1997~1998年に発生。そこへユーラシア鳥由来ブタが混じって新型インフルエンザとなった。
・現在南半球で大流行している新型インフルエンザは、この冬間違いなく日本で大流行する。学級閉鎖などをしっかり実施することが必要。
・高齢者が感染しない、というのは正確ではない。90歳以上の人は新型インフルエンザに対する抗体を持っている可能性が高いが、それより若い人は持っていない。季節性のインフルエンザでも感染者は15歳ぐらいがもっとも多いので、今回特別なことが起こったわけではない。
・新型ではウイルス性肺炎が起こる。いつものインフルエンザと違うようだ。
・タミフル耐性インフルエンザが出てきているが、これはパンデミックにはならない。また、新しい治療薬を臨床試験中である。
・マスクは意外と有効。うがいは無効。石鹸による手洗いが一番効果がある。

 河岡先生はインフルエンザ研究の第一人者で、テレビなどの取材も受けていらっしゃるようだが、なぜだか言葉の端々にメディア批判や一般大衆批判の気配が感じられた。先生は研究者であり、実務は厚生労働省やWHOの仕事、というのは事実である。しかし、今もっとも正確な情報を発信できる方のひとりだと思われるだけに、一歩引いたように見えてしまうのは残念な気がした。
 そんなふうに思うのは、もしかしたらテーラーメイド医療のシンポジウムで、間野先生の男気を目の当たりにしたせいかもしれないが……。

[トップページへ]

2009年8月 3日 (月)

テーラーメイド医療を目指したゲノム情報活用基盤技術

 麻見和史です。早めに休みをとってイベント・シンポジウムに出かける週。
 今日は独立行政法人科学技術振興機構(JST)の戦略的創造研究推進事業(CREST)主催による『テーラーメイド医療を目指したゲノム情報活用基盤技術』第5回シンポジウムに参加してきました。

 場所は毎度おなじみ、お台場のみらいCANホール。9時45分ごろ入り口に着いたら、すでに学生さんの団体や家族連れが50人ぐらい、開館を待っていた。さすが夏休みである。当方は7階直行なので裏から入館した。
 

01
 会場風景。みらいCANホールはうしろの席からでも講演者が見やすい。今日は桟敷席ふうの、一段高い場所から控えめに参加。

 過去いろいろなシンポジウムに参加してきたが、今回は群を抜く難解さで、私の知識ではほとんど歯が立たなかった。臨床医学に関することであればまだついていけると思うのだが、ゲノムの話だから目に見える形の資料がほとんどない。さかんに出ていた「SNPs(スニップス)」という言葉がまずわからない。あとで調べてみて「Single Nucleotide Polymorphisms」の略であり、個人による遺伝子の差異、の意味だとわかった。
 今日のシンポジウムは、DNAの個人差を医療にどう活かすか、というのがおもなテーマである。そこへSNPsを知らずに参加するとは、なんと無謀な……。

 以下、演題を並べておきます。例によって敬称略で失礼します。

「染色体およびRNAの機能変化からの疾患の系統的解析」
油谷浩幸(東京大学 先端科学技術研究センター 教授)

「Whole Genome Association解析によるGVHDの原因遺伝子の探索」
小川誠司(東京大学 医学部附属病院 特任准教授)

「大腸癌の発生、進展および治療感受性に関わる因子の解析」
森正樹(大阪大学 大学院医学系研究科 教授)

「分子シャペロン工学に基づく遺伝子解析」
丸山厚(九州大学 先導物質化学研究所 教授)

「生体分子の高次構造形成に基づく遺伝子診断法」
寺前紀夫(東北大学 大学院理学研究科 教授)

「高精度ゲノムアレイの開発と疾患遺伝子の探索」
稲澤譲治(東京医科歯科大学 難治疾患研究所 教授)

「sub-common diseaseの感受性遺伝子同定と個人型易罹患性診断への応用」
井ノ上逸朗(東海大学 総合医学研究所 所長・教授)

「ゲノム解析によるパーキンソン病遺伝子同定と創薬」
戸田達史(神戸大学 大学院医学研究科 教授)

「遺伝子発現調節機構の包括的解析による疾病の個性診断」
間野博行(自治医科大学 分子病態治療研究センター 教授)

 最後の間野先生のものだけは非常にわかりやすく、感動的ですらあった。
 EML4-ALK陽性肺がんは染色体の転座が原因であるため、非喫煙者でも罹患する。ALKキナーゼ阻害剤を投与することで劇的に改善することを間野先生らが突き止め、現在多くの製薬会社で薬剤の開発が進んでいるが、海外でしか治験が行なわれていない。日本で突き止めたというのに、なぜ日本の患者が治験に参加できないのかと間野先生は大いに憤慨し、あちこちに働きかけ、ALK肺がん治療のネットワークを作っているそうである。東京海洋大学・渡邉豊先生にも通じる「自分がなんとかしなければ」という男気を感じた。すばらしい発表であった。

[トップページへ]

2009年8月 2日 (日)

気になるダクト(2)

 麻見和史です。気になるダクト、というか、大変頑張っているダクトを撮影しました。

 銀座をぶらぶらしていると、あちこちにぽっかり更地があるのに気がつく。ビルが林立する場所なので、ひとつ建物がなくなると、それまで隠れていた部分が目について、なんとも奇妙な感じである。
 

01
 この狭い空間に建物があった。ペンシルビルとはよく言ったものである。

 左手に見えるのは角形のダクト、中央奥に見えるのは丸形のアルミダクトである。このアルミダクトが大変頑張っている。
 建物と建物の隙間は数十センチといったところ。ビルの裏に換気口を設けたのだが、8階建てぐらいの下層階では効果が薄い。そこで上へ上へと、たぶん屋上までアルミダクトを伸ばしたのだ。屋上には潜望鏡のように、にょきにょきとダクトの先が並んでいるものと思われる。
 基本的にはまっすぐ上に伸ばしたいところだが、そうするとぶつかってしまうので、やむなくこのような形にしたのだろう。施工者の苦労がしのばれる。
 しかし、こんなに長くしてしまって、ちゃんと機能しているのだろうか……。

[トップページへ]

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

作品リスト

  • 沈黙する女たち(幻冬舎文庫)
    ◆内容紹介
    廃屋に展示されるように残されていた女性の全裸死体。それを撮影したものが会員サイト「死体美術館」にアップされる。「重犯罪取材班・早乙女綾香」シリーズ第2弾。
    (2017/10/6発売予定)
    【文庫書き下ろし】
    ----------------------
  • : <strong>水葬の迷宮: 警視庁特捜7 (新潮文庫)</strong>

    水葬の迷宮: 警視庁特捜7 (新潮文庫)
    ◆内容紹介
    捜査で判明する新たな事実によってパズルのように埋まっていく謎解きの興趣。緻密な伏線が冴える本格捜査ミステリー。
    ★本書は『特捜7 銃弾』の文庫版です。
    (2017/9/1発売)
    【四六判を文庫化】
    ----------------------

  • : <strong>蝶の力学 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)</strong>

    蝶の力学 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)
    ◆内容紹介
    遺体の首に挿された青い花。猟奇的な装飾に戦慄する殺人分析班は、新聞社に届いた挑戦状らしきメールに言葉を失う。
    (2017/7/14発売)
    【ノベルスを文庫化】
    ----------------------

  • : <strong>奈落の偶像 警視庁捜査一課十一係</strong>

    奈落の偶像 警視庁捜査一課十一係
    ◆内容紹介
    〈警視庁捜査一課十一係/如月塔子〉シリーズ最新第九作。日本最大の繁華街で起きた殺人事件に、女性刑事・如月が挑む!
    (2017/7/6発売)
    ----------------------

  • : <strong>永久囚人 警視庁文書捜査官</strong>

    永久囚人 警視庁文書捜査官
    ◆内容紹介
    殺人予告か非業の手記か──。謎の小説を解読せよ! 奇妙な幻想小説どおりに殺人事件が! 文字マニア・鳴海理沙警部補が謎に迫る。
    (2017/3/25発売)
    ----------------------

  • : <strong>警視庁文書捜査官 (角川文庫)</strong>

    警視庁文書捜査官 (角川文庫)
    ◆内容紹介
    捜査一課に設置された文書解読班。文章心理学を学んだ鳴海理沙警部補は、右手首が切断された不可解な殺人事件を捜査する。現場に残されたカードの意味とは?
    (2017/1/25発売)
    【四六判を文庫化】
    ----------------------

  • : <strong>共犯レクイエム―公安外事五課 (ハルキ文庫)</strong>

    共犯レクイエム―公安外事五課 (ハルキ文庫)
    ◆内容紹介
    〈裏切者(モグラ)は誰だ!? 上司を、同僚を、監視する女〉──公安部に異動になった篠原早紀は、東欧スパイを調査する傍ら、組織内の裏切者を探すことに…。
    (2016/12/15発売)
    【文庫書き下ろし】
    ----------------------

  • : <strong>女神の骨格 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)</strong>

    女神の骨格 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)
    ◆内容紹介
    洋館で火災が発生。鎮火後、隠し部屋で発見された白骨遺体は、頭部が男性、胴体が女性だった! この家でいったい何が? 如月塔子シリーズ第六弾の文庫化。
    (2016/11/15発売)
    【ノベルスを文庫化】
    ----------------------

  • : <strong>雨色の仔羊 警視庁捜査一課十一係</strong>

    雨色の仔羊 警視庁捜査一課十一係
    ◆内容紹介
    SOSメッセージの書かれたタオルを手掛かりに、如月塔子と鷹野は捜査を開始するが…。事件の鍵を握るのは九歳の少年? 十一係シリーズ第八弾。
    (2016/11/8発売)
    ----------------------

  • : <strong>死者の盟約 特捜7</strong>

    死者の盟約 特捜7
    ◆内容紹介
    傷のない遺体の顔に、なぜ犯人は包帯を巻いていったのか? 心配性の岬と楽天家の里中が捜査を開始する。TVドラマ化された『特捜7 銃弾』の続編!
    (2016/3/22発売)
    ----------------------

  • : <strong>聖者の凶数 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)</strong>

    聖者の凶数 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)
    ◆内容紹介
    アパートの空き部屋で、顔と両腕を損壊された遺体が見つかった。腹に書かれた「27」は何を意味するのか。如月塔子と鷹野は年末の上野界隈で捜査を開始するが…。
    (2016/1/15発売)
    【ノベルスを文庫化】
    ----------------------

  • : <strong>蝶の力学 警視庁捜査一課十一係</strong>

    蝶の力学 警視庁捜査一課十一係
    ◆内容紹介
    資産家夫妻の殺人・誘拐事件が発生。相棒離脱の中、如月塔子はこの猟奇的な事件を解決できるのか? シリーズ第七弾!
    (2015/12/3発売)
    ----------------------

  • : <strong>深紅の断片 警防課救命チーム</strong>

    深紅の断片 警防課救命チーム
    ◆内容紹介
    「少女が閉じ込められている」それは犯人からの119番通報だった…。命を弄ぶ凶悪犯に立ち向かうのは、命を助ける術しか持たない、救急隊!
    (2015/5/27発売)
    ----------------------

  • : <strong>虚空の糸 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)</strong>

    虚空の糸 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)
    ◆内容紹介
    刺殺遺体が握っていたナイフの意味とは。犯人は二億円を用意できなければ、都民を一人ずつ殺害すると予告。殺人分析班が推理する!
    (2015/5/15発売)
    【ノベルスを文庫化】
    --------------------

  • : <strong>警視庁文書捜査官</strong>

    警視庁文書捜査官
    ◆内容紹介
    文章心理学を使って殺人犯を追跡する捜査官・鳴海理沙登場!
    (2015/1/29発売)
    --------------------

  • : <strong>女神の骨格 警視庁捜査一課十一係</strong>

    女神の骨格 警視庁捜査一課十一係
    ◆内容紹介
    発見された白骨は、男性の頭部と女性の胴体だった。刑事・如月塔子が事件の真相を追う!
    (2014/12/3発売)
    --------------------

  • : <strong>屑の刃 重犯罪取材班・早乙女綾香 (幻冬舎文庫)</strong>

    屑の刃 重犯罪取材班・早乙女綾香 (幻冬舎文庫)
    ◆内容紹介
    腹部に煙草の吸い殻と空き缶を押し込まれた遺体。CS放送記者・早乙女綾香が取材に走る!
    (2014/10/9発売)
    【文庫書き下ろし】
    --------------------

  • : <strong>特捜7: 銃弾</strong>

    特捜7: 銃弾
    ◆内容紹介
    警官殺しと両腕のない死体。一課のエースと変わり者の女性刑事が謎を追う!
    (2014/5/22発売)
    --------------------

  • : <strong>水晶の鼓動 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)</strong>

    水晶の鼓動 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)
    ◆内容紹介
    殺人現場は、部屋中真っ赤に染められた「赤い部屋」だった。東京を震撼させる連続爆破事件との関連はあるのか――。
    (2014/5/15発売)
    【ノベルスを文庫化】
    --------------------

  • : <strong>聖者の凶数 警視庁捜査一課十一係</strong>

    聖者の凶数 警視庁捜査一課十一係
    ◆内容紹介
    顔と腕が損壊された死体。その腹部には《27》という謎の数字が記されていた。新米女刑事・如月が挑む、もっとも残酷で哀しい事件!
    (2013/12/5発売)
    --------------------

  • : <strong>蟻の階段 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)</strong>

    蟻の階段 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)
    ◆内容紹介
    惨殺死体と共に発見されたのは頭蓋骨・白い花・掛け時計・スープ皿。一体何を意味するのか。殺人分析班が卓越した推理力で犯人に挑む。
    (2013/10/16発売)
    【ノベルスを文庫化】
    --------------------

  • : <strong>石の繭 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)</strong>

    石の繭 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)
    ◆内容紹介
    モルタルで固められた惨殺死体発見――犯人より愛宕署特捜本部へ電話が。新米女性刑事・塔子が交渉相手となったが。本格警察ミステリーの白眉。
    (2013/5/15発売)
    【ノベルスを文庫化】
    ★文庫化にあたり、ノベルス版に加筆訂正を行いました。以後の文庫も同様です。
    --------------------

  • : <strong>虚空の糸 警視庁捜査一課十一係</strong>

    虚空の糸 警視庁捜査一課十一係
    ◆内容紹介
    「見抜いた!」と思ったら“見抜かされていた”、この衝撃!――宇田川拓也さん(ときわ書房本店)
    人質は東京都民1300万人。前代未聞の警視庁脅迫事件!
    (2013/4/4発売)
    --------------------

  • : <strong>ヴェサリウスの柩(創元推理文庫)</strong>

    ヴェサリウスの柩(創元推理文庫)
    ◆内容紹介
    解剖中の遺体から発見された告発文。黒い絨毯の上で踊る死者──大学医学部で次々起こる不可解な事件。若き女性解剖学者が医学教室の謎に挑む! 第16回鮎川哲也賞受賞作。
    (2012/5/30発売)
    【四六判を文庫化】
    --------------------

  • : <strong>水晶の鼓動 警視庁捜査一課十一係</strong>

    水晶の鼓動 警視庁捜査一課十一係
    ◆内容紹介
    部屋中真っ赤に染められた「赤い部屋」で殺人事件が起き、新人刑事・如月塔子と相棒の鷹野は遺留品の捜査を開始する。
    時を同じくして、都内各所で連続爆破事件が発生。 果たして、「赤い部屋」の謎と東京の運命は?
    (2012/5/8発売)
    --------------------

  • : <strong>蟻の階段 警視庁捜査一課十一係</strong>

    蟻の階段 警視庁捜査一課十一係
    ◆内容紹介
    新米女刑事・如月塔子が挑む、新たな難事件
    頭蓋骨、白い花、掛け時計、スープ皿――遺体の周りに残された奇妙な四つの品の意味とは? 本格ミステリの緻密さと警察小説の迫力が融合! 好評シリーズ第二弾
    (2011/10/6発売)
    --------------------

  • : <strong>石の繭 警視庁捜査一課十一係</strong>

    石の繭 警視庁捜査一課十一係
    ◆内容紹介
    警視庁捜査一課の女性刑事を描く骨太小説!モルタルで固められた死体と大ポンペイ展の石膏像との関係は?捜査本部にたびたび電話をかけてくる大胆不敵で異常な犯人と、捜査一課の女性刑事との攻防始まる。
    (2011/5/10発売)
    --------------------
          ↑
    2008/10月~2011/4月
        暗黒時代
          ↓
    --------------------

  • : <strong>真夜中のタランテラ</strong>

    真夜中のタランテラ
    長編第2作。
    【在庫なし・文庫化の予定なし】
    (2008/9/30発売)
    --------------------

  • : <strong>ヴェサリウスの柩</strong>

    ヴェサリウスの柩
    第16回鮎川哲也賞受賞作。大学医学部を舞台に「解剖」と「遺体」を描いたミステリーです。献体された「ご遺体」から謎の脅迫状が発見され、その記述に従うように不気味な事件が発生します。【在庫なし】
    (2006/9/30発売)