活動状況

  • ======================
    ■小説関係(2017/12/9)
    ======================
    ●2017年12月6日、十一係シリーズ10作目『鷹の砦』(講談社ノベルス)が発売されました。
    ----------------------
    ●2017年10月6日『沈黙する女たち』(幻冬舎文庫)が発売されました。
    ----------------------
    ●2017年9月1日『水葬の迷宮 警視庁特捜7』(新潮文庫)が発売されました。これは『特捜7 銃弾』の文庫版となります。
    ----------------------
    ●2017年7月6日、十一係9『奈落の偶像』が発売されました。また7月14日、十一係7の文庫版『蝶の力学』が発売されました。
    ----------------------
    ●2017年3月25日、『永久囚人 警視庁文書捜査官』が発売されました。
    ----------------------
    ●2017年1月25日、『警視庁文書捜査官』(文庫版)が発売されました。
    ----------------------
    ●2016年11月13日~WOWOWにてドラマ『水晶の鼓動』(全5話)が放送されました。

  • ======================
    ■イベント関係(2015/6/21)
    ======================
    ●最近イベント参加が減っております。どのへんが「イベント・シンポジウム日記」なのかわからなくなってきました。

    ●麻見のTwitterアカウントは
    こちらです→ @asamikazushi
無料ブログはココログ

備忘

CHK

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月の記事

2009年4月28日 (火)

奇妙なナス

 麻見和史です。最近ばたばたしていて、勉強に出かける機会が減っております。
 今日は奇妙なナスでコントをやります。どのへんが「イベント・シンポジウム日記」なのか、だんだんわからなくなってきました。

◆ナス次郎の告白1

Nasu01
「今まで隠してたけど、俺、じつは天狗なんだよね」

◆夏の夜

Nasu02_2
「うーん、うーん」

Nasu01_2
「寝苦しい……」

◆ナス次郎の告白2

Nasu01_4
「俺、むかし手塚キャラやってたんだよね」

◆部活

Nasu01_5
後輩 「うう、もう駄目です先輩」
先輩 「なんだよおまえ、体でかいくせにだらしないぞ。腕立て20回追加!」

◆レストランにて

Nasu01_6
「ちょっとあーた、早くお釣りをちょうだいよ」
「ええっ、チップのお釣りですかマダム」

◆ナス次郎の告白3

Nasu01_7
「セーター着るとき、引っかかるんだよね」

[トップページへ]

2009年4月25日 (土)

サハラ砂漠の砂

 麻見和史です。部屋を片づけていて見つけた、無用物シリーズ。

Sahara_suna 

 長さ5センチぐらいの容器に赤い砂がおさめられていて、ラベルには「サハラ砂漠の砂」と書いてある。サハラの砂が、なぜこんな場所に?
 よく見ると「採集地:モロッコ・カサブランカ東方約500km Erfoud北方約70km地点」とあり、裏には「かはくショップ \310」というシールが貼ってあった。

 かはく=上野の科学博物館のことだろう。そういえば、ミュージアムショップで気まぐれにこんなものを買ったことがあったかもしれない。今となっては、何が心の琴線に触れたのかさっぱりわからないのだが……。

 5分ぐらい眺め、無用だなあと思いながら、もとの引き出しに戻しておいた。

[トップページへ] 

ANA機体メンテナンスセンター」・「羽田空港」などの記事もどうぞ。

2009年4月21日 (火)

羽田空港(3)

 麻見和史です。羽田空港見学記の最終回です。

◆ターミナル2はターミナル1よりコンパクトである

01_2
 建物を見てもターミナル2のほうが1フロア少なくなっている。もし空港全部を見学するなら、体力のあるうちに1を見て、くたびれてきたころ、2に移動するのがよいかも。
 写真はターミナル2の商業施設が集まっている部分です。恰好よいです。

◆ターミナル2の天井は斜めになっている

02
 写真のとおりである。だんだんトリビアでなくなってきた。

◆離陸用滑走路と着陸用滑走路は可変である

05
 風向きによって変わります。この日はターミナル1側のA滑走路が離陸用、ターミナル2側のC滑走路が着陸用となっていた。このほかにB滑走路があり、また現在D滑走路を建設中なので、将来はさらに複雑になりそうだ。
 写真はターミナル2の展望台。展望台はターミナル1、2のどちらにもあるが、見応えがあるのは広い1のほうである。そちらの写真は用意していなくてすみません。

◆羽田空港にはポケモンが(以下略)

07_2
 遠くに見えております。ポケモンジェットはANAの飛行機。
 じつは、ターミナル2の展望台は、狭い上に金網が邪魔で、ものすごく写真が撮りづらい。ところどころ10センチ四方ぐらいの穴が空いているのだが、携帯電話で撮影しようと思うと、電話ごと腕を金網の外に出さなくてはならないのである。落としたりしたら大変だ。この写真も、かなり緊張しながら撮ってきました。

◆高速バスは第二ターミナルが始発である

 08
 かなり路線の充実している高速バス。お値段は電車単独より数百円高いが、帰りはこれに乗ってみました。すべて自由席。第二ターミナル(ANA側)が始発なので、確実に窓際に座りたい場合はそちらに行ったほうがよいだろう。切符は到着ロビーの自動販売機で買えます。
 同じ乗り場からいろんなバスが出るが、行き先ごとに3列に並ぶよう係の人が誘導してくれるので安心だ。この日は、15分ほど前に並んで、好みの席を確保できた。第一ターミナルでまた人が乗ってくるので、心の準備をしておこう。
 渋滞もなく、電車単独に比べたら半分ぐらいの時間で帰ってくることができた。すばらしい。

 以上、羽田空港見学記でした。
 ところで、20日の夜、19時のNHKニュースの最後に、ANA機体メンテナンスセンター見学の話題が出てびっくりした。私が見学したときは足場が邪魔だったのに、このときの映像では機体がはっきり見えているではないか。悔しいなあ、もう。
 インタビューを受けた女性が、ただで見学できてお土産までもらえましたと喜んでいたが、お土産っていったいなんのことだろう。テレビ用?

[トップページへ]

2009年4月15日 (水)

羽田空港(2)

 麻見和史です。羽田空港見学記の第2回です。

◆羽田空港にはターミナル直結のホテルがある

06
 これは初歩的な知識? チェックアウトしたらすぐ出発ロビー、というのはなかなか魅力的です。

◆手荷物検査場の前に危険物が捨ててある

05
 機内に持ち込めないガスライターやハサミなどを捨てるための箱がたくさん用意してある。かき集めたらバザーが開けそう。

◆羽田空港には安い理髪店がある

02 
 真ん中を影のような少年が歩いていますが、その左側が安い理髪店。少しでも重量を減らすため、髪の毛を切って飛行機に乗ることがマナーとされているのか?(違います)

◆羽田空港のターミナルには交番がある

07
 
あったのだが、この交番は無人でした。

◆羽田空港には狭い喫煙所がある

03
 隔離されております。

◆羽田空港にはポケモンがいる

08_2 
 ピカチュウ発見! たまたまエプロンに駐機していたようです。

 今日はここまで。次回へ続きます。

[トップページへ]

2009年4月12日 (日)

羽田空港(1)

 麻見和史です。4月9日にANA機体メンテナンスセンターを見学したあと、羽田空港(東京国際空港)まで足を伸ばしてみました。

 モノレールの新整備場に行くと、ちょうど普通列車がやってきたところだったのでそれに飛び乗る。ひとつ隣の羽田空港第一ビル駅で下車。
 とりあえずうろうろしてみる。もう何年も飛行機とは無縁な生活をしているので、何を見ても新鮮だ。
 というわけでここから先は、自分も含めて、かなり初心者向けのメモとなります。若干トリビアもあり。

◆おもに第一ターミナルはJAL、第二ターミナルはANA用である
 そういえばそうだったかなという程度には記憶していた。第二ターミナルが出来る前は、両方混在していたということか。今は利用する会社によって、モノレールまたは京浜急行の下車駅が変わるというわけだ。常識ですか、すみません。

◆第一ターミナルにマクドナルドがある
 前に来たときは存在しなかったように思う。空港のパンフレットを見たが発見できなかったので、やはり新しいのではないか。店は大変小さく、すべてのメニューは揃っていない模様。座席がないので、基本的にはテイクアウトのみだと思われる。飛行機の中で食べる人がいたらどうしよう。

◆羽田空港には飛行機関連の書物が多い
 第一ターミナル地下一階にブックスフジという書店がある。航空機関系がかなり充実しています。航空図書館にさえ存在しなかった資料が見つかってびっくりした。
 第二ターミナルの丸善にも羽田空港本などがけっこう並んでいた。

◆羽田空港にはコンビニがある
 第一ターミナルにAir LAWSONが2店舗、第二ターミナルにはam/pmがあった。デジカメの電池が切れたため、充電式の電池を探したのだが、さすがにそれは手に入らなかった。

◆第一ターミナルには保育園がある

01
 ドアの向こうにあるため中は見えませんでした。空港関係者が利用するのだろうか。

02_2
 振り返るとロビーが見えます。ちょっと高いところにある。

◆ターミナル間は地下通路でつながっている

03
 これは常識でしたか。ターミナル間を行き来する無料バスもあるようです。

 以下、次回に続く。

[トップページへ]

2009年4月 9日 (木)

ANA機体メンテナンスセンター

 麻見和史です。今日は仕事を調整し、ANA機体メンテナンスセンターの見学に行ってきました。1カ月ほど前から楽しみにしていた、4月のメインイベントである。

 日本のエアラインのうち一般人に機体工場を見学させてくれるのは、ANA(全日本空輸株式会社)とJAL(株式会社日本航空)の2社である。いずれもウェブサイトに案内があるが、ANAが土日以外は毎日3回のコースを設定してくれているのに対し、JALは月に何回といった感じで非常にチャンスが少ないことがわかった。というわけで、今回は予約の取りやすい全日空を見学することになりました。
 ウェブサイトに申し込みフォームがあり、どの日のどの時間に空きがあるか確認できる。初めてサイトを見たときは2カ月先ぐらいまでびっしり埋まっていて、こりゃどうしたものかと考え込んでしまったが、じつはキャンセルの人がけっこういるとわかった。まめにチェックしていると、以前埋まっていた日が急に空いたりする。今回はその手で予約が取れました。

 浜松町からモノレールで新整備場駅へ。普通列車しか停まらないので、時間には余裕を持って行ったほうがいいようだ。また、「新」の付かない整備場駅もあるので要注意である。
 地上への出口は一カ所のみなので迷うことはなかった。外へ出ると金網のはるか向こうに東京国際空港(羽田空港)のターミナル1が見えている。モノレールだと次の駅があそこである。
 出てすぐ右にJALの建物がある。橋が見える方向にどんどん歩いていく。JALの工場を三つ過ぎると、その向こうにANAの建物が見える。羽田空港の地図で見ると、西の端、A滑走路の隣に四角い建物が四つ並んでいる。この一番南側だ。
 徒歩15分くらいで到着。写真をごらんください。

01 

 入り口に受付があり、そこで入館手続きをする。
 3階の広いセミナールームに通され、そこで前半は企業説明を聞いたり簡単なクイズ、ビデオ視聴などで過ごす。クイズで正解すると非売品のボールペンやマウスパッド、メモ帳などがもらえる。たぶん問題は毎回同じだと思うのだが、大人げないので答えはここに書きません。

 現在ANAはボーイング社の新型機B-787を発注しているとのこと。機体には炭素繊維が使用され、モノコック構造の断面を見せてもらったところ、かなりシンプルな作りになっている。これを採用することで燃料が約20%節約できるらしい。

 さて、後半はいよいよ機体工場の見学ツアーである。
 参加者は全部で60名ぐらいだったと思うが、3つのグループに分かれて出発。各員青いヘルメットをかぶる。
 写真撮影は自由とのことだったので、たくさん撮ってきた。その一部をご紹介します。

07 

 上の写真は工場から外を見たところ。逆光になっているので暗く見えるが、これはこれでいい雰囲気。

02 

 現在は2機を整備中だった。上の写真、周囲に足場が組まれているのでわかりづらいのだが、奥の明るいほうに機首を向けてます。主翼の一部が見えている。

06 

 1階へ下りてきました。上の写真は、正面に回り込んだところ。やっと顔が見えた!

05

 エンジンもカバーを外してチェック中。工場は広いので、移動に自転車(三輪車)を使うらしい。写真左下に注目です。

 工場の目の前はA滑走路の終端で、飛び立っていく飛行機が何機も見えた。天候に恵まれた日だったので、非常に気持ちがいい。

 1時間半ほどで全行程を終了。1階ホールにある売店を見物したあと、外に出た。
 せっかくここまで来たのだから、羽田空港まで足を伸ばすことにする。大人の社会科見学である。
 ターミナル1まで歩けそうな気がしたのだが、道があるかどうかわからないのであきらめた。おとなしくモノレールに乗って移動。

 ということで、次回のエントリーは羽田空港の見学です。

[トップページへ]

2009年4月 5日 (日)

アップルストア銀座

 麻見和史です。今日は銀座3丁目にあるアップルストア銀座を見学してきました。

 外観は非常にシンプルで看板もないのだが、あのマークを見ればなんのお店かわかるのである。信号機の支柱がかぶった写真ですみません。

Appleginza 

 このビルの3階にはちょっとしたセミナー会場があり、連日ワークショップをやっている。apple社のサイトから各店へ飛ぶとスケジュールが確認できます。
 他のお店では予約が必要だが、銀座店は自由に出入りできると知人から聞いたので、後学のため参加してみた。
 正面入り口から奥へ進んで、エレベーターまたは階段で3階へ上がる。すると壁もついたてもなく、いきなりそこが会場になっている。
 ワークショップというと何かやらされるのかと不安に思ってしまうが、実機に触ることはなく、大きく映し出された画面でデモを見るかたちだった。

 13時からAdobe Photoshop Elementsの説明を聞く。
 Macの知識は皆無に等しいため、OS Xの画面は非常に新鮮である。Photoshopは少しいじったことがあるが、マジック抽出とパノラマ写真合成機能に度肝を抜かれた。DTPの世界もずいぶん進化しているようである。

 ワークショップはだいたい1時間単位で、行けばゆっくり座れるので、今後もちょこちょこ覗いてみたい。

[トップページへ]

2009年4月 3日 (金)

『軍艦島─眠りのなかの覚醒』

 麻見和史です。春休み特別企画、廃墟特集その4。

『軍艦島─眠りのなかの覚醒』 雑賀雄二 淡交社

画像

 世界遺産への登録運動などもあって、一般の知名度が上がってきた軍艦島。外観が軍艦に似ているためそう呼ばれるようになったが、本来の名称は端島(はしま)である。
 三菱が炭坑を経営し、島内には多くの労働者とその家族が住んだ。1974年に閉山されてからは島そのものが巨大な廃墟と化し、廃墟探検家のあこがれの場所となっている。

 本書の写真はすべてモノクロだが、それが抜群の効果を発揮している。
 常々考えていたことだが、モノクロ写真の良さは、汚れを感じさせないことだろう。実際に廃墟に出かけてみれば、ゴミだらけだったり何かの死骸や腐敗物が散乱していたりするわけだが、白と黒で描写するとそれが奇妙に美しくなるのである。色の氾濫する時代にあって、モノクロ写真は単に懐古趣味を助けるだけでなく、人の想像力を刺激するきわめて上品な表現方法になっているのだと思う。

 高低差の大きい土地にアパートや商業施設を建てているため、あちこちに階段がある。その朽ち果て具合がとてもいい。
 見取り図・断面図や、住民が島を去る日のルポルタージュなども載っていて、大変資料価値の高い1冊である。

[トップページへ]

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

作品リスト

  • 鷹の砦 警視庁捜査一課十一係
    ◆内容紹介
    人質は、刑事・如月塔子。凶悪犯の魔手から生還せよ! 最悪の知能犯グループVS.<殺人分析班>
    (2017/12/6発売)
    ----------------------
  • : <strong>沈黙する女たち (幻冬舎文庫)</strong>

    沈黙する女たち (幻冬舎文庫)
    ◆内容紹介
    廃屋に展示されるように残されていた女性の全裸死体。それを撮影したものが会員サイト「死体美術館」にアップされる。「重犯罪取材班・早乙女綾香」シリーズ第2弾。
    (2017/10/6発売)
    【文庫書き下ろし】
    ----------------------

  • : <strong>水葬の迷宮: 警視庁特捜7 (新潮文庫)</strong>

    水葬の迷宮: 警視庁特捜7 (新潮文庫)
    ◆内容紹介
    捜査で判明する新たな事実によってパズルのように埋まっていく謎解きの興趣。緻密な伏線が冴える本格捜査ミステリー。
    ★本書は『特捜7 銃弾』の文庫版です。
    (2017/9/1発売)
    【四六判を文庫化】
    ----------------------

  • : <strong>蝶の力学 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)</strong>

    蝶の力学 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)
    ◆内容紹介
    遺体の首に挿された青い花。猟奇的な装飾に戦慄する殺人分析班は、新聞社に届いた挑戦状らしきメールに言葉を失う。
    (2017/7/14発売)
    【ノベルスを文庫化】
    ----------------------

  • : <strong>奈落の偶像 警視庁捜査一課十一係</strong>

    奈落の偶像 警視庁捜査一課十一係
    ◆内容紹介
    〈警視庁捜査一課十一係/如月塔子〉シリーズ最新第九作。日本最大の繁華街で起きた殺人事件に、女性刑事・如月が挑む!
    (2017/7/6発売)
    ----------------------

  • : <strong>永久囚人 警視庁文書捜査官</strong>

    永久囚人 警視庁文書捜査官
    ◆内容紹介
    殺人予告か非業の手記か──。謎の小説を解読せよ! 奇妙な幻想小説どおりに殺人事件が! 文字マニア・鳴海理沙警部補が謎に迫る。
    (2017/3/25発売)
    ----------------------

  • : <strong>警視庁文書捜査官 (角川文庫)</strong>

    警視庁文書捜査官 (角川文庫)
    ◆内容紹介
    捜査一課に設置された文書解読班。文章心理学を学んだ鳴海理沙警部補は、右手首が切断された不可解な殺人事件を捜査する。現場に残されたカードの意味とは?
    (2017/1/25発売)
    【四六判を文庫化】
    ----------------------

  • : <strong>共犯レクイエム―公安外事五課 (ハルキ文庫)</strong>

    共犯レクイエム―公安外事五課 (ハルキ文庫)
    ◆内容紹介
    〈裏切者(モグラ)は誰だ!? 上司を、同僚を、監視する女〉──公安部に異動になった篠原早紀は、東欧スパイを調査する傍ら、組織内の裏切者を探すことに…。
    (2016/12/15発売)
    【文庫書き下ろし】
    ----------------------

  • : <strong>女神の骨格 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)</strong>

    女神の骨格 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)
    ◆内容紹介
    洋館で火災が発生。鎮火後、隠し部屋で発見された白骨遺体は、頭部が男性、胴体が女性だった! この家でいったい何が? 如月塔子シリーズ第六弾の文庫化。
    (2016/11/15発売)
    【ノベルスを文庫化】
    ----------------------

  • : <strong>雨色の仔羊 警視庁捜査一課十一係</strong>

    雨色の仔羊 警視庁捜査一課十一係
    ◆内容紹介
    SOSメッセージの書かれたタオルを手掛かりに、如月塔子と鷹野は捜査を開始するが…。事件の鍵を握るのは九歳の少年? 十一係シリーズ第八弾。
    (2016/11/8発売)
    ----------------------

  • : <strong>死者の盟約 特捜7</strong>

    死者の盟約 特捜7
    ◆内容紹介
    傷のない遺体の顔に、なぜ犯人は包帯を巻いていったのか? 心配性の岬と楽天家の里中が捜査を開始する。TVドラマ化された『特捜7 銃弾』の続編!
    (2016/3/22発売)
    ----------------------

  • : <strong>聖者の凶数 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)</strong>

    聖者の凶数 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)
    ◆内容紹介
    アパートの空き部屋で、顔と両腕を損壊された遺体が見つかった。腹に書かれた「27」は何を意味するのか。如月塔子と鷹野は年末の上野界隈で捜査を開始するが…。
    (2016/1/15発売)
    【ノベルスを文庫化】
    ----------------------

  • : <strong>蝶の力学 警視庁捜査一課十一係</strong>

    蝶の力学 警視庁捜査一課十一係
    ◆内容紹介
    資産家夫妻の殺人・誘拐事件が発生。相棒離脱の中、如月塔子はこの猟奇的な事件を解決できるのか? シリーズ第七弾!
    (2015/12/3発売)
    ----------------------

  • : <strong>深紅の断片 警防課救命チーム</strong>

    深紅の断片 警防課救命チーム
    ◆内容紹介
    「少女が閉じ込められている」それは犯人からの119番通報だった…。命を弄ぶ凶悪犯に立ち向かうのは、命を助ける術しか持たない、救急隊!
    (2015/5/27発売)
    ----------------------

  • : <strong>虚空の糸 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)</strong>

    虚空の糸 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)
    ◆内容紹介
    刺殺遺体が握っていたナイフの意味とは。犯人は二億円を用意できなければ、都民を一人ずつ殺害すると予告。殺人分析班が推理する!
    (2015/5/15発売)
    【ノベルスを文庫化】
    --------------------

  • : <strong>警視庁文書捜査官</strong>

    警視庁文書捜査官
    ◆内容紹介
    文章心理学を使って殺人犯を追跡する捜査官・鳴海理沙登場!
    (2015/1/29発売)
    --------------------

  • : <strong>女神の骨格 警視庁捜査一課十一係</strong>

    女神の骨格 警視庁捜査一課十一係
    ◆内容紹介
    発見された白骨は、男性の頭部と女性の胴体だった。刑事・如月塔子が事件の真相を追う!
    (2014/12/3発売)
    --------------------

  • : <strong>屑の刃 重犯罪取材班・早乙女綾香 (幻冬舎文庫)</strong>

    屑の刃 重犯罪取材班・早乙女綾香 (幻冬舎文庫)
    ◆内容紹介
    腹部に煙草の吸い殻と空き缶を押し込まれた遺体。CS放送記者・早乙女綾香が取材に走る!
    (2014/10/9発売)
    【文庫書き下ろし】
    --------------------

  • : <strong>特捜7: 銃弾</strong>

    特捜7: 銃弾
    ◆内容紹介
    警官殺しと両腕のない死体。一課のエースと変わり者の女性刑事が謎を追う!
    (2014/5/22発売)
    --------------------

  • : <strong>水晶の鼓動 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)</strong>

    水晶の鼓動 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)
    ◆内容紹介
    殺人現場は、部屋中真っ赤に染められた「赤い部屋」だった。東京を震撼させる連続爆破事件との関連はあるのか――。
    (2014/5/15発売)
    【ノベルスを文庫化】
    --------------------

  • : <strong>聖者の凶数 警視庁捜査一課十一係</strong>

    聖者の凶数 警視庁捜査一課十一係
    ◆内容紹介
    顔と腕が損壊された死体。その腹部には《27》という謎の数字が記されていた。新米女刑事・如月が挑む、もっとも残酷で哀しい事件!
    (2013/12/5発売)
    --------------------

  • : <strong>蟻の階段 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)</strong>

    蟻の階段 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)
    ◆内容紹介
    惨殺死体と共に発見されたのは頭蓋骨・白い花・掛け時計・スープ皿。一体何を意味するのか。殺人分析班が卓越した推理力で犯人に挑む。
    (2013/10/16発売)
    【ノベルスを文庫化】
    --------------------

  • : <strong>石の繭 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)</strong>

    石の繭 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)
    ◆内容紹介
    モルタルで固められた惨殺死体発見――犯人より愛宕署特捜本部へ電話が。新米女性刑事・塔子が交渉相手となったが。本格警察ミステリーの白眉。
    (2013/5/15発売)
    【ノベルスを文庫化】
    ★文庫化にあたり、ノベルス版に加筆訂正を行いました。以後の文庫も同様です。
    --------------------

  • : <strong>虚空の糸 警視庁捜査一課十一係</strong>

    虚空の糸 警視庁捜査一課十一係
    ◆内容紹介
    「見抜いた!」と思ったら“見抜かされていた”、この衝撃!――宇田川拓也さん(ときわ書房本店)
    人質は東京都民1300万人。前代未聞の警視庁脅迫事件!
    (2013/4/4発売)
    --------------------

  • : <strong>ヴェサリウスの柩(創元推理文庫)</strong>

    ヴェサリウスの柩(創元推理文庫)
    ◆内容紹介
    解剖中の遺体から発見された告発文。黒い絨毯の上で踊る死者──大学医学部で次々起こる不可解な事件。若き女性解剖学者が医学教室の謎に挑む! 第16回鮎川哲也賞受賞作。
    (2012/5/30発売)
    【四六判を文庫化】
    --------------------

  • : <strong>水晶の鼓動 警視庁捜査一課十一係</strong>

    水晶の鼓動 警視庁捜査一課十一係
    ◆内容紹介
    部屋中真っ赤に染められた「赤い部屋」で殺人事件が起き、新人刑事・如月塔子と相棒の鷹野は遺留品の捜査を開始する。
    時を同じくして、都内各所で連続爆破事件が発生。 果たして、「赤い部屋」の謎と東京の運命は?
    (2012/5/8発売)
    --------------------

  • : <strong>蟻の階段 警視庁捜査一課十一係</strong>

    蟻の階段 警視庁捜査一課十一係
    ◆内容紹介
    新米女刑事・如月塔子が挑む、新たな難事件
    頭蓋骨、白い花、掛け時計、スープ皿――遺体の周りに残された奇妙な四つの品の意味とは? 本格ミステリの緻密さと警察小説の迫力が融合! 好評シリーズ第二弾
    (2011/10/6発売)
    --------------------

  • : <strong>石の繭 警視庁捜査一課十一係</strong>

    石の繭 警視庁捜査一課十一係
    ◆内容紹介
    警視庁捜査一課の女性刑事を描く骨太小説!モルタルで固められた死体と大ポンペイ展の石膏像との関係は?捜査本部にたびたび電話をかけてくる大胆不敵で異常な犯人と、捜査一課の女性刑事との攻防始まる。
    (2011/5/10発売)
    --------------------
          ↑
    2008/10月~2011/4月
        暗黒時代
          ↓
    --------------------

  • : <strong>真夜中のタランテラ</strong>

    真夜中のタランテラ
    長編第2作。
    【在庫なし・文庫化の予定なし】
    (2008/9/30発売)
    --------------------

  • : <strong>ヴェサリウスの柩</strong>

    ヴェサリウスの柩
    第16回鮎川哲也賞受賞作。大学医学部を舞台に「解剖」と「遺体」を描いたミステリーです。献体された「ご遺体」から謎の脅迫状が発見され、その記述に従うように不気味な事件が発生します。【在庫なし】
    (2006/9/30発売)