活動状況

  • ======================
    ■小説関係(2017/10/7)
    ======================
    ●2017年10月6日『沈黙する女たち』が発売されました。
    ----------------------
    ●2017年9月1日『水葬の迷宮 警視庁特捜7』が発売されました。これは『特捜7 銃弾』の文庫版となります。
    ----------------------
    ●2017年7月6日、十一係9『奈落の偶像』が発売されました。また7月14日、十一係7の文庫版『蝶の力学』が発売されました。
    ----------------------
    ●2017年3月25日、『永久囚人 警視庁文書捜査官』が発売されました。

    ----------------------
    ●2017年1月25日、『警視庁文書捜査官』(文庫版)が発売されました。
    ----------------------
    ●2016年11月13日~WOWOWにてドラマ『水晶の鼓動』(全5話)が放送されました。

  • ======================
    ■イベント関係(2015/6/21)
    ======================
    ●最近イベント参加が減っております。どのへんが「イベント・シンポジウム日記」なのかわからなくなってきました。

    ●麻見のTwitterアカウントは
    こちらです→ @asamikazushi
無料ブログはココログ

備忘

CHK

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月の記事

2009年2月28日 (土)

『スコープ少年の不思議な旅』

 麻見和史です。セミナー、シンポジウムへの参加が一段落したので、新しいエントリーを。ちょっと気になった本、これはすごいと感じた資料などを、ちょこちょことメモしていきます。

『スコープ少年の不思議な旅』 巖谷國士/桑原弘明 パロル舎

画像

 桑原弘明さんは1957年生まれのスコープ作家。本書はその作品集である。
 縦横高さがそれぞれ10センチに満たない小さな箱に覗き穴があいている。中にはミニチュアの、無人の部屋が見える。箱にはふたつないし三つのボタンがついていて、それを押すと照明が切り替わり、夜、朝、夕暮れというふうに異なった光景を見ることができるのだ。
 たとえば夜には見えなかった裏庭が、朝になると明るくはっきり見えるようになる。夕暮れにはそこに橙色の夕日が射す。このアイディアがまことにすばらしい。作品は多数あって、幻想的であったりノスタルジックであったりと、バラエティに富んでいる。
 写真で見るのもいいが、現物に触ってみるとその精巧さが実感できる。以前汐留で偶然これを見つけ、そのときは3つの作品が出ていたのだが、あんまり楽しくてなかなか次の展示室に移れなかったのを覚えている。
 ただ精密に作られただけのものではない。光の加減でその先、窓の向こうが見えるところにこの作品の特長がある。鑑賞者は、二重の覗き込みをしているのだ。長く覗いているうち、ふと自分も誰か「外の人」に見られているような気がしたりするのも、なんだか奇妙で面白い。

[トップページへ]

2009年2月22日 (日)

図書館での調べもの

 麻見和史です。今日、本当は印刷博物館でキリル文字のセミナーに出ようと思っていたのですが、諸事情あって中止。代わりに近隣の図書館に行ってきました。

 ある本に記述されていたことの裏をとるため、複数の本に当たってみる。
 なかなかそのものずばりは見つからないが、関連する項目を発見できた。ことの性質上、おそらく公にはされていないはずなので、本件、このへんで調査を終わりにしてよさそうだ。
 いつも思うのだが、このへんのさじ加減が大変難しい。わかっていて、あえて想像を交えるならいいが、知らずに間違ったことを書くのは恥ずかしいことである。あちこちに迷惑をかける可能性もあるし、気をつけたいところであります。

 以下、調べものに関するメモ。
 何か調べたいことがある場合、まず図書館の蔵書検索をして当たりをつける。出かけていってそれらの本をざっと確認し、よい内容であれば借りて帰る。家でさらにチェックして、これは必要な資料だと判断すれば現物を買い求める。専門書は小説等と違って1冊5,000円とか1万円とかするので、どうしても吟味が必要なのだ。全部買いたいのは山々だが、そうできないのがつらいところ。
 特に調べるべきことがない場合は、ぶらぶらと歩いて目についた本を開いてみる。あえて得意でないジャンルの棚を見に行くと、面白い発見があったりする。そこで興味が感じられれば、また調べものの始まりとなる。

 調べることがあるときは、けっこう楽しくてよい。「おお、ずいぶん勉強したな」という満足感もある。困るのは、調べるべきことが頭に浮かばないときである。
 そういう場合は、もう何も考えず散歩でもするしかないのかもしれない。

[トップページへ]

2009年2月20日 (金)

日本航空協会・航空図書館

 麻見和史です。先日、新橋の航空図書館を見学してきたのでメモします。

 新橋駅徒歩5~6分で航空会館に到着。ちょっと見にくい写真ですが、向こうの白いビルがそれです。図書館は6階にある。同じフロアに日本航空協会の事務所も入っているようである。

Photo_3

 カウンターで初めてですと申し出ると、利用申込書を書いてくださいと言われた。これは毎回入館時に書くものらしい。慣れた人はさっと書いて、さっと入っていった。
 閲覧するだけなら特に身分証などは不要。貸し出しを求める場合は会員となる必要があって、それには年会費を払わなくてはならない。
 筆記用具以外はコインロッカーに入れる。使用料の100円はあとで返ってくる。

 特殊な図書館だし平日なので誰もいないだろうと思ったら、六人ぐらい閲覧者がいてびっくりした。みんな熱心に何か調べものをしている。咳ひとつもしづらい雰囲気である。
 ここはすべて開架式で、固定された書架が2つ、ハンドルを回して横移動させる書架(国会図書館なんかで見かけるタイプ)が5~6あった。あとでわかったのだが、挟まると危険なので、本をとったらすぐ外に出なければならないそうだ。小さい字で書いてあったので気づかず、狭いところで資料を読んでいたら危うく挟まれそうになった。どうもすみません。

 固定式の書架は絶対に動くことがないので、以後はそちらで立ち読みをする。閲覧席は十数人分あって、そちらを使ってもいいのだが、私は狭いところが好きなので書架の間にいた。落ち着くのである。
 気になる本があったので、コピーをとらせてもらった。ちょっと癖のある機械で、私としたことが3~4枚複写に失敗してしまった。のちに、A4コピー1枚が40円だと知って衝撃を受けた。そんなに高かったとは……。まあ、珍しい資料が多いので仕方ないとは思いますが。

 航空図書館は月~金曜、17時まで開いています。土日が休みなのが残念である。

[トップページへ]

2009年2月18日 (水)

文化情報とコンピュータ─文化遺産を未来に継承するデジタル化の技術とは?─

 麻見和史です。今日は国立情報学研究所主催の平成20年度 市民講座 第8回(最終回)『文化情報とコンピュータ─文化遺産を未来に継承するデジタル化の技術とは?─』を聴講してきました。

 場所は竹橋から徒歩5分ほどの学術総合センター2階。先月金沢先生の講座を聴いた部屋である。
 今日の講師は国立情報学研究所名誉教授の小野欽司先生。東大理学部を卒業後、国際電信電話に就職してケネディ大統領暗殺の中継に立ち会った。のちスタンフォード大学大学院に留学してARPAプロジェクトに関係、インターネットの基盤となった研究に携わる。さらに方向転換して情報学研究所に着任してからは「ディジタルシルクロード」の研究を行なっている──というのが先生の経歴である。

「ディジタルシルクロード」とはシルクロードで過去に発見された貴重書、地震や戦争によって破壊された建築物などの再現CG、現地の写真や映像、そういったものをデジタルデータとして保存し、誰でも閲覧できるようにネット公開するものらしい。たとえばイランのバム遺跡を3DCGで再現したものなどはNHKの番組でも紹介されたそうである。

 先般国会図書館でアーカイブ保存の話を聴いたときは「なぜ保存しなければならないのか」の説明が端折られていたのだが、今日の講義ではその目的は明確で「放っておくといずれ地震、戦争で破壊されてしまうから」である。図書の劣化とは別で、いつ起こるかわからないという切迫した状況下にある。バーミヤンの大仏などはまさにその代表例だったわけで、これは非常にわかりやすい。あれだけの規模のものを造るのは大変だったろうし、修繕するのもまた大変だ。CGはCGでしかないのだが、そういうものが過去に存在したということを後世に伝えるには、大いに役立つものと思われる。

 というふうにまとめてみましたが、じつをいうと当方シルクロードにはそれほど興味関心を持っていなかったもので、今日は、あまり良い聴講生とはいえなかったかもしれない。
 小野先生にはARPA時代の話をしていただいたほうが面白かったのではないか──とちょっぴり思ったのだが、それはきわめて個人的な感想であり、わがままというものである。はい、よく承知しております。

[トップページへ]

2009年2月11日 (水)

傷害予防のための日常生活コンピューティング

 麻見和史です。今日はJST(科学技術振興機構)主催の国際シンポジウム『傷害予防のための日常生活コンピューティング』に参加してきました。

 場所は毎度おなじみ、お台場・日本科学未来館のみらいCANホール。今日は風もなく比較的暖かかったので、徒歩15分も苦にならなかった。事前申し込みした際のPDFを印刷していたので、受付でこれを渡す。今日の資料と、同時通訳の受信機を貸してくれた。

 ざっと見渡してみたのだが、半分以上空席で、参加者は150人ぐらいしかいなかった感じである。祝日だし、場所も便利とはいいがたいので、まあ仕方ないかもしれない。
 ウェブサイトによると今日の趣旨は、1~19歳の子供の傷害予防について、現状報告と成果の中間発表を行なうということらしい。
 講演タイトルと個人メモを記します。

「東南アジア地域の子どもの事故予防:タイにおけるバイク・ヘルメットの研究」
 WHOの人による発表。タイではバイクの3人乗り、4人乗りは当たり前で、事故発生時、子供が頭部外傷で死亡することが多い。警官は本来ノーヘルの子供を見たら取り締まるべきなのだが、低所得層の人たちは罰金を払うことができないため、見逃しているというのが実情だという。
 メモ。ノーヘルの問題もあるが、その前に、タイではバイクの何人乗りまで許されているのか非常に気になった。発表されたサンプル写真には7人乗りのバイクが写されていてびっくりした。

「成功事例に学ぶ子どもの傷害予防」→さしかえ
 ジョンズホプキンス大学の先生による発表。全世界における子供の死亡統計データについて。
 メモ。やけどで亡くなる子どもは、男児より女児のほうが多いという内容について、なぜかと質問が出た。タイの事例を発表した先生が代わって答えたところによると、インドなどでは少女の持参金が少ないと嫁入り先で焼き殺される事件が多発しており、それが原因ではないかという。この話を聞いて会場の参加者たちは、ちょっとどうしていいかわからないという顔をしていた。

「子どもの傷害予防のための傷害情報収集システム」
 オーストラリアにおける死亡情報データベースについての発表。法医学研究所が作っているらしい。

「子どもの傷害予防の行動心理学的アプローチ:校庭・水泳・歩行者の安全」
 子供が危険な遊びをしていないか監視するのは退屈であるがStamp-in-Safty Programというものを実施したところ、安価でよい効果が得られた。安全な遊びをしたときスタンプを押す。子供は喜ぶし、監視者の意識も変わるとのこと。
 メモ。同時通訳のトラブル(おそらくは通訳者のマイクが入っていなかった)で最初の5分間は英語だった。どうやら係員の人たちは講演の内容を聞いていなかったらしい。

 休憩でコーヒーをごちそうになったあとは、日本語による講演。

「傷害予防のための安全知識循環」山中龍宏(産業技術研究所 デジタルヒューマン研究センター 子どもの傷害予防工学カウンシル代表)
 階段がらせん状になっている大型の滑り台から落下し、幼児が負傷する事故が起こった。普通なら頭部外傷となるはずだがなぜ内臓損傷だったのか。ダミー人形を使って調べたところ、階段に手すりがなかったため、頭は無事だが背中を激しく打ち付けていることがわかった。手すりを付ける、柵を付けるなど低コストで改修できた。

「確率的モデリングによる日常生活のリスクコントロール」本村陽一(産業技術研究所 デジタルヒューマン研究センター 子どもの傷害予防工学カウンシル 研究員)
 子供の行動データを収集するため天井に魚眼レンズ、壁に多数のセンサーを組み込んだプレイルームを作った。そこで子供たちを遊ばせ、行動を数値化する研究を行なっている。8割ぐらいの確率で行動予測ができるようになってきている。

「傷害予防のための日常生活コンピューティング」西田佳史(産業技術研究所 デジタルヒューマン研究センター 子どもの傷害予防工学カウンシル 研究員)
 滑り台のはしご部から1歳11カ月の子が転落し頭部外傷を負った件について、コンピュータグラフィックを使って検証した。はしごの土台がコンクリートだったため大怪我となったが、ここをゴムに変えることで軽傷で済むようになった。
 メモ。ダミー人形を使った山中さんの実験はローテクだが、我々のやっているのはハイテクであるという。しかしそのハイテクで検証するためには複雑なパラメーターを設定しなければならないはずで、すでに出来ていればいいが、そうでないなら絶対に山中さんの実験のほうが早い。また、コンピュータを使ったシステムで人の体を研究することには限界があると思う。心意気は買うが、なんでもかんでもシステムで表現するというのは無理なのではないか。

 講演終了後、未来館に隣接する産総研の研究施設(臨海副都心センター)を見学した。未来館の7階から一旦2階へ降り、渡り廊下で産総研の建物に入ってもう一度3階に上るのだが、いちいちエレベーターを使うものだから移動に20分ぐらいかかってしまった。体の悪い方のみエレベーターにして、ほかの人たちは階段で移動させればよかったのでは。あるいは、一旦終わりにして、30分後に産総研の1階に集合させるとか。今後の改善に期待します。

 研究室は土足厳禁だそうで、みんな靴の上に青いカバーを填めて入った。

Photo_4 

 気分は鑑識課員である。

 先ほどみらいCANホールで紹介された各種システムの説明を受ける。以下感想です。

 事故現場を再現するCGムービーは、見ている分には面白いが、余分な描写が多いような気がした。事故の起こった滑り台を中心にして校庭の俯瞰図をぐりぐり動かしたりしている。グラフィックのすごさはわかるが、しかしこれで何をするかというと、保護者に見せて注意を喚起するだけらしい。
 事故情報データベースはヒヤリハット的には価値あるものだと思うが、具体的にどう役に立つのか、今ひとつ、ぴんとこなかった。
 センサーを付けたプレイルームはまだ実験の途中だというが、たとえば腰掛けの天板部分の一辺が30センチだと子供はその上に登るが、20センチだと登らないという結果が得られたという。むう。これだけの設備を作ったのだから、もっと何かすばらしい発見をしてほしいと思います。まあ、一口には説明できなかったのかもしれませんが。
 浴槽での溺水防止センサーには期待したのだが、説明を聞いてちょっと困ってしまった。ソフトボールぐらいのプラスチック球を浴槽に浮かせておいて、子供が浴槽に落ち、暴れ出したときの波形を検知させる。そうして、親を呼ぶためのブザーを鳴らす仕組みだという。
 写真を掲載します。向こうにある黄色いのがセンサーボール。手前の機械は実験用に波を起こす装置で、このシステムには含まれません。

Photo_6 

 年間30人ほどの幼児が浴槽で溺死しているそうで、GDPなどからその逸失利益を計算したところ、センサーボール1個が1万円を切れば、幼児のいる全世帯に無償配布してもプラスになるという計算らしい。むう。言っていることはわかりますが、そんな機械を作らなくても、風呂場に錠を設けて幼児が入れないようにしたほうが、よほど早く、安価に済むのではないだろうか(溺水は入浴時ではなく、親が目を離した隙に子供が浴室に入って発生している)。

 ただで見せていただいてなんですが、どうも産総研の方たちの研究は、私などの感覚からは少し隔たりがあるように感じた。意地悪に言えば、予算がついているので何か研究しなければという焦りがあるのかな、と思えてしまう。研究者ひとりひとりに責任がないことはわかっているので、ここはひとつ、上に立つ方が進むべき道をしっかり見きわめてほしいと思います。あとは……見せ方の問題だろうか。一般の人に見せたとき、すぐに成果が頭に浮かぶような研究のほうが、好印象となるはずだ。
 単純な比較はできないが、たとえば先日聞いたトレーラートラック横転防止の研究、あちらのほうがよほど急務であり、大事な研究だと感じられる。社会に与えるインパクトが大変強いからである。
 景気の悪い時期なので、予算縮小されないよう、研究課題の選択時点から慎重になるべきだと思われる。

 追記。講演の途中で、今日はNHKの取材班が来ているとの説明があった。振り返ると、たしかにテレビカメラが入っていた。なんてことだ。気持ちの問題があるので、そういうことは早めに教えておいてください。
 帰宅後、録画した『ニュースウォッチ9』を見たら、会場の様子が映って、自分の姿も確認できた。しかしそれは一瞬のことであり、記者が取材していた内容などは特に報じられなかった。JST、産総研的には物足りない感じだったのではないだろうか。

[トップページへ]

2009年2月 7日 (土)

研究開発成果実装支援プログラム 第一回公開報告会

 麻見和史です。今日は独立行政法人科学技術振興機構(JST)、社会技術研究開発センター主催の『研究開発成果実装支援プログラム 第一回公開報告会 科学の知恵でよりよい社会を』に参加してきました。

 場所は市ヶ谷のJSTホール(サイエンスプラザ)である。ホールといっても席は固定ではなく、長机が並ぶセミナースタイルの部屋。200人以上入れそうな規模だが、参加者は30名ぐらいだった。最近参加したセミナー、シンポジウムの中ではかなり価値あるものと感じられたので、人数が少なかったのは残念なことである。

 最初はプログラムオフィサー・冨浦梓さんから趣旨の説明。
 科学技術の研究成果を、具体的に社会の役に立つよう支援するのがこのプログラムの目的であるそうだ。噛み砕いて言えば、基礎理論にとどまっていた研究成果を実用化、商品化するための支援、といった感じだろうか。申し込みのあった研究について審査を行ない、現在9つのプログラムが進行している。今日はその内容の中間発表会というわけである。
 以下、各発表についての個人的なメモです。敬称略で失礼します。

「情報通信技術を用いた新しい救急搬送システム」大重賢治(横浜市立大学医学部准教授)
 横浜では全国に先駆けて、2008年10月から、119番受付時に重症度の判定を始めた。そのシステムについての説明。

「国内森林資源有効活用のための物流・金融統合管理システム」野城智也(東京大学生産技術研究所教授)
 流木(ここでは流れてきた木ではなく木材の意味のようだ)の生産者価格は1本当たり1,500円ぐらいにしかならない現状があり、また支払いサイトが1~2年と異様に長いため国内の林業は危機的状況らしい。それを改善するため、1本1本に電子タグを付け、品質管理するシステムをテストしているという発表。

「包括的な高齢者ドライバー支援の取組み」伊藤安海(国立長寿医療センター)
 高齢者ドライバーによる交通事故が増えている。ある地域で簡易型のドライブシミュレーターを使い、高齢者を集めて講習を行なっている。
 メモ。シミュレーターを使った結果、どれだけの効果があるものか知りたい。

「新しい時代の油流出事故対策~流出油をバイオで処理する~」斉藤雅樹(大分県産業科学技術センター主任研究員)
 タンカーの座礁による原油の流出事故の際、日本では焼却処理することが多い。しかしバイオ処理すればCO2の削減につながり、また低コストにもなるはずなので、その技術を研究中である。

「市民協働で油流出事故に備えるには?~サハリン沖石油・天然ガス生産に備える油汚染防除体制の構築~」後藤真太郎(立正大学地球環境科学部教授)
 北海道では今後、原油の流出事故が多く発生することが予想される。それに備えることが急務である。
 メモ。流出油の処理はボランティアの人たちに頼るところが大きいという印象を受けた。そのためのネットワーク作りが必要、という結論だったようだが、JST(科学技術振興機構)の支援対象なので、もう少し科学的な説明があったほうがよいと感じました。

「災害総合シナリオ・シミュレータを活用した津波につよい街づくり~津波避難 助かる方法を探します~」片田敏孝(株式会社アイ・ディー・エー)→代理の方が発表
 ある土地限定の津波シミュレーションソフトを開発した。津波は他人事ではないという危機感を持ってもらうことが目的。
 メモ。ひとつの町のシミュレーションソフトを作るのに半年かかり、しかも相当な費用(会場からいくらですかと質問が出たが、具体的な金額は回答されなかった)がかかるとあっては、このソフトにどれほど実用性があるのか、ちょっと不安。研究としては価値あるものだが、実装は難しいのではなかろうか。

「多発するトレーラトラック横転事故撲滅へ!安全技術と市民の理解が融合!!」渡邉豊(東京海洋大学海洋工学部教授)
 トレーラトラックの横転事故をなくすためのシステムを開発中である。
 メモ。この発表は、今日一番の収穫だった。渡邉先生の、聴衆への訴え方も優れており、非常に説得力があった。この問題は、放っておいてはいけない。早急に実装されるべきシステムだと感じた。

「ヒヤリとしたハットした事例に学ぶ「薬の安心安全」」澤田康文(NPO法人 医薬品ライフタイムマネジメントセンター理事・センター長)
 薬に関するヒヤリハット事例を集め、医師や薬剤師に提供しようという試み。すでに多くの会員を集めている。

「e-ラーニングでの発達障害支援」正高信男(京都大学霊長類研究所教授 こころの未来研究センター連携研究者)
 ここでいう発達障害は読み書き障害のこと。支援ソフトを使って成果を上げている。

[トップページへ]

2009年2月 4日 (水)

『ヴェサリウスの柩』点訳版・音訳版

 麻見和史です。まだ国立国会図書館ネタで引っ張っております。

 国会図書館の蔵書はNDL-OPACで検索できる。自著のある方なら一度はやりたくなるんじゃないかと思うのだが、当方も、ここで自分の本を検索してみました。
 ウム、ちゃんと蔵書になっているなと安心したのだが、画面を眺めるうち「点字・録音図書全国総合目録」という項目が気になった。こういうのを見ると、いじらずにいられないのがシステム屋のさがである。検索していたところ、『ヴェサリウスの柩』が点字本と音声データになっているのがわかってびっくりした。
 ヒットしたのは以下の4件である。

 ・島根ライトハウス……CD-ROM1枚(録音データ。収録時間:10時間58分)
 ・島根ライトハウス……録音カセット8巻(録音データ)
 ・日本点字図書館……点字データ(7冊)
 ・岡山県視覚障害者センター……点字データ(6冊)

 CD-ROM版はDAISY ver.2.0というソフト(再生機?)がないと聴けないようだ。
 カセットテープ版は11時間近くもある。ラジオの、朗読の時間みたいな感じなのだろうか。ちょっと聞いてみたいような気もする。
 点訳、音訳(朗読して音声データを作成すること)はボランティアの人によるもの。ふだん表舞台に立つ機会はないが、こうした方たちがいて日々努力されているということを覚えておきたい。

[トップページへ]

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

作品リスト

  • 沈黙する女たち(幻冬舎文庫)
    ◆内容紹介
    廃屋に展示されるように残されていた女性の全裸死体。それを撮影したものが会員サイト「死体美術館」にアップされる。「重犯罪取材班・早乙女綾香」シリーズ第2弾。
    (2017/10/6発売予定)
    【文庫書き下ろし】
    ----------------------
  • : <strong>水葬の迷宮: 警視庁特捜7 (新潮文庫)</strong>

    水葬の迷宮: 警視庁特捜7 (新潮文庫)
    ◆内容紹介
    捜査で判明する新たな事実によってパズルのように埋まっていく謎解きの興趣。緻密な伏線が冴える本格捜査ミステリー。
    ★本書は『特捜7 銃弾』の文庫版です。
    (2017/9/1発売)
    【四六判を文庫化】
    ----------------------

  • : <strong>蝶の力学 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)</strong>

    蝶の力学 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)
    ◆内容紹介
    遺体の首に挿された青い花。猟奇的な装飾に戦慄する殺人分析班は、新聞社に届いた挑戦状らしきメールに言葉を失う。
    (2017/7/14発売)
    【ノベルスを文庫化】
    ----------------------

  • : <strong>奈落の偶像 警視庁捜査一課十一係</strong>

    奈落の偶像 警視庁捜査一課十一係
    ◆内容紹介
    〈警視庁捜査一課十一係/如月塔子〉シリーズ最新第九作。日本最大の繁華街で起きた殺人事件に、女性刑事・如月が挑む!
    (2017/7/6発売)
    ----------------------

  • : <strong>永久囚人 警視庁文書捜査官</strong>

    永久囚人 警視庁文書捜査官
    ◆内容紹介
    殺人予告か非業の手記か──。謎の小説を解読せよ! 奇妙な幻想小説どおりに殺人事件が! 文字マニア・鳴海理沙警部補が謎に迫る。
    (2017/3/25発売)
    ----------------------

  • : <strong>警視庁文書捜査官 (角川文庫)</strong>

    警視庁文書捜査官 (角川文庫)
    ◆内容紹介
    捜査一課に設置された文書解読班。文章心理学を学んだ鳴海理沙警部補は、右手首が切断された不可解な殺人事件を捜査する。現場に残されたカードの意味とは?
    (2017/1/25発売)
    【四六判を文庫化】
    ----------------------

  • : <strong>共犯レクイエム―公安外事五課 (ハルキ文庫)</strong>

    共犯レクイエム―公安外事五課 (ハルキ文庫)
    ◆内容紹介
    〈裏切者(モグラ)は誰だ!? 上司を、同僚を、監視する女〉──公安部に異動になった篠原早紀は、東欧スパイを調査する傍ら、組織内の裏切者を探すことに…。
    (2016/12/15発売)
    【文庫書き下ろし】
    ----------------------

  • : <strong>女神の骨格 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)</strong>

    女神の骨格 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)
    ◆内容紹介
    洋館で火災が発生。鎮火後、隠し部屋で発見された白骨遺体は、頭部が男性、胴体が女性だった! この家でいったい何が? 如月塔子シリーズ第六弾の文庫化。
    (2016/11/15発売)
    【ノベルスを文庫化】
    ----------------------

  • : <strong>雨色の仔羊 警視庁捜査一課十一係</strong>

    雨色の仔羊 警視庁捜査一課十一係
    ◆内容紹介
    SOSメッセージの書かれたタオルを手掛かりに、如月塔子と鷹野は捜査を開始するが…。事件の鍵を握るのは九歳の少年? 十一係シリーズ第八弾。
    (2016/11/8発売)
    ----------------------

  • : <strong>死者の盟約 特捜7</strong>

    死者の盟約 特捜7
    ◆内容紹介
    傷のない遺体の顔に、なぜ犯人は包帯を巻いていったのか? 心配性の岬と楽天家の里中が捜査を開始する。TVドラマ化された『特捜7 銃弾』の続編!
    (2016/3/22発売)
    ----------------------

  • : <strong>聖者の凶数 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)</strong>

    聖者の凶数 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)
    ◆内容紹介
    アパートの空き部屋で、顔と両腕を損壊された遺体が見つかった。腹に書かれた「27」は何を意味するのか。如月塔子と鷹野は年末の上野界隈で捜査を開始するが…。
    (2016/1/15発売)
    【ノベルスを文庫化】
    ----------------------

  • : <strong>蝶の力学 警視庁捜査一課十一係</strong>

    蝶の力学 警視庁捜査一課十一係
    ◆内容紹介
    資産家夫妻の殺人・誘拐事件が発生。相棒離脱の中、如月塔子はこの猟奇的な事件を解決できるのか? シリーズ第七弾!
    (2015/12/3発売)
    ----------------------

  • : <strong>深紅の断片 警防課救命チーム</strong>

    深紅の断片 警防課救命チーム
    ◆内容紹介
    「少女が閉じ込められている」それは犯人からの119番通報だった…。命を弄ぶ凶悪犯に立ち向かうのは、命を助ける術しか持たない、救急隊!
    (2015/5/27発売)
    ----------------------

  • : <strong>虚空の糸 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)</strong>

    虚空の糸 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)
    ◆内容紹介
    刺殺遺体が握っていたナイフの意味とは。犯人は二億円を用意できなければ、都民を一人ずつ殺害すると予告。殺人分析班が推理する!
    (2015/5/15発売)
    【ノベルスを文庫化】
    --------------------

  • : <strong>警視庁文書捜査官</strong>

    警視庁文書捜査官
    ◆内容紹介
    文章心理学を使って殺人犯を追跡する捜査官・鳴海理沙登場!
    (2015/1/29発売)
    --------------------

  • : <strong>女神の骨格 警視庁捜査一課十一係</strong>

    女神の骨格 警視庁捜査一課十一係
    ◆内容紹介
    発見された白骨は、男性の頭部と女性の胴体だった。刑事・如月塔子が事件の真相を追う!
    (2014/12/3発売)
    --------------------

  • : <strong>屑の刃 重犯罪取材班・早乙女綾香 (幻冬舎文庫)</strong>

    屑の刃 重犯罪取材班・早乙女綾香 (幻冬舎文庫)
    ◆内容紹介
    腹部に煙草の吸い殻と空き缶を押し込まれた遺体。CS放送記者・早乙女綾香が取材に走る!
    (2014/10/9発売)
    【文庫書き下ろし】
    --------------------

  • : <strong>特捜7: 銃弾</strong>

    特捜7: 銃弾
    ◆内容紹介
    警官殺しと両腕のない死体。一課のエースと変わり者の女性刑事が謎を追う!
    (2014/5/22発売)
    --------------------

  • : <strong>水晶の鼓動 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)</strong>

    水晶の鼓動 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)
    ◆内容紹介
    殺人現場は、部屋中真っ赤に染められた「赤い部屋」だった。東京を震撼させる連続爆破事件との関連はあるのか――。
    (2014/5/15発売)
    【ノベルスを文庫化】
    --------------------

  • : <strong>聖者の凶数 警視庁捜査一課十一係</strong>

    聖者の凶数 警視庁捜査一課十一係
    ◆内容紹介
    顔と腕が損壊された死体。その腹部には《27》という謎の数字が記されていた。新米女刑事・如月が挑む、もっとも残酷で哀しい事件!
    (2013/12/5発売)
    --------------------

  • : <strong>蟻の階段 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)</strong>

    蟻の階段 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)
    ◆内容紹介
    惨殺死体と共に発見されたのは頭蓋骨・白い花・掛け時計・スープ皿。一体何を意味するのか。殺人分析班が卓越した推理力で犯人に挑む。
    (2013/10/16発売)
    【ノベルスを文庫化】
    --------------------

  • : <strong>石の繭 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)</strong>

    石の繭 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)
    ◆内容紹介
    モルタルで固められた惨殺死体発見――犯人より愛宕署特捜本部へ電話が。新米女性刑事・塔子が交渉相手となったが。本格警察ミステリーの白眉。
    (2013/5/15発売)
    【ノベルスを文庫化】
    ★文庫化にあたり、ノベルス版に加筆訂正を行いました。以後の文庫も同様です。
    --------------------

  • : <strong>虚空の糸 警視庁捜査一課十一係</strong>

    虚空の糸 警視庁捜査一課十一係
    ◆内容紹介
    「見抜いた!」と思ったら“見抜かされていた”、この衝撃!――宇田川拓也さん(ときわ書房本店)
    人質は東京都民1300万人。前代未聞の警視庁脅迫事件!
    (2013/4/4発売)
    --------------------

  • : <strong>ヴェサリウスの柩(創元推理文庫)</strong>

    ヴェサリウスの柩(創元推理文庫)
    ◆内容紹介
    解剖中の遺体から発見された告発文。黒い絨毯の上で踊る死者──大学医学部で次々起こる不可解な事件。若き女性解剖学者が医学教室の謎に挑む! 第16回鮎川哲也賞受賞作。
    (2012/5/30発売)
    【四六判を文庫化】
    --------------------

  • : <strong>水晶の鼓動 警視庁捜査一課十一係</strong>

    水晶の鼓動 警視庁捜査一課十一係
    ◆内容紹介
    部屋中真っ赤に染められた「赤い部屋」で殺人事件が起き、新人刑事・如月塔子と相棒の鷹野は遺留品の捜査を開始する。
    時を同じくして、都内各所で連続爆破事件が発生。 果たして、「赤い部屋」の謎と東京の運命は?
    (2012/5/8発売)
    --------------------

  • : <strong>蟻の階段 警視庁捜査一課十一係</strong>

    蟻の階段 警視庁捜査一課十一係
    ◆内容紹介
    新米女刑事・如月塔子が挑む、新たな難事件
    頭蓋骨、白い花、掛け時計、スープ皿――遺体の周りに残された奇妙な四つの品の意味とは? 本格ミステリの緻密さと警察小説の迫力が融合! 好評シリーズ第二弾
    (2011/10/6発売)
    --------------------

  • : <strong>石の繭 警視庁捜査一課十一係</strong>

    石の繭 警視庁捜査一課十一係
    ◆内容紹介
    警視庁捜査一課の女性刑事を描く骨太小説!モルタルで固められた死体と大ポンペイ展の石膏像との関係は?捜査本部にたびたび電話をかけてくる大胆不敵で異常な犯人と、捜査一課の女性刑事との攻防始まる。
    (2011/5/10発売)
    --------------------
          ↑
    2008/10月~2011/4月
        暗黒時代
          ↓
    --------------------

  • : <strong>真夜中のタランテラ</strong>

    真夜中のタランテラ
    長編第2作。
    【在庫なし・文庫化の予定なし】
    (2008/9/30発売)
    --------------------

  • : <strong>ヴェサリウスの柩</strong>

    ヴェサリウスの柩
    第16回鮎川哲也賞受賞作。大学医学部を舞台に「解剖」と「遺体」を描いたミステリーです。献体された「ご遺体」から謎の脅迫状が発見され、その記述に従うように不気味な事件が発生します。【在庫なし】
    (2006/9/30発売)