活動状況

  • ======================
    ■小説関係(2017/12/9)
    ======================
    ●2017年12月6日、十一係シリーズ10作目『鷹の砦』(講談社ノベルス)が発売されました。
    ----------------------
    ●2017年10月6日『沈黙する女たち』(幻冬舎文庫)が発売されました。
    ----------------------
    ●2017年9月1日『水葬の迷宮 警視庁特捜7』(新潮文庫)が発売されました。これは『特捜7 銃弾』の文庫版となります。
    ----------------------
    ●2017年7月6日、十一係9『奈落の偶像』が発売されました。また7月14日、十一係7の文庫版『蝶の力学』が発売されました。
    ----------------------
    ●2017年3月25日、『永久囚人 警視庁文書捜査官』が発売されました。
    ----------------------
    ●2017年1月25日、『警視庁文書捜査官』(文庫版)が発売されました。
    ----------------------
    ●2016年11月13日~WOWOWにてドラマ『水晶の鼓動』(全5話)が放送されました。

  • ======================
    ■イベント関係(2015/6/21)
    ======================
    ●最近イベント参加が減っております。どのへんが「イベント・シンポジウム日記」なのかわからなくなってきました。

    ●麻見のTwitterアカウントは
    こちらです→ @asamikazushi
無料ブログはココログ

備忘

CHK

2017年12月 9日 (土)

『鷹の砦』関連(3) サイン本情報

 麻見和史です。サイン本関連の情報です。

 先日講談社さんで『鷹の砦 警視庁捜査一課十一係』(講談社ノベルス)のサイン本を作成させていただきました。普段は千葉県船橋市のときわ書房様のみですが、今回は各地の書店様に置いていただけるそうです。書店様どうもありがとうございます。
 如月塔子シリーズも10作目となりました。どうぞよろしくお願いいたします。

 

01_2

 今回のカバーではグラデーションが効果的に使われています。デザイナーさん苦心の作です。いつもありがとうございます。

 
《書店様情報》

 ツイッターなどで、『鷹の砦』のサイン本情報を発信してくださっている書店様をご紹介します(数に限りがありますのでご注意ください)。

 ・丸善ラゾーナ川崎店様 (12/9の情報)
 ・書泉ブックタワー様(秋葉原) (12/10の情報)

 
 また、いつもお世話になっている千葉県船橋市のときわ書房本店様でも、サイン本を扱ってくださっています。本日ご連絡いただきまして、12月10日には売り場に並べていただけるそうです。

 ・ときわ書房本店様

 ・ときわ書房様webshop
  
(通信販売サイトです。後日、内容が更新されるそうです)

 
『鷹の砦』はシリーズの中でも特にサスペンス度の高い作品となっています。人質となった如月塔子は脱出のヒントをつかめるのか? 鷹野たち十一係は塔子を救出することができるのか?
 ぜひ手に取ってご覧いただければと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

 
[最新の記事はこちら]
[これまでの記事はこちら]

2017年12月 6日 (水)

『鷹の砦』関連(2) あらすじ

 麻見和史です。新刊『鷹の砦』に関する情報です。
 講談社さんのサイト にあらすじが掲載されましたので、ご紹介いたします。

人質は、刑事・如月塔子。凶悪犯の魔手から生還せよ!
最悪の知能犯グループVS.<殺人分析班>
人気警察ミステリ、最大のスペクタクル! 

都下の山中で立てこもり事件が発生。犯人は、ある殺人事件の被疑者として十一係が追跡していた男達だった。一般市民が巻き込まれ緊迫する現場。男達は人質の一人と刑事・如月塔子の身柄交換を要求し、塔子を連れて逃走してしまう。所轄の猪狩巡査長と組み、相棒の救出に奔走する鷹野。一方塔子自身も、犯人から逃れるために知恵を巡らせる。かつてない窮地の中、鷹野と十一係は塔子を救い出し、事件の真相を解明することができるのか!?

 前作『奈落の偶像』では都心部・銀座で捜査を行った塔子たちですが、本作では立てこもり事件に立ち向かいます。しかも塔子が人質になってしまうという、かつてない衝撃の展開に……。はたして鷹野たちは塔子を救出できるのでしょうか?

 執筆前から、今回はサスペンス重視で行こうと決めていました。書いている間、この話はどうなってしまうのだろうと、作者もはらはらしていました。

 読者様の中には「あれ? 立てこもりってSITの担当じゃないの?」とお気づきの方もいらっしゃると思います。なぜ塔子たちがこの事件に関わることになったのか、詳しくは本編でご確認ください。

『鷹の砦 警視庁捜査一課十一係』(講談社ノベルス)は12月6日ごろ発売の予定です(お住まいの地域によって多少異なる可能性があります)。どうぞよろしくお願いいたします。

          *

《サイン本情報》
 12月5日、『鷹の砦』のサイン本を作成させていただきました。今回はときわ書房様だけでなく、各地の書店さんに置いていただけるそうです。どの書店さんに何冊、という具体的なことはわからないのですが、何か情報が入りましたらお知らせいたします。

[最新の記事はこちら]
[これまでの記事はこちら]

2017年12月 5日 (火)

『鷹の砦』関連(1) カバーデザイン

 麻見和史です。新刊に関する情報です。
 12月6日ごろ、『鷹の砦 警視庁捜査一課十一係』(講談社ノベルス)が発売となります。十一係/如月塔子シリーズの10作目になります。

 ネット書店サイトに書影が出ましたので、ご紹介いたします。

 

画像

 毎回『◆の◆』というタイトルで統一している本シリーズですが、今回は第一作『石の繭』以来の短い題名になっています。「砦」はデザイン的にもかっこいい字ですので、いつか使いたいと思っていました。

 まだあらすじが公表されていないため、「鷹」とは? 「砦」とは? と気にしてくださっている読者様がいらっしゃると思います。今回は今までとはかなり異なる形でストーリーが展開しますので、どうかご期待ください。

 まもなく発売となります。どうぞよろしくお願いいたします。

[最新の記事はこちら]
[これまでの記事はこちら]

2017年11月30日 (木)

活動状況(2017/11/30) 重量級の作業が終了

 麻見和史です。今日で11月も終わりですよね。本当に時間の経つのが早くて、目が回りそうです。
 10月末から取りかかっていた重量級の作業が今日ようやく終わりました。いつもきついきついと言っていますが今回は本当にきつくて、間に合わないのではないかと不安でした。

          *

◆原稿関係 (○は作業中、●は終了、■は作業時間の配分状況)

○長編H 
 締切を延ばしていただいて11月末日、ようやく作業が終了しました。

●『鷹の砦 警視庁捜査一課十一係』(長編J) 
 12月6日ごろ発売予定です。まもなく書影が出ると思います。

○長編K ■■■■■■■■
 これからゲラの作業に入ります。

〇長編L ■
 あらすじを提出し、OKが出ましたので年内にプロットを作ります。刊行は来年初夏ぐらいの予定。

〇長編M ■
 年内にプロットを作成します。順番としては長編Lより前の予定。

 
◆アニメ関係

『Just Because!
 高校を舞台とした恋愛もののアニメ。コメディー要素はなく、正直な話、第1話を見た限りでは面白くなりそうな気配が感じられませんでした(すみません!)。ところが、丁寧な告白のドラマがいくつか描かれ、だんだん感情移入するようになりました。私はオタサーの姫的な小宮が好きなのですが、彼女と夏目が向き合った第7話、あの幕切れの一言はすばらしかった! エンディングテーマもとても良いです。最近こういう、じわじわくる作品が少ないので大事に見たいと思います。

『つうかあ』
 第2話の録画に失敗したためずっと見ていませんでしたが、ネットの有料配信でカバーできたので最新話近くまで消化しました。レーシングニーラー(サイドカーレース)の話で、ずいぶん細かい取材が行われていると感じます。途中でドライバーがさりげなく手首に紐を付けていたので、「あれキルスイッチにつながってるんじゃないの?」と思ったら、そのとおりだったようです。サイドカーではありませんが、昔ある作品の中で私もキルスイッチを使ったことがあるので、ぴんときました。

『少女終末旅行』
 あの世界に何が起こったのかまだはっきりしないのですが、毎回エピソードが面白いので、これは世界観など気にせず見ていいのでは……と思うようになりました。ふたりの掛け合いが良いですよね。

『魔法使いの嫁』
 この落ち着いた雰囲気がだんだん心地よくなってきました。もしかしてチセはものすごく強い?

『宝石の国』
 原作はとても人気があるそうなので、その秘密を探るため、ずっと視聴しています。とにかく異色な作品。この魅力を言語化するのはなかなか難しいのでは、という気がします。

          *

 ということで最近漫画やアニメのことばかり書いていますが、このブログでは同業の先生方の作品(小説)については触れないという基本方針があるものですから、どうかその点、ご了承ください。


[最新の記事はこちら]
[これまでの記事はこちら]

2017年11月19日 (日)

十一係10進行中

 麻見和史です。急に寒くなってきましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 文字ばかりではつまらないので、たまには画像をアップロードしようと思います。現在進行中の物件はこちらです。
 

01

 ゲラ刷りの最初のほうです。〈警視庁捜査一課十一係〉シリーズ(如月塔子もの)の10作目、『鷹の砦』になります。

 今回はこれまでとは少し違った形で事件が発生します。楽しんでいただけますよう全力を尽くしておりますので、どうかご期待ください。

『鷹の砦 警視庁捜査一課十一係』(講談社ノベルス)は12月6日ごろの発売です、どうぞよろしくお願いいたします。

 
[最新の記事はこちら]
[これまでの記事はこちら]

2017年11月14日 (火)

活動状況(2017/11/14) 締切を延ばしていただき……

 麻見和史です。11月も半ばになってしまいました。時間のたつのが早すぎて、困っています。
 以下、最近の活動状況です。

          *

◆原稿関係 (○は作業中、●は終了、■は作業時間の配分状況)

○長編H ■■■
 全力で執筆中です。締切を延ばしていただいて11月下旬に完成予定。

○『鷹の砦 警視庁捜査一課十一係』(長編J) ■
 12月6日ごろ発売予定です。ゲラ作業、終わりました。

○長編K ■
 執筆終了。修正終了。

〇長編L
 あらすじを提出し、OKが出ましたので年内にプロットを作ります。刊行は来年初夏ぐらい?

〇長編M
 年内にプロットを作成します。順番としては長編Lより前の予定。

 
◆漫画関係

『兄友 4~5巻 赤瓦もどむ
 なかなか進展しないふたりの仲ですが、そこがいいですよね。6巻の帯に「オリジナル録りおろし音声ドラマ公開中」と書いてあったので、あとで聴いてみます。これ、もしアニメ化するなら雪紘は鳥海浩輔さんか石川界人さんがいいんじゃないかと思っていたところ、音声ドラマは本当に鳥海さんらしいので驚きました。
★2017/11/16追記。音声ドラマ聴いてみました。鳥海さんの雪紘は、思ったとおり完璧でした。

 
[最新の記事はこちら]
[これまでの記事はこちら]

2017年10月31日 (火)

活動状況(2017/10/31) 作業難航

 麻見和史です。もう10月も終わりです。朝晩肌寒くなってきまして、脱衣所とトイレにヒーターを置き、こたつも設置しました。
 以下、最近の活動状況です。いろいろなスケジュールが重なってしまい、作業が難航しております。なんとかここを乗り切らないと……。

          *

◆原稿関係 (○は作業中、●は終了、■は作業時間の配分状況)

○長編H ■
 全力で執筆中です。11月中旬(11/20まで)に完成予定。

○『鷹の砦 警視庁捜査一課十一係』(長編J) ■
 12月6日ごろ発売予定です。ゲラ作業がもう少しあります。

○長編K ■■
 執筆終了。このあと修正(V2化)を行います。

〇長編L
 あらすじを提出し、OKが出ましたので年内にプロットを作ります。

〇長編M
 まだざっくりした案しか出ていませんが、これも年内にプロットを作成します。順番としては長編Lより前の予定。

 
◆漫画関係
 最近忙しくて、ビールを飲みながら漫画を読むことしか楽しみがない状態です。

『兄友 1~3巻 赤瓦もどむ
 今になって花とゆめCOMICSを買い求めるようになるとは……。私の子供のころの少女漫画は、わりと深刻な恋愛模様を描いたものが多かったように思うのですが、『うたかたダイアログ』といい、この『兄友』といい、コメディー部分のセンスが非常に優れていますよね。
 高校生の女の子・七瀬まいが兄の友達・西野に恋するというラブコメですが、ふたりがオクテでなかなか関係が進展しないところがいい感じです。どちらも素直なキャラなので、自然に応援したくなります。3巻でひっかき回すキャラが出てきたので4巻がまた楽しみです。

『可愛い上司を困らせたい 2巻 タチバナロク
 女性上司・恵と部下の青木を主人公としたラブコメ。1巻では状況設定を面白く見せていましたが、2巻ではふたりの価値観の違いが出てきて興味深いものがありました。ゴールデンウィーク中10日間ずっとデートなんて無理、と言い切る恵(31歳)の反応がリアル。好きなんだけど自分の時間は確保したい、ということですよね。

 
◆その他

 最近のアニメ関係。

ボールルームへようこそ……新パートナーの千夏は性格がきついなあと思っていたのですが、彼女の弱さが見えて、面白くなってきました。雫⇒真子⇒千夏というキャラの投入順は本当によく計算されていると感じます。あと、軽井沢で賀寿くんがソファでだらだらしているところ、笑ってしまいました。

『少女終末旅行』……人類のほとんどがいなくなった世界(?)を、少女ふたりが旅する話。緩い絵柄に緩めの展開ですが、見ているうちそのテンポが癖になってくる感じです。先が気になります。

 
[最新の記事はこちら]
[これまでの記事はこちら]

2017年10月24日 (火)

2017年12月の新刊情報

 麻見和史です。講談社さんのサイトに情報が掲載されましたので、以下ご報告させていただきます。

 2017年12月に新刊が発売されることになりました。これも読者のみなさま、書店のみなさまに応援いただいた結果です。本当にありがとうございます。
 情報は 講談社BOOK倶楽部の発売予定ページ 、12月分のところに載っております。

〈警視庁捜査一課十一係/如月塔子〉シリーズの最新第10作目で、タイトルは『鷹の砦 警視庁捜査一課十一係』です。講談社ノベルスから12月6日ごろ発売となります((地域によって発売日が異なる可能性があります)

 7月の『奈落の偶像』に続いて、このシリーズとしては今年2冊目の刊行となります。
 前作巻末に掲載された「次巻予告」に書かれていたのは、次の文言です。

『鷹の砦 警視庁捜査一課十一係』
 刑事・如月塔子が囚われの身に――!?
 シリーズ第十作にして、最大のスペクタクルを見逃すな!
 2017年12月刊行予定!

「12月刊行予定!」と大きく書いてしまった関係で、遅れは絶対に許されない状況となり、今回はかなりプレッシャーがありました。なんとか原稿を完成させることができて、今ほっとしているところです。

 詳細情報は後日またご報告させていただきます。今後とも、十一係シリーズをどうぞよろしくお願いいたします。

[最新の記事はこちら]
[これまでの記事はこちら]

2017年10月11日 (水)

活動状況(2017/10/11) アニメ『メイドインアビス』の衝撃

 麻見和史です。なんと、もう10月……。シャワーを浴びて脱衣所に出たら寒くて困ってしまいました。そろそろヒーターやこたつの準備をしたいと思います。
 以下、最近の活動状況です。

          *

◆原稿関係 (○は作業中、●は終了、■は作業時間の配分状況)

●長編G 
 『沈黙する女たち』(幻冬舎文庫)は10月6日に発売されました。

○長編H ■
 長編K終了後、作業にかかります。

○長編J ■
 V3を提出、待機中です。

○長編K ■■
 執筆中です。あと一息。

 
◆漫画関係

『映像研には手を出すな! 1~2巻 大童澄瞳
 最初のうち絵柄に少し抵抗があったのですが、背景の描き込みと合わせて見ると、なるほどこれが正解なのだと納得。作者は独学でアニメを作ったことがあるそうで、本作にもアニメ愛が溢れていますよね。秘密基地的な建物の描写も、自分の子供のころを思い出して嬉しくなりました。

『ライフル・イズ・ビューティフル』 1~3巻 サルミアッキ
 ?ほんや@ときわ書房本店2F〉さんのツイートで知った漫画。射撃部に所属する四人の女子高生が、ビームライフル競技で全国大会を目指すという話です。3巻はまるごと全国大会編。いろいろな学校の生徒が腕を競い合うところなど『咲』を髣髴させる部分も。あとがきによると作者サルミアッキさんは射撃の経験者ではなく、一から取材して描いたそうです。とても面白く、勉強になる作品でした。

 
◆その他

 最近のアニメ関係。

『メイドインアビス』……9月で終了。これは傑作だと思います。大地にあいた大穴を少年少女が探検していく話ですが、10話以降、情け容赦のないヘビーな展開になりました。終盤は痛々しくて、見続けるのがつらい部分も。背景の美しさは放映期間中一度も乱れることがなく、相当時間をかけて作ったアニメだと思われます。テレビアニメのレベルを超えた、すばらしい作品でした。

ボールルームへようこそ……新パートナーの性格がちょっときつそうで、多々良くんが心配です。

『おそ松さん』第2期……第1話はやっぱりあそこから始まるわけですね。私は生活に密着した灯油の話なんかが好きだったので、2話以降、そういうシーンが出てくることを期待しています。

 
[最新の記事はこちら]
[これまでの記事はこちら]

2017年10月 7日 (土)

『沈黙する女たち』関連(2) サイン本情報

 麻見和史です。サイン本の情報です。

【お知らせ】船橋市のときわ書房本店様で『沈黙する女たち』(幻冬舎文庫)のサイン本を作成させていただきました。『屑の刃 重犯罪取材班・早乙女綾香』の続編です。7日に売り場に並べていただけるそうですので、どうぞよろしくお願いいたします。

 →ときわ書房様webshop

 

21     

2017年9月30日 (土)

『沈黙する女たち』関連(1) カバーデザインとあらすじ

 麻見和史です。新刊に関する情報です。
 10月6日ごろ、『沈黙する女たち』(幻冬舎文庫)が発売となります。これは2014年10月に刊行された『屑の刃 重犯罪取材班・早乙女綾香』の続編となります。文庫書き下ろし作品です。

 ネット書店サイトに書影が出ましたので、ご紹介いたします。

 

画像

 あっ、カバーデザインが白なので、ブログの背景との境界が曖昧になってしまいました。少し見づらいですが、お許しください。

 今回はかなり斬新なデザインにしていただきました。樹木の根の部分に、赤い花が咲いているというもので、美しさの中にも怪しい雰囲気が感じられます。

 公表されているあらすじは次のとおりです(一部変更しています)。

廃屋に展示されるように残されていた女性の全裸死体。それを撮影したものが会員サイト「死体美術館」にアップされる。その頃、凶悪事件を取材するCS放送クライムチャンネルに、元警視庁捜査一課の久我が加わっていた……。(中略)犯人の正体と目的とは?「重犯罪取材班・早乙女綾香」シリーズ第2弾。

 ということで、シリーズ第二弾となります。主人公・早乙女綾香は大手新聞社を退職してCS放送局クライムチャンネルに入社、前作『屑の刃』では「腹部を切り裂かれ、煙草の吸い殻と空き缶が詰め込まれた遺体」に関する取材を行いました。
 今回は上記あらすじのとおり、廃屋で女性の全裸死体が発見された事件を取材していきます。新メンバーとして元警視庁捜査一課の久我という人物も登場。はたして重犯罪取材班はこの猟奇的な事件を解明できるのでしょうか?

『沈黙する女たち』は幻冬舎文庫、秋のミステリフェアの一冊として刊行されます。どうぞよろしくお願いいたします。

[最新の記事はこちら]
[これまでの記事はこちら]

2017年9月23日 (土)

2017年10月の新刊情報

 麻見和史です。ネット書店などで予約受付が始まりましたので、以下ご報告させていただきます。

 2017年10月6日ごろ、新刊が発売されることになりました。読者のみなさま、書店のみなさま、いつも本当にありがとうございます。

 タイトルは『沈黙する女たち』に決定、幻冬舎文庫の一冊として刊行されます。書き下ろしの長編ミステリーです。
 今回は「の」が付かないタイトルになりました。本作を含めてこれまで19の長編がありますが、そのうち15作に「の」が付いていましたので、私としては珍しいことです。

 あらすじが公表されたところで、またご報告させていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。

★関連記事
『沈黙する女たち』関連(1) カバーデザインとあらすじ

 
[最新の記事はこちら]

[これまでの記事はこちら]

2017年9月12日 (火)

活動状況(2017/9/12) 『彼方のアストラ』がすごい

 麻見和史です。あっという間にもう9月中旬ですね。この夏は本当にスケジュールがきつくて、雨戸を開ける⇒原稿⇒ビール⇒雨戸を閉めて就寝⇒雨戸を開ける……の繰り返しでしたが、先週末でようやく作業が一段落しました。
 以下、最近の活動状況です。

          *

◆原稿関係 (○は作業中、●は終了、■は作業時間の配分状況)

●長編E 
 『水葬の迷宮 警視庁特捜7』は8月末に刊行されました。

○長編G 
 私の手を離れました。後日詳細をお知らせいたします。

○長編H
 設定資料などを提出しました。現在待機中。

○長編J ■■■■■■■■
 執筆終了。今週、修正(V2化の作業)を行います。

○長編K ■■
 プロットを提出しました。現在待機中。

 
◆漫画関係

『彼方のアストラ 1~4巻 篠原健太
 惑星キャンプに出掛けた9人の高校生たちが大きなトラブルに巻き込まれ、いくつもの困難を乗り越えながら帰還を目指すというSF漫画。最新4巻まで読みましたが、これ、すごいです。個人的には、ここ10年間で読んだ漫画の中でもトップクラスの出来だと感じています。とにかく4巻で驚かされました。
 コメディー要素とシリアスな要素がうまく描き分けられているところも好印象でした。キャラクターの過去もよく作り込まれています。

 これからお読みになるという方、ネットで検索なさらないほうがいいです。どこでネタバレされているかわかりませんので……。本を買ったときも、うしろのほうをパラパラとご覧になりませんように。最初から順番に読んでいただきたいと思います。

 
◆その他

 最近のアニメで楽しみなもの。

『ナイツ&マジック』……往年のサンライズ作品が好きだった人にも楽しめるロボットアニメ。ロボのCG部分はアニメ制作会社オレンジが担当したそうで、先日開かれたセミナーに家人が参加して話を聞いてきました。斑鳩(いかるが)をCGで動かすのにかなり苦労したとのこと。放送を見ているとよくわかります。

『メイドインアビス』……ほのぼのデザインのキャラクターなのに、10話でめちゃくちゃヘビーな話に。こんな展開になるとはまったく予想しておらず、度肝を抜かれました。

ボールルームへようこそ……社交ダンスを描いていますが、スポ根のようにも見ることができる熱いアニメ。多々良・ 真子コンビはすごく似合っていると思うのですが、この先どうなってしまうのか……。

 
[最新の記事はこちら]
[これまでの記事はこちら]

2017年8月29日 (火)

『水葬の迷宮』関連(3) サイン本情報

 麻見和史です。サイン本の情報です。

【お知らせ】千葉県船橋市のときわ書房本店様で『水葬の迷宮 警視庁特捜7』(新潮文庫)のサイン本を作成させていただきました。『特捜7 銃弾』の文庫版です。明日30日には売り場に並べていただけるそうですので、よろしくお願いいたします。

 →ときわ書房様webshop
 

01

2017年8月22日 (火)

『水葬の迷宮』関連(2) カバーデザイン

 麻見和史です。新刊の情報です。
 8月29日ごろ、『水葬の迷宮 警視庁特捜7』(新潮文庫)が発売となります。これは2014年に刊行された『特捜7 銃弾』の文庫版となります(文庫化にあたり、手直しを行いました)。

 ネット書店サイトに書影が出ましたので、ご紹介いたします。
 

画像

 今までの麻見本とは異なり、非常に男らしいものに仕上がりました。これぞ「ザ・警察小説」という雰囲気のカバーです。

 内容のほうですが……。
 捜査一課のエース・岬と、憎めない変人ぶりを発揮する女性捜査員・里中は、「腕のない遺体」に関する捜査を開始します。しかしそんな中、都内で銃撃事件が発生。残りの弾丸は四発、犯人はあと何人襲うつもりなのか――というストーリーです。サスペンスと同時に、さまざまな謎解きを楽しんでいただける作品となっています。

『水葬の迷宮 警視庁特捜7』は8月29日ごろ発売予定です。どうぞよろしくお願いいたします。

[最新の記事はこちら]
[これまでの記事はこちら]

«『水葬の迷宮』関連(1) あらすじ

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

作品リスト

  • 鷹の砦 警視庁捜査一課十一係
    ◆内容紹介
    人質は、刑事・如月塔子。凶悪犯の魔手から生還せよ! 最悪の知能犯グループVS.<殺人分析班>
    (2017/12/6発売)
    ----------------------
  • : <strong>沈黙する女たち (幻冬舎文庫)</strong>

    沈黙する女たち (幻冬舎文庫)
    ◆内容紹介
    廃屋に展示されるように残されていた女性の全裸死体。それを撮影したものが会員サイト「死体美術館」にアップされる。「重犯罪取材班・早乙女綾香」シリーズ第2弾。
    (2017/10/6発売)
    【文庫書き下ろし】
    ----------------------

  • : <strong>水葬の迷宮: 警視庁特捜7 (新潮文庫)</strong>

    水葬の迷宮: 警視庁特捜7 (新潮文庫)
    ◆内容紹介
    捜査で判明する新たな事実によってパズルのように埋まっていく謎解きの興趣。緻密な伏線が冴える本格捜査ミステリー。
    ★本書は『特捜7 銃弾』の文庫版です。
    (2017/9/1発売)
    【四六判を文庫化】
    ----------------------

  • : <strong>蝶の力学 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)</strong>

    蝶の力学 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)
    ◆内容紹介
    遺体の首に挿された青い花。猟奇的な装飾に戦慄する殺人分析班は、新聞社に届いた挑戦状らしきメールに言葉を失う。
    (2017/7/14発売)
    【ノベルスを文庫化】
    ----------------------

  • : <strong>奈落の偶像 警視庁捜査一課十一係</strong>

    奈落の偶像 警視庁捜査一課十一係
    ◆内容紹介
    〈警視庁捜査一課十一係/如月塔子〉シリーズ最新第九作。日本最大の繁華街で起きた殺人事件に、女性刑事・如月が挑む!
    (2017/7/6発売)
    ----------------------

  • : <strong>永久囚人 警視庁文書捜査官</strong>

    永久囚人 警視庁文書捜査官
    ◆内容紹介
    殺人予告か非業の手記か──。謎の小説を解読せよ! 奇妙な幻想小説どおりに殺人事件が! 文字マニア・鳴海理沙警部補が謎に迫る。
    (2017/3/25発売)
    ----------------------

  • : <strong>警視庁文書捜査官 (角川文庫)</strong>

    警視庁文書捜査官 (角川文庫)
    ◆内容紹介
    捜査一課に設置された文書解読班。文章心理学を学んだ鳴海理沙警部補は、右手首が切断された不可解な殺人事件を捜査する。現場に残されたカードの意味とは?
    (2017/1/25発売)
    【四六判を文庫化】
    ----------------------

  • : <strong>共犯レクイエム―公安外事五課 (ハルキ文庫)</strong>

    共犯レクイエム―公安外事五課 (ハルキ文庫)
    ◆内容紹介
    〈裏切者(モグラ)は誰だ!? 上司を、同僚を、監視する女〉──公安部に異動になった篠原早紀は、東欧スパイを調査する傍ら、組織内の裏切者を探すことに…。
    (2016/12/15発売)
    【文庫書き下ろし】
    ----------------------

  • : <strong>女神の骨格 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)</strong>

    女神の骨格 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)
    ◆内容紹介
    洋館で火災が発生。鎮火後、隠し部屋で発見された白骨遺体は、頭部が男性、胴体が女性だった! この家でいったい何が? 如月塔子シリーズ第六弾の文庫化。
    (2016/11/15発売)
    【ノベルスを文庫化】
    ----------------------

  • : <strong>雨色の仔羊 警視庁捜査一課十一係</strong>

    雨色の仔羊 警視庁捜査一課十一係
    ◆内容紹介
    SOSメッセージの書かれたタオルを手掛かりに、如月塔子と鷹野は捜査を開始するが…。事件の鍵を握るのは九歳の少年? 十一係シリーズ第八弾。
    (2016/11/8発売)
    ----------------------

  • : <strong>死者の盟約 特捜7</strong>

    死者の盟約 特捜7
    ◆内容紹介
    傷のない遺体の顔に、なぜ犯人は包帯を巻いていったのか? 心配性の岬と楽天家の里中が捜査を開始する。TVドラマ化された『特捜7 銃弾』の続編!
    (2016/3/22発売)
    ----------------------

  • : <strong>聖者の凶数 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)</strong>

    聖者の凶数 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)
    ◆内容紹介
    アパートの空き部屋で、顔と両腕を損壊された遺体が見つかった。腹に書かれた「27」は何を意味するのか。如月塔子と鷹野は年末の上野界隈で捜査を開始するが…。
    (2016/1/15発売)
    【ノベルスを文庫化】
    ----------------------

  • : <strong>蝶の力学 警視庁捜査一課十一係</strong>

    蝶の力学 警視庁捜査一課十一係
    ◆内容紹介
    資産家夫妻の殺人・誘拐事件が発生。相棒離脱の中、如月塔子はこの猟奇的な事件を解決できるのか? シリーズ第七弾!
    (2015/12/3発売)
    ----------------------

  • : <strong>深紅の断片 警防課救命チーム</strong>

    深紅の断片 警防課救命チーム
    ◆内容紹介
    「少女が閉じ込められている」それは犯人からの119番通報だった…。命を弄ぶ凶悪犯に立ち向かうのは、命を助ける術しか持たない、救急隊!
    (2015/5/27発売)
    ----------------------

  • : <strong>虚空の糸 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)</strong>

    虚空の糸 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)
    ◆内容紹介
    刺殺遺体が握っていたナイフの意味とは。犯人は二億円を用意できなければ、都民を一人ずつ殺害すると予告。殺人分析班が推理する!
    (2015/5/15発売)
    【ノベルスを文庫化】
    --------------------

  • : <strong>警視庁文書捜査官</strong>

    警視庁文書捜査官
    ◆内容紹介
    文章心理学を使って殺人犯を追跡する捜査官・鳴海理沙登場!
    (2015/1/29発売)
    --------------------

  • : <strong>女神の骨格 警視庁捜査一課十一係</strong>

    女神の骨格 警視庁捜査一課十一係
    ◆内容紹介
    発見された白骨は、男性の頭部と女性の胴体だった。刑事・如月塔子が事件の真相を追う!
    (2014/12/3発売)
    --------------------

  • : <strong>屑の刃 重犯罪取材班・早乙女綾香 (幻冬舎文庫)</strong>

    屑の刃 重犯罪取材班・早乙女綾香 (幻冬舎文庫)
    ◆内容紹介
    腹部に煙草の吸い殻と空き缶を押し込まれた遺体。CS放送記者・早乙女綾香が取材に走る!
    (2014/10/9発売)
    【文庫書き下ろし】
    --------------------

  • : <strong>特捜7: 銃弾</strong>

    特捜7: 銃弾
    ◆内容紹介
    警官殺しと両腕のない死体。一課のエースと変わり者の女性刑事が謎を追う!
    (2014/5/22発売)
    --------------------

  • : <strong>水晶の鼓動 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)</strong>

    水晶の鼓動 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)
    ◆内容紹介
    殺人現場は、部屋中真っ赤に染められた「赤い部屋」だった。東京を震撼させる連続爆破事件との関連はあるのか――。
    (2014/5/15発売)
    【ノベルスを文庫化】
    --------------------

  • : <strong>聖者の凶数 警視庁捜査一課十一係</strong>

    聖者の凶数 警視庁捜査一課十一係
    ◆内容紹介
    顔と腕が損壊された死体。その腹部には《27》という謎の数字が記されていた。新米女刑事・如月が挑む、もっとも残酷で哀しい事件!
    (2013/12/5発売)
    --------------------

  • : <strong>蟻の階段 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)</strong>

    蟻の階段 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)
    ◆内容紹介
    惨殺死体と共に発見されたのは頭蓋骨・白い花・掛け時計・スープ皿。一体何を意味するのか。殺人分析班が卓越した推理力で犯人に挑む。
    (2013/10/16発売)
    【ノベルスを文庫化】
    --------------------

  • : <strong>石の繭 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)</strong>

    石の繭 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)
    ◆内容紹介
    モルタルで固められた惨殺死体発見――犯人より愛宕署特捜本部へ電話が。新米女性刑事・塔子が交渉相手となったが。本格警察ミステリーの白眉。
    (2013/5/15発売)
    【ノベルスを文庫化】
    ★文庫化にあたり、ノベルス版に加筆訂正を行いました。以後の文庫も同様です。
    --------------------

  • : <strong>虚空の糸 警視庁捜査一課十一係</strong>

    虚空の糸 警視庁捜査一課十一係
    ◆内容紹介
    「見抜いた!」と思ったら“見抜かされていた”、この衝撃!――宇田川拓也さん(ときわ書房本店)
    人質は東京都民1300万人。前代未聞の警視庁脅迫事件!
    (2013/4/4発売)
    --------------------

  • : <strong>ヴェサリウスの柩(創元推理文庫)</strong>

    ヴェサリウスの柩(創元推理文庫)
    ◆内容紹介
    解剖中の遺体から発見された告発文。黒い絨毯の上で踊る死者──大学医学部で次々起こる不可解な事件。若き女性解剖学者が医学教室の謎に挑む! 第16回鮎川哲也賞受賞作。
    (2012/5/30発売)
    【四六判を文庫化】
    --------------------

  • : <strong>水晶の鼓動 警視庁捜査一課十一係</strong>

    水晶の鼓動 警視庁捜査一課十一係
    ◆内容紹介
    部屋中真っ赤に染められた「赤い部屋」で殺人事件が起き、新人刑事・如月塔子と相棒の鷹野は遺留品の捜査を開始する。
    時を同じくして、都内各所で連続爆破事件が発生。 果たして、「赤い部屋」の謎と東京の運命は?
    (2012/5/8発売)
    --------------------

  • : <strong>蟻の階段 警視庁捜査一課十一係</strong>

    蟻の階段 警視庁捜査一課十一係
    ◆内容紹介
    新米女刑事・如月塔子が挑む、新たな難事件
    頭蓋骨、白い花、掛け時計、スープ皿――遺体の周りに残された奇妙な四つの品の意味とは? 本格ミステリの緻密さと警察小説の迫力が融合! 好評シリーズ第二弾
    (2011/10/6発売)
    --------------------

  • : <strong>石の繭 警視庁捜査一課十一係</strong>

    石の繭 警視庁捜査一課十一係
    ◆内容紹介
    警視庁捜査一課の女性刑事を描く骨太小説!モルタルで固められた死体と大ポンペイ展の石膏像との関係は?捜査本部にたびたび電話をかけてくる大胆不敵で異常な犯人と、捜査一課の女性刑事との攻防始まる。
    (2011/5/10発売)
    --------------------
          ↑
    2008/10月~2011/4月
        暗黒時代
          ↓
    --------------------

  • : <strong>真夜中のタランテラ</strong>

    真夜中のタランテラ
    長編第2作。
    【在庫なし・文庫化の予定なし】
    (2008/9/30発売)
    --------------------

  • : <strong>ヴェサリウスの柩</strong>

    ヴェサリウスの柩
    第16回鮎川哲也賞受賞作。大学医学部を舞台に「解剖」と「遺体」を描いたミステリーです。献体された「ご遺体」から謎の脅迫状が発見され、その記述に従うように不気味な事件が発生します。【在庫なし】
    (2006/9/30発売)