活動状況

  • ======================
    ■小説関係(2017/10/7)
    ======================
    ●2017年10月6日『沈黙する女たち』が発売されました。
    ----------------------
    ●2017年9月1日『水葬の迷宮 警視庁特捜7』が発売されました。これは『特捜7 銃弾』の文庫版となります。
    ----------------------
    ●2017年7月6日、十一係9『奈落の偶像』が発売されました。また7月14日、十一係7の文庫版『蝶の力学』が発売されました。
    ----------------------
    ●2017年3月25日、『永久囚人 警視庁文書捜査官』が発売されました。

    ----------------------
    ●2017年1月25日、『警視庁文書捜査官』(文庫版)が発売されました。
    ----------------------
    ●2016年11月13日~WOWOWにてドラマ『水晶の鼓動』(全5話)が放送されました。

  • ======================
    ■イベント関係(2015/6/21)
    ======================
    ●最近イベント参加が減っております。どのへんが「イベント・シンポジウム日記」なのかわからなくなってきました。

    ●麻見のTwitterアカウントは
    こちらです→ @asamikazushi
無料ブログはココログ

備忘

CHK

2017年10月11日 (水)

活動状況(2017/10/11) アニメ『メイドインアビス』の衝撃

 麻見和史です。なんと、もう10月……。シャワーを浴びて脱衣所に出たら寒くて困ってしまいました。そろそろヒーターやこたつの準備をしたいと思います。
 以下、最近の活動状況です。

          *

◆原稿関係 (○は作業中、●は終了、■は作業時間の配分状況)

●長編G 
 『沈黙する女たち』(幻冬舎文庫)は10月6日に発売されました。

○長編H ■
 長編K終了後、作業にかかります。

○長編J ■
 V3を提出、待機中です。

○長編K ■■
 執筆中です。あと一息。

 
◆漫画関係

『映像研には手を出すな! 1~2巻 大童澄瞳
 最初のうち絵柄に少し抵抗があったのですが、背景の描き込みと合わせて見ると、なるほどこれが正解なのだと納得。作者は独学でアニメを作ったことがあるそうで、本作にもアニメ愛が溢れていますよね。秘密基地的な建物の描写も、自分の子供のころを思い出して嬉しくなりました。

『ライフル・イズ・ビューティフル』 1~3巻 サルミアッキ
 ?ほんや@ときわ書房本店2F〉さんのツイートで知った漫画。射撃部に所属する四人の女子高生が、ビームライフル競技で全国大会を目指すという話です。3巻はまるごと全国大会編。いろいろな学校の生徒が腕を競い合うところなど『咲』を髣髴させる部分も。あとがきによると作者サルミアッキさんは射撃の経験者ではなく、一から取材して描いたそうです。とても面白く、勉強になる作品でした。

 
◆その他

 最近のアニメ関係。

『メイドインアビス』……9月で終了。これは傑作だと思います。大地にあいた大穴を少年少女が探検していく話ですが、10話以降、情け容赦のないヘビーな展開になりました。終盤は痛々しくて、見続けるのがつらい部分も。背景の美しさは放映期間中一度も乱れることがなく、相当時間をかけて作ったアニメだと思われます。テレビアニメのレベルを超えた、すばらしい作品でした。

ボールルームへようこそ……新パートナーの性格がちょっときつそうで、多々良くんが心配です。

『おそ松さん』第2期……第1話はやっぱりあそこから始まるわけですね。私は生活に密着した灯油の話なんかが好きだったので、2話以降、そういうシーンが出てくることを期待しています。

 
[最新の記事はこちら]
[これまでの記事はこちら]

2017年10月 7日 (土)

『沈黙する女たち』関連(2) サイン本情報

 麻見和史です。サイン本の情報です。

【お知らせ】船橋市のときわ書房本店様で『沈黙する女たち』(幻冬舎文庫)のサイン本を作成させていただきました。『屑の刃 重犯罪取材班・早乙女綾香』の続編です。7日に売り場に並べていただけるそうですので、どうぞよろしくお願いいたします。

 →ときわ書房様webshop

 

21     

2017年9月30日 (土)

『沈黙する女たち』関連(1) カバーデザインとあらすじ

 麻見和史です。新刊に関する情報です。
 10月6日ごろ、『沈黙する女たち』(幻冬舎文庫)が発売となります。これは2014年10月に刊行された『屑の刃 重犯罪取材班・早乙女綾香』の続編となります。文庫書き下ろし作品です。

 ネット書店サイトに書影が出ましたので、ご紹介いたします。

 

画像

 あっ、カバーデザインが白なので、ブログの背景との境界が曖昧になってしまいました。少し見づらいですが、お許しください。

 今回はかなり斬新なデザインにしていただきました。樹木の根の部分に、赤い花が咲いているというもので、美しさの中にも怪しい雰囲気が感じられます。

 公表されているあらすじは次のとおりです(一部変更しています)。

廃屋に展示されるように残されていた女性の全裸死体。それを撮影したものが会員サイト「死体美術館」にアップされる。その頃、凶悪事件を取材するCS放送クライムチャンネルに、元警視庁捜査一課の久我が加わっていた……。(中略)犯人の正体と目的とは?「重犯罪取材班・早乙女綾香」シリーズ第2弾。

 ということで、シリーズ第二弾となります。主人公・早乙女綾香は大手新聞社を退職してCS放送局クライムチャンネルに入社、前作『屑の刃』では「腹部を切り裂かれ、煙草の吸い殻と空き缶が詰め込まれた遺体」に関する取材を行いました。
 今回は上記あらすじのとおり、廃屋で女性の全裸死体が発見された事件を取材していきます。新メンバーとして元警視庁捜査一課の久我という人物も登場。はたして重犯罪取材班はこの猟奇的な事件を解明できるのでしょうか?

『沈黙する女たち』は幻冬舎文庫、秋のミステリフェアの一冊として刊行されます。どうぞよろしくお願いいたします。

[最新の記事はこちら]
[これまでの記事はこちら]

2017年9月23日 (土)

2017年10月の新刊情報

 麻見和史です。ネット書店などで予約受付が始まりましたので、以下ご報告させていただきます。

 2017年10月6日ごろ、新刊が発売されることになりました。読者のみなさま、書店のみなさま、いつも本当にありがとうございます。

 タイトルは『沈黙する女たち』に決定、幻冬舎文庫の一冊として刊行されます。書き下ろしの長編ミステリーです。
 今回は「の」が付かないタイトルになりました。本作を含めてこれまで19の長編がありますが、そのうち15作に「の」が付いていましたので、私としては珍しいことです。

 あらすじが公表されたところで、またご報告させていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。

★関連記事
『沈黙する女たち』関連(1) カバーデザインとあらすじ

 
[最新の記事はこちら]

[これまでの記事はこちら]

2017年9月12日 (火)

活動状況(2017/9/12) 『彼方のアストラ』がすごい

 麻見和史です。あっという間にもう9月中旬ですね。この夏は本当にスケジュールがきつくて、雨戸を開ける⇒原稿⇒ビール⇒雨戸を閉めて就寝⇒雨戸を開ける……の繰り返しでしたが、先週末でようやく作業が一段落しました。
 以下、最近の活動状況です。

          *

◆原稿関係 (○は作業中、●は終了、■は作業時間の配分状況)

●長編E 
 『水葬の迷宮 警視庁特捜7』は8月末に刊行されました。

○長編G 
 私の手を離れました。後日詳細をお知らせいたします。

○長編H
 設定資料などを提出しました。現在待機中。

○長編J ■■■■■■■■
 執筆終了。今週、修正(V2化の作業)を行います。

○長編K ■■
 プロットを提出しました。現在待機中。

 
◆漫画関係

『彼方のアストラ 1~4巻 篠原健太
 惑星キャンプに出掛けた9人の高校生たちが大きなトラブルに巻き込まれ、いくつもの困難を乗り越えながら帰還を目指すというSF漫画。最新4巻まで読みましたが、これ、すごいです。個人的には、ここ10年間で読んだ漫画の中でもトップクラスの出来だと感じています。とにかく4巻で驚かされました。
 コメディー要素とシリアスな要素がうまく描き分けられているところも好印象でした。キャラクターの過去もよく作り込まれています。

 これからお読みになるという方、ネットで検索なさらないほうがいいです。どこでネタバレされているかわかりませんので……。本を買ったときも、うしろのほうをパラパラとご覧になりませんように。最初から順番に読んでいただきたいと思います。

 
◆その他

 最近のアニメで楽しみなもの。

『ナイツ&マジック』……往年のサンライズ作品が好きだった人にも楽しめるロボットアニメ。ロボのCG部分はアニメ制作会社オレンジが担当したそうで、先日開かれたセミナーに家人が参加して話を聞いてきました。斑鳩(いかるが)をCGで動かすのにかなり苦労したとのこと。放送を見ているとよくわかります。

『メイドインアビス』……ほのぼのデザインのキャラクターなのに、10話でめちゃくちゃヘビーな話に。こんな展開になるとはまったく予想しておらず、度肝を抜かれました。

ボールルームへようこそ……社交ダンスを描いていますが、スポ根のようにも見ることができる熱いアニメ。多々良・ 真子コンビはすごく似合っていると思うのですが、この先どうなってしまうのか……。

 
[最新の記事はこちら]
[これまでの記事はこちら]

2017年8月29日 (火)

『水葬の迷宮』関連(3) サイン本情報

 麻見和史です。サイン本の情報です。

【お知らせ】千葉県船橋市のときわ書房本店様で『水葬の迷宮 警視庁特捜7』(新潮文庫)のサイン本を作成させていただきました。『特捜7 銃弾』の文庫版です。明日30日には売り場に並べていただけるそうですので、よろしくお願いいたします。

 →ときわ書房様webshop
 

01

2017年8月22日 (火)

『水葬の迷宮』関連(2) カバーデザイン

 麻見和史です。新刊の情報です。
 8月29日ごろ、『水葬の迷宮 警視庁特捜7』(新潮文庫)が発売となります。これは2014年に刊行された『特捜7 銃弾』の文庫版となります(文庫化にあたり、手直しを行いました)。

 ネット書店サイトに書影が出ましたので、ご紹介いたします。
 

画像

 今までの麻見本とは異なり、非常に男らしいものに仕上がりました。これぞ「ザ・警察小説」という雰囲気のカバーです。

 内容のほうですが……。
 捜査一課のエース・岬と、憎めない変人ぶりを発揮する女性捜査員・里中は、「腕のない遺体」に関する捜査を開始します。しかしそんな中、都内で銃撃事件が発生。残りの弾丸は四発、犯人はあと何人襲うつもりなのか――というストーリーです。サスペンスと同時に、さまざまな謎解きを楽しんでいただける作品となっています。

『水葬の迷宮 警視庁特捜7』は8月29日ごろ発売予定です。どうぞよろしくお願いいたします。

[最新の記事はこちら]
[これまでの記事はこちら]

2017年8月21日 (月)

『水葬の迷宮』関連(1) あらすじ

 麻見和史です。あっという間に8月も後半になってしまいました。

 ネット書店などに8月の新刊、『水葬の迷宮 警視庁特捜7』のあらすじが掲載されましたので、以下ご紹介いたします。

ベテラン警官が拳銃を奪われ、両腕を切られた姿で発見された。遺体損壊の謎を追い、特別捜査班の岬怜司は、似顔絵をメモ代わりにする里中宏美とコンビを組む。連続する銃撃事件、現場に残された不可解な数字。浮上する過去の未解決事件と闇に消えた男とは……。つながる点と線、迷宮の核心、そしてクライマックスは東京駅へ! 緻密な伏線が冴える、本格捜査ミステリー。『特捜 7 銃弾』改題。

 上記あらすじにもありますとおり、この作品は2014年5月に四六判単行本として刊行された『特捜7 銃弾』の文庫版です。タイトルが変わっていますが、基本的には同じものですのでどうかご了承ください。
 ただ、四六判の刊行からすでに3年たっていますので、今回、全体を見直して、読みやすくなるよう修正を行いました。

 じつはこの作品、テレビ朝日さんの「土曜ワイド劇場」でドラマ化されております。放送されたのは2016年2月ですから、もう1年半も前なのですね。なつかしいことです。

 今回のカバーは四六判とはがらりと印象が変わっております。後日ご紹介させていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

[最新の記事はこちら]
[これまでの記事はこちら]

2017年8月17日 (木)

『奈落の偶像』関連(4) 書評情報

 麻見和史です。関東地方、この8月はずっと雨続きですね。
 以下、書評関連の情報です。

◆書評1
 隔月刊誌『ミステリーズ!』vol.84(2017年8月、東京創元社)の「ミステリーズ! ブックレビュー〈国内ミステリ〉」コーナーで『奈落の偶像 警視庁捜査一課十一係』が紹介されました(宇田川拓也さん)。どうもありがとうございます。

 
◆書評2
 J-CAST「BOOKウォッチ」で『奈落の偶像 警視庁捜査一課十一係』が紹介されました。どうもありがとうございます。
 記事はウェブサイトで閲覧できます。⇒こちら 

(元の記事は「夕刊フジ」に掲載されたもののようですが、現物は未確認です。すみません)

 
[最新の記事はこちら]

[これまでの記事はこちら]

2017年8月11日 (金)

講談社文庫 夏ミス 2017

 麻見和史です。フェア関連のお知らせです。

「講談社文庫 夏ミス 2017」フェアで、如月塔子ものの二作目、『蟻の階段 警視庁殺人分析班』をラインナップに入れていただいております。詳細については こちらのページ をごらんください。「おまわりさんの本棚」に登録されています。
 フェア対象本1冊につき、ウナギイヌしおりが1枚プレゼントされるとのこと。ついに時代がウナギイヌに追いついたようです。

 お店で見かけましたら、ぜひラインナップをチェックしてみてください。どうぞよろしくお願いいたします。

 
[最新の記事はこちら]

[これまでの記事はこちら]

2017年7月30日 (日)

2017年8月の新刊情報

 麻見和史です。新潮社さんのサイトに情報が掲載されましたので、以下ご報告させていただきます。

 2017年8月末に新刊が発売されることになりました。読者のみなさま、書店のみなさま、いつも本当にありがとうございます。
 情報は こちら に載っております。

 タイトルは『水葬の迷宮―警視庁特捜7―』で、新潮文庫のラインナップに加えていただくことになります。上記ウェブサイトに「判型違い(書籍)」とありますとおり、これは『特捜7―銃弾―』の文庫版です。文庫化にあたり、大幅に修正を行ったうえ改題いたしました。
 そういうわけで書籍のタイトルは異なりますが、『特捜7―銃弾―』と同じ作品ですので、どうかご了承ください。

 詳細については後日またご報告させていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。

★2017/09/10追記。奥付を見ると9月1日発行となっていますので、本記事のタイトルは「9月の新刊情報」とすべきだったようです。ただ、8月27日ごろには書籍が店頭に並んでおりましたので、タイトルは変更せず、そのままにしてあります。

★最新の情報はこちらです。

 
[最新の記事はこちら]

[これまでの記事はこちら]

2017年7月26日 (水)

「おすすめ小説5選」の記事

 麻見和史です。暑い日が続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
 ネット検索しているうち、「ホンシェルジュ」というサイトを見つけました。その中で、ある方が麻見本について紹介してくださっています。どうもありがとうございます。

 麻見の作品傾向について、とてもわかりやすい説明だと感じましたのでご紹介させていただきます。

  麻見和史のおすすめ小説5選!ドラマ『石の繭』の原作者

 十一係シリーズだけでなく救急医療ものの『深紅の断片』なども入っていて、嬉しく思いました。それから、デビュー作である『ヴェサリウスの柩』も。
 昔はこういう暗い話も書いていたんですよね。『ヴェサリウス』は2006年の刊行ですので、もう10年以上も前のことですが……。

 
[最新の記事はこちら]
[これまでの記事はこちら]

2017年7月23日 (日)

活動状況(2017/7/23) プロット作成中

 麻見和史です。最近、うちの近くでも蝉が鳴くようになりました。
 以下、最近の活動状況です。

          *

◆概況

 7月上旬に十一係シリーズ9作目の『奈落の偶像』(講談社ノベルス)が、中旬に7作目の文庫版『蝶の力学』(講談社文庫)が刊行されました。どうぞよろしくお願いいたします。
 現在、プロット作成中です。原稿のほうは今月末から新作に着手する予定です。

 
◆原稿関係 (○は作業中、●は終了、■は作業時間の配分状況)

○長編E 
 私の手を離れました。後日、内容をご紹介いたします。

○長編G 
 成果物を提出して、現在は待機中。

○長編H ■■
 長編Jの作業が一段落したら取りかかります。

○長編J 
 月末から執筆予定です。

○長編K ■■■■■■■■
 プロット作成中です。

 
◆漫画関係

『ど根性ガエルの娘 1~3巻 大月悠祐子
 大ヒット漫画『ど根性ガエル』の作者、吉沢やすみさんについて娘さんが描いたもの。3巻で明らかになる真相はたしかに驚くべきものでした。これはきついですよね……。

『小林さんちのメイドラゴン 6巻 クール教信者
 こ……小林さんの昔のメイド服姿! 初登場のときはどうなるかと思ったイルルが、最近まともなキャラになってきて嬉しく思います。みんな仲よく、ね。

『中国嫁日記 1~2巻 井上純一
 中国人の奥さんとおたくな旦那さんを描いたエッセイ的な漫画。旦那さんはけっこう裕福な方なのでしょうか。

『1518!(イチゴーイチハチ!) 1巻 相田裕
 作者の相田裕さんは『GUNSLINGER GIRL』の人ですよね。『1518!』はまったく方向性の違う日本の学園もので、驚いています。会長、いいキャラですよね。

 
◆その他

 いつか『けものフレンズ』のネット配信を見ようと思っていたら、8月14日から再放送が始まるそうです。今回はしっかり録画します。

 最近のアニメだと『アホガール』がイチオシです。こういう、何も考えずに楽しめるギャグアニメは本当に好きなので。

 あと、ボールルームへようこそも楽しみです。社交ダンスの話なので地味かなと思ったのですが、みんなすごく動きます。雫さんがいいですよね。

 
[最新の記事はこちら]
[これまでの記事はこちら]

2017年7月14日 (金)

『蝶の力学』(文庫版)関連(2) サイン本情報

 麻見和史です。サイン本の情報です。

【お知らせ】宣伝が続いて恐縮です。船橋のときわ書房本店様で『蝶の力学 警視庁殺人分析班』のサイン本を作成させていただきました。十一係シリーズ七作目の文庫版になります。明日には店頭に並べていただけるそうですので、よろしくお願いいたします。

 →ときわ書房様webshop
 

01

2017年7月12日 (水)

お手紙のこと

 麻見和史です。ここしばらく、関東地方も暑い日が続いております。

 今はメールやツイッターというものがありまして、読者様との距離もずいぶん近くなったという感じがしますが、中にはわざわざお手紙を送ってくださる方もいらっしゃいます。本当にありがとうございます。

 漫画家さんですと、段ボール箱でどさっとファンレターが届くようなイメージがありますが、私の場合、書くものがミステリー小説なのでそんなに大量にいただくことはありません。たまに講談社さんの編集部から封筒が届いて、開けてみると読者様からのお手紙が入っている、という形です。

 最近も一通いただきまして、麻見の本を2カ月ですべて読んでくださったとのこと。お忙しい中、どうもありがとうございます。
 唯一『真夜中のタランテラ』だけは手に入らなかったので図書館に行った、と書かれていましたが、はい、あれは文庫化の予定もないものですから入手が難しくなっております。デビュー2作目だったため、なかなか満足のいく形に仕上がらなくて……。おそらくあの本はこのまま絶版になるかと思います。

 いただいたお手紙はすべてきちんと拝読しております。普段ずっとひとりで作業しているものですから、こうしたお手紙はとても励みになります。
(ツイッター https://twitter.com/asamikazushi のほうに感想をくださる方にもお礼申し上げます)

 これからも面白いものを書いていくよう全力を尽くしますので、どうぞよろしくお願いいたします。

[最新の記事はこちら]
[これまでの記事はこちら]

«『蝶の力学』(文庫版)関連(1) カバーデザイン

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

作品リスト

  • 沈黙する女たち(幻冬舎文庫)
    ◆内容紹介
    廃屋に展示されるように残されていた女性の全裸死体。それを撮影したものが会員サイト「死体美術館」にアップされる。「重犯罪取材班・早乙女綾香」シリーズ第2弾。
    (2017/10/6発売予定)
    【文庫書き下ろし】
    ----------------------
  • : <strong>水葬の迷宮: 警視庁特捜7 (新潮文庫)</strong>

    水葬の迷宮: 警視庁特捜7 (新潮文庫)
    ◆内容紹介
    捜査で判明する新たな事実によってパズルのように埋まっていく謎解きの興趣。緻密な伏線が冴える本格捜査ミステリー。
    ★本書は『特捜7 銃弾』の文庫版です。
    (2017/9/1発売)
    【四六判を文庫化】
    ----------------------

  • : <strong>蝶の力学 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)</strong>

    蝶の力学 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)
    ◆内容紹介
    遺体の首に挿された青い花。猟奇的な装飾に戦慄する殺人分析班は、新聞社に届いた挑戦状らしきメールに言葉を失う。
    (2017/7/14発売)
    【ノベルスを文庫化】
    ----------------------

  • : <strong>奈落の偶像 警視庁捜査一課十一係</strong>

    奈落の偶像 警視庁捜査一課十一係
    ◆内容紹介
    〈警視庁捜査一課十一係/如月塔子〉シリーズ最新第九作。日本最大の繁華街で起きた殺人事件に、女性刑事・如月が挑む!
    (2017/7/6発売)
    ----------------------

  • : <strong>永久囚人 警視庁文書捜査官</strong>

    永久囚人 警視庁文書捜査官
    ◆内容紹介
    殺人予告か非業の手記か──。謎の小説を解読せよ! 奇妙な幻想小説どおりに殺人事件が! 文字マニア・鳴海理沙警部補が謎に迫る。
    (2017/3/25発売)
    ----------------------

  • : <strong>警視庁文書捜査官 (角川文庫)</strong>

    警視庁文書捜査官 (角川文庫)
    ◆内容紹介
    捜査一課に設置された文書解読班。文章心理学を学んだ鳴海理沙警部補は、右手首が切断された不可解な殺人事件を捜査する。現場に残されたカードの意味とは?
    (2017/1/25発売)
    【四六判を文庫化】
    ----------------------

  • : <strong>共犯レクイエム―公安外事五課 (ハルキ文庫)</strong>

    共犯レクイエム―公安外事五課 (ハルキ文庫)
    ◆内容紹介
    〈裏切者(モグラ)は誰だ!? 上司を、同僚を、監視する女〉──公安部に異動になった篠原早紀は、東欧スパイを調査する傍ら、組織内の裏切者を探すことに…。
    (2016/12/15発売)
    【文庫書き下ろし】
    ----------------------

  • : <strong>女神の骨格 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)</strong>

    女神の骨格 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)
    ◆内容紹介
    洋館で火災が発生。鎮火後、隠し部屋で発見された白骨遺体は、頭部が男性、胴体が女性だった! この家でいったい何が? 如月塔子シリーズ第六弾の文庫化。
    (2016/11/15発売)
    【ノベルスを文庫化】
    ----------------------

  • : <strong>雨色の仔羊 警視庁捜査一課十一係</strong>

    雨色の仔羊 警視庁捜査一課十一係
    ◆内容紹介
    SOSメッセージの書かれたタオルを手掛かりに、如月塔子と鷹野は捜査を開始するが…。事件の鍵を握るのは九歳の少年? 十一係シリーズ第八弾。
    (2016/11/8発売)
    ----------------------

  • : <strong>死者の盟約 特捜7</strong>

    死者の盟約 特捜7
    ◆内容紹介
    傷のない遺体の顔に、なぜ犯人は包帯を巻いていったのか? 心配性の岬と楽天家の里中が捜査を開始する。TVドラマ化された『特捜7 銃弾』の続編!
    (2016/3/22発売)
    ----------------------

  • : <strong>聖者の凶数 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)</strong>

    聖者の凶数 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)
    ◆内容紹介
    アパートの空き部屋で、顔と両腕を損壊された遺体が見つかった。腹に書かれた「27」は何を意味するのか。如月塔子と鷹野は年末の上野界隈で捜査を開始するが…。
    (2016/1/15発売)
    【ノベルスを文庫化】
    ----------------------

  • : <strong>蝶の力学 警視庁捜査一課十一係</strong>

    蝶の力学 警視庁捜査一課十一係
    ◆内容紹介
    資産家夫妻の殺人・誘拐事件が発生。相棒離脱の中、如月塔子はこの猟奇的な事件を解決できるのか? シリーズ第七弾!
    (2015/12/3発売)
    ----------------------

  • : <strong>深紅の断片 警防課救命チーム</strong>

    深紅の断片 警防課救命チーム
    ◆内容紹介
    「少女が閉じ込められている」それは犯人からの119番通報だった…。命を弄ぶ凶悪犯に立ち向かうのは、命を助ける術しか持たない、救急隊!
    (2015/5/27発売)
    ----------------------

  • : <strong>虚空の糸 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)</strong>

    虚空の糸 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)
    ◆内容紹介
    刺殺遺体が握っていたナイフの意味とは。犯人は二億円を用意できなければ、都民を一人ずつ殺害すると予告。殺人分析班が推理する!
    (2015/5/15発売)
    【ノベルスを文庫化】
    --------------------

  • : <strong>警視庁文書捜査官</strong>

    警視庁文書捜査官
    ◆内容紹介
    文章心理学を使って殺人犯を追跡する捜査官・鳴海理沙登場!
    (2015/1/29発売)
    --------------------

  • : <strong>女神の骨格 警視庁捜査一課十一係</strong>

    女神の骨格 警視庁捜査一課十一係
    ◆内容紹介
    発見された白骨は、男性の頭部と女性の胴体だった。刑事・如月塔子が事件の真相を追う!
    (2014/12/3発売)
    --------------------

  • : <strong>屑の刃 重犯罪取材班・早乙女綾香 (幻冬舎文庫)</strong>

    屑の刃 重犯罪取材班・早乙女綾香 (幻冬舎文庫)
    ◆内容紹介
    腹部に煙草の吸い殻と空き缶を押し込まれた遺体。CS放送記者・早乙女綾香が取材に走る!
    (2014/10/9発売)
    【文庫書き下ろし】
    --------------------

  • : <strong>特捜7: 銃弾</strong>

    特捜7: 銃弾
    ◆内容紹介
    警官殺しと両腕のない死体。一課のエースと変わり者の女性刑事が謎を追う!
    (2014/5/22発売)
    --------------------

  • : <strong>水晶の鼓動 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)</strong>

    水晶の鼓動 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)
    ◆内容紹介
    殺人現場は、部屋中真っ赤に染められた「赤い部屋」だった。東京を震撼させる連続爆破事件との関連はあるのか――。
    (2014/5/15発売)
    【ノベルスを文庫化】
    --------------------

  • : <strong>聖者の凶数 警視庁捜査一課十一係</strong>

    聖者の凶数 警視庁捜査一課十一係
    ◆内容紹介
    顔と腕が損壊された死体。その腹部には《27》という謎の数字が記されていた。新米女刑事・如月が挑む、もっとも残酷で哀しい事件!
    (2013/12/5発売)
    --------------------

  • : <strong>蟻の階段 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)</strong>

    蟻の階段 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)
    ◆内容紹介
    惨殺死体と共に発見されたのは頭蓋骨・白い花・掛け時計・スープ皿。一体何を意味するのか。殺人分析班が卓越した推理力で犯人に挑む。
    (2013/10/16発売)
    【ノベルスを文庫化】
    --------------------

  • : <strong>石の繭 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)</strong>

    石の繭 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)
    ◆内容紹介
    モルタルで固められた惨殺死体発見――犯人より愛宕署特捜本部へ電話が。新米女性刑事・塔子が交渉相手となったが。本格警察ミステリーの白眉。
    (2013/5/15発売)
    【ノベルスを文庫化】
    ★文庫化にあたり、ノベルス版に加筆訂正を行いました。以後の文庫も同様です。
    --------------------

  • : <strong>虚空の糸 警視庁捜査一課十一係</strong>

    虚空の糸 警視庁捜査一課十一係
    ◆内容紹介
    「見抜いた!」と思ったら“見抜かされていた”、この衝撃!――宇田川拓也さん(ときわ書房本店)
    人質は東京都民1300万人。前代未聞の警視庁脅迫事件!
    (2013/4/4発売)
    --------------------

  • : <strong>ヴェサリウスの柩(創元推理文庫)</strong>

    ヴェサリウスの柩(創元推理文庫)
    ◆内容紹介
    解剖中の遺体から発見された告発文。黒い絨毯の上で踊る死者──大学医学部で次々起こる不可解な事件。若き女性解剖学者が医学教室の謎に挑む! 第16回鮎川哲也賞受賞作。
    (2012/5/30発売)
    【四六判を文庫化】
    --------------------

  • : <strong>水晶の鼓動 警視庁捜査一課十一係</strong>

    水晶の鼓動 警視庁捜査一課十一係
    ◆内容紹介
    部屋中真っ赤に染められた「赤い部屋」で殺人事件が起き、新人刑事・如月塔子と相棒の鷹野は遺留品の捜査を開始する。
    時を同じくして、都内各所で連続爆破事件が発生。 果たして、「赤い部屋」の謎と東京の運命は?
    (2012/5/8発売)
    --------------------

  • : <strong>蟻の階段 警視庁捜査一課十一係</strong>

    蟻の階段 警視庁捜査一課十一係
    ◆内容紹介
    新米女刑事・如月塔子が挑む、新たな難事件
    頭蓋骨、白い花、掛け時計、スープ皿――遺体の周りに残された奇妙な四つの品の意味とは? 本格ミステリの緻密さと警察小説の迫力が融合! 好評シリーズ第二弾
    (2011/10/6発売)
    --------------------

  • : <strong>石の繭 警視庁捜査一課十一係</strong>

    石の繭 警視庁捜査一課十一係
    ◆内容紹介
    警視庁捜査一課の女性刑事を描く骨太小説!モルタルで固められた死体と大ポンペイ展の石膏像との関係は?捜査本部にたびたび電話をかけてくる大胆不敵で異常な犯人と、捜査一課の女性刑事との攻防始まる。
    (2011/5/10発売)
    --------------------
          ↑
    2008/10月~2011/4月
        暗黒時代
          ↓
    --------------------

  • : <strong>真夜中のタランテラ</strong>

    真夜中のタランテラ
    長編第2作。
    【在庫なし・文庫化の予定なし】
    (2008/9/30発売)
    --------------------

  • : <strong>ヴェサリウスの柩</strong>

    ヴェサリウスの柩
    第16回鮎川哲也賞受賞作。大学医学部を舞台に「解剖」と「遺体」を描いたミステリーです。献体された「ご遺体」から謎の脅迫状が発見され、その記述に従うように不気味な事件が発生します。【在庫なし】
    (2006/9/30発売)